ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

偽物と指摘され削除したのにしれっと再出品!?

先の記事でマムートの偽物の実例としてとりあげたメルカリに出品されていた3XDRYパンツですが、偽物だというコメントがあって出品者も自分で調べた結果偽物だと認識したという返信を上げていました。その後、このパンツは削除されていたのですが、先ほどマムートで検索してみると、しれっと再出品されていました。出品者も偽物だと認識したにもかかわらず、堂々とマムートのパンツだとうたって出品しています。


3xdry1.jpg

3xdry2.jpg

偽物を偽物と認識したうえでマムート製品として販売するとなると、これは立派な詐欺罪です。犯罪被害の未然防止のために公開しておきます。偽物のページはこちらです。メルカリを利用している人は騙されないようにお気を付けください。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




それにしても、なんでまた新しく出品したのでしょうか。騙されて偽物を買った旦那の責任なんだから、購入先にクレームをつけるなり、自分が悪かったとあきらめるなりすればいいのに、損を別の人間から取り戻そうという魂胆なんでしょう。出品者である奥さんの意志なのか、旦那に言われて仕方なく出品したのかしりませんが、どこまで強欲で浅はかなんだか。


さっき、昔の出品物を見ていたら、ちょくちょく偽物が購入されていて驚きです。数千円のものから2万円ぐらいのものまで様々ですが、こうなると自己責任としかいいようがありません。買い物も登山と同じで、事前の準備=情報収集が重要です。偽物を購入した人は、いってみれば地図ももたず、天気予報も調べないで登山にでかけて遭難したようなものかもしれません。これを教訓として次に活かせればいいのでしょうが、多くは気が付いていないのでしょうから、それはそれで幸せなのかもしれません。将来、うまい話に騙されて全財産を失ったり、最悪の事態に陥らないことを願うばかりです。


ところで、マムートに3XDRYパンツというモデルが本当にあるのか、ちょっと調べてみました。


3xdrylogo.jpg
まずは、3XDRYってなんだろうと調べてみると、スイスのショーラー社の技術だそうで、 吸湿蒸散と撥水のテクロジーを融合したもので、この技術を使って加工した生地は、撥水・防汚機能、吸湿・速乾機能とそれに伴う冷却効果があるということのようです。ただし、この技術はあくまでもショーラー社の生地を作る上での加工技術なので、マムートなどの用品メーカーがこの技術をアピールする理由はありません。マムートでも、ショーラーの生地を使っている製品にはショーラーのロゴしか入れていません。3XDRYというロゴがパンツに付いているのは、偽物ということになります。メーカーによってはGORE-TEXなどと同じような厚紙のタグがついているものはあるようです。


IMG_8551.jpg
ショーラー社の生地を使ったパンツといえば、昨年購入したグレイシャーパンツがまさにそれです。


IMG_8552.jpg
そういえば、後側のデザインは良く似ています。ただ、前側は正規品にあるひざ部分の生地の切り替えしがないので、偽物を見分けるポイントです。



buyee3xdry1.jpg
次に、「マムート 3XDRYパンツ」で検索してみたら、同じものがBuyee(ヤフオクにも)のオークションに出品されていました。すでにオークションは終了していて、4500円が最終価格だったようです。



3XDRY_buyeeoriginal2.jpg
こちらの3XDRYパンツは写真がクリアで豊富なので、じっくりと見てみたら、驚くことにマンモスマークはなかなかよくできています。詳しくない人が見たらあまり違和感を感じないかもしれません。ただし、刺繍の筋がすべて斜めになっているのが本物と違うところです。


IMG_0257.jpg
本物は赤い部分は平行に刺繍しているので、筋は上下に入っているように見えます。一方でマンモスの黒い部分は縦方向に刺繍していて、筋が平行に入っているように見えます。


3XDRY_buyeeoriginal3.jpg
シリアルナンバーの写真があり、7230094と書かれているので、その番号で検索してみると、またメルカリの出品物がヒットしました。


fakejyacket1.jpg
今度はジャケットです。



fakejyacket2.jpg
このジャケットもやっぱり偽物です。



fakejyacket3.jpg

10年前のものとはいえ、目立つ傷や汚れのない美品なのにずいぶん安い値がついています。普通なら買値の半額くらいだと思いますが、何か安くする理由があったのでしょうか。説明文の最後に、ご丁寧にシリアルナンバーを書いてあり、それがBuyeeに出ていた3XDRYパンツと同じ7230094です。パンツにもジャケットにも同じ番号が使いまわされているということですね。本物なら異なる製品で同じシリアル番号が使われているわけがありません。



Courmayeur1.jpg
ところで、「マムート 3XDRYパンツ」の検索にヒットした中に、マムートのクールマイヨールアドバンスパンツというのがありました。アマゾンのページを開くと、商品説明の中にメイン布地として「schoeller(R)-dryskin extreme 3XDRY(R)」と書いてあります。


Courmayeur2.jpg
デザイン的にもよく似ています。



3XDRY3.jpg
お尻の右上にMAMMUTロゴが入っている点は3XDRYパンツと同じです。ただ、お尻の切り替えしの形はグレイシャーパンツと似ているので、クールマイヨールパンツとグレイシャーパンツの両方からデザインをぱくったパンツのようです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング





| ヤマネタ・ニュース | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マムートの偽物に要注意

ヤフオクを始めメルカリなどの個人売買サイトに出品されているマムート製品を見ていると、たまになんか変だなと感じるものがあります。デザイン的にやぼったかったり、作りがずいぶん雑っぽくて安物くさいのですが、そういうものはたいていタグが正規品のデザインと異なっていたり、タグやシリアルナンバーなどがついていないとか、製品名やスタイルナンバーがわからないなど怪しさ満載の場合が多く、とても買う気にはなれないものがほとんどです。購入場所もほかのオークションや古着屋で購入したとか、知人から譲り受けたというものがほとんどです。出品者が知っているのかどうかはわからないながら、そういうものはまずまちがいなく偽物です。価格も同等のものより安いという場合が多いので、安いものには理由があるというわけです。


しかし、そういう偽物でも1万円以上で購入されていたりして、気の毒にと思うしかありません。知らないまま使い続ければまだいいのかもしれませんが、いずれまた商品として出品された場合、そこで指摘されて偽物だと気が付くこともあるでしょうし、うまく売れたら売れたでまた新しい被害者を出すことになるわけです。


ネットで検索してみると、マムートの偽物を見分けるための情報を提供してくれている人もいます。ヤフー知恵袋に写真つきで紹介している人がいますが、この方はオークションで買った偽物の写真と書かれているところをみると、被害者になってしまったようです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




mammut_fake3.jpg
また、メルカリにも同じように写真で偽物情報を提供している人もあります。この方の写真を拝借して偽物情報をみてみると、まず実際にメルカリに出品されていた偽物の写真があります。右上のジャケット以外は3つとも同じデザインの色違いのようなので、このデザインは偽物だと覚えておくといいでしょう。


mammut_fake6.jpg
だいぶん前のもののようですが、同じデザインのジャケットが2万円で購入されている例があります。このジャケットの売主は、これを「mammut アルティメイト アルパイン フーディー」だと紹介していますが、購入した時にそう説明されたのか、偽物と分かっていて売るための嘘だったのかは不明です。


mammut_fake7.jpg
ちなみに、このジャケットのタグは、やっぱり偽物とされているデザインのものでした。確信犯だったら、偽物の証拠となるタグをわざわざ見せないと思うので、やはり知らないで出品したのでしょう。


mammut_fake4.jpg
次に偽物についている偽物タグのデザインとマンモスロゴの写真です。マンモスマークのほうは、ぱっと見でもなんか変だなと感じます。


IMG_0257.jpg
これは僕がマムートストアで購入したジャケットのロゴマークです。正規品同士でも見比べると微妙に違っていたりしますが、これは刺繍なので仕方がないのでしょう。たとえば、前足の間に見える赤いラインは、モノによっては見えないこともあります。白色の眼も、多少大きさや形が違っていたりしますが、ぱっと見た印象では基本的に精悍な顔つきです。偽物のように頭が妙に出っ張っていて間抜けな顔つきではありません。


タグについては、赤色のラインで四角に囲ったデザインのタグは偽物だと覚えておいて損はありません。出品されているもので、堂々とこの偽物タグの写真を載せているものもたまに見られます。


mammut_fake5.jpg
正規品のタグはこのようなデザインです。右側のタグは古いタイプのようですが、僕は実物を見たことがありません。メルカリなどではちょくちょく見かけます。また、MAMMUTの赤いロゴは、黒色のものもあるみたいです。


以下はメルカリの実際の出品物の例です。


mammut_fake2.jpg
これは1週間ぐらい前のものです。「マムートナイロンジャケット」というタイトルで、5400円で売られていますが、写真を見るとよれよれのしわしわで、マムートでこんな風になる生地のジャケットなんかみたことがありませんし、内側もなんだかシーリングや縫製が雑な感じです。他のオークションで購入されたものだそうで、出品者も自覚のない被害者のようです。


Light_BC_jacket_fake.jpg

Light_BC_jacket.jpg
ちなみに、写真の白タグに書かれているスタイルナンバー1031921で検索してみると、Mammut Light BC Jacketがヒットしました。上が出品されているもの、下が検索でヒットしたものです。実際のジャケットは生地がけっこうしっかりしているみたいで、出品物のようにへなへなしわしわな感じはありません。



mammut_fake8.jpg
これは今日出品されたばかりのもので、「未使用 MAMMUT マムート 3XDRYパンツ サイズ25」というタイトルで出ています。デザイン的にだぼっとしていて、マムートのパンツとは思えないダサいデザインです。


mammut_fake1.jpg
タグのデザインがそもそも正規品のデザインとは違っている上に、MAMMUTロゴの刺繍が一部雑になっているし、登録商標のRマークがついていませんが、堂々と12,000円の値がついています。マムートでなくてもダサいと思えるデザインなのに、「いいね」が3つついているのが驚きです。こういう人が騙されるんでしょうねえ。出品者のプロフを読むと、旦那さんのものを断捨離のために出品している奥様のようですが、本人が偽物と知らず悪意がないだけに困ったことです。


というように、何の保証もない個人売買では、気が付かないうちに偽物をつかまされて詐欺被害にあう可能性があるので、購入する前によく調べてから購入する必要があります。購入場所も商品名も明確にせず、タグの写真もない商品もたくさんありますから、欲しいと思った商品は、コメントで確認をとるなど自己防衛に努めましょう。商品名が不明でも、タグに書かれているスタイルナンバーで検索すればほぼ判明します。それでも情報が得られない場合は、やめておいた方が無難です。


IMG_0252.jpg
まっとうなお店で購入した最近の正規品タグはこのようになっています。


IMG_0256.jpg
パンツの場合は、このようにマンモスのイラストが入らないものもあります。



IMG_0253.jpg
白タグにシリアルナンバーとスタイルナンバーが記載されています。


IMG_0255.jpg
洗濯表示などが書かれたタグには、マムートスポーツジャパンの住所も書かれています。モノによっては、他国の住所が英語表記で書かれてい場合もあるみたいです。最近購入した帽子にはスイスの住所が書かれていました。このように正規品にもいくつかのバリエーションがあるので、偽物と勘違いしないようにしましょう。


マムートに限らず、ノースフェイスやアークテリクスなど有名ブランドは偽物があると思っておいた方がいいです。個人売買にはリスクが付き物だということを理解して、偽物を見分けるための知識や情報を持ったうえで利用しないと残念な結果になりかねません。結果的にショップのセールを利用した方が安く購入することができたりしますから、まずは楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなどをこまめにチェックすることから始めるほうが安全です。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング




| ヤマネタ・ニュース | 15:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腰を痛めて山に行けず

昨日また腰を痛めてしまいました。配筋検査に出向いた現場で、スペーサーが入っていないところを直そうとしたところ、中途半端な体勢で鉄筋を持ち上げようとしたら右の腰がグギっとなってしまいました。職人さんに言って入れてもらえばいいのでしょうが、なんかほかのことで忙しそうだったのでつい自分でやってしまったのが運のつき。


家に戻ってから、すぐにシップを貼っておとなしくしていました。風呂上りにシップを貼りなおして、鎮痛剤まで飲んで寝たものの、寝返りを打つのもつらい状況は起きた時も変わらず。これは山に行っている場合ではないということで、そのままお昼まで寝てました。


昼ごろ起きてみると、少し状況はよくなっていたものの、やはり中腰になったりすると痛みがあり、まだ数日はおとなしくしないといけない感じです。今週はあまり天気も良くないみたいなので、おとなし療養しておくことにします。毎週登山の目標が早くも達成できなくなってしまってがっくりですが、こればっかりは自分を恨むしかありません。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング




| ヤマネタ・ニュース | 15:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽天スーパーセールの誘惑に打ち勝つ

昨日まで行われていた楽天スーパーセールですが、お店によっては2万円購入で3千円のクーポンが使えたり、10%オフになったりとあの手この手の誘惑で購買意欲をそそってくるわけです。そもそもセールで安くなっているところに持ってきて、さらに割引が得られるとなるとどうしても買いたくなってしまうのが人の性。


昨晩は、いくつかの商品をカゴに入れて、購入確定の寸前までいったのが数回ありました。しかし、最後の最後で待てよと。これは本当に今必要なのか? 今持っているものとかぶらないのか? 今持っているもので困らないのではないか? と自問自答してみると、購入する必要性がないという結論にたどり着くわけです。


さらに、今月引き落としになるカードの請求金額を確認して、買いたい気持ちに冷や水を浴びせて沈静化させたおかげで、なんとか浪費を回避することができました。カードの請求金額については、昨年からほぼすべての買い物を楽天カードに統一したことで、請求金額が多くなっているだけで、現金で使っていた分がカード払いにかわっただけというからくりがあります。しかし、数字となって突きつけられると「まじっ?」と思ってしまう効果があり、けっこう浪費をセーブすることができるというわけです。


楽天カードでの支払いに統一したおかげで財布の現金がほとんど減りません。1ヵ月で2万円も使っていないこともよくあります。おまけに、楽天カードはポイントが通常で1%、キャンペーンや会員のランクによってさらにポイントが加算されるため、毎月結構なポイントがたまるわけです。今まではガソリンはエネオスでTカードを使って現金払いにしていましたが、ポイントが0.5%しかつかないので全然使わなくなってしまいました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




カードに関しては、最初に作ったのがDCカード(VISA/MASTER)の2枚で、その後Tカード(JCB)でETCカードも同時につくりました。最後に作ったのが楽天カード(JCB)ですが、全く使っていないのはDC MASTERで、DC VISAは携帯電話の引き落としのみ、TカードはFAXの通信費とETCカードの高速道路料金の支払いだけ継続して使っています。全部楽天に統一すればいいのかもしれませんが、持っているのに全く使わないというのもどうだかという気持ちもあるし、Tカードもある程度使っていればそれなりにポイントがたまるので、ツタヤでDVDやCDを借りるときにポイントで支払えるというメリットもあります。お店によってはJCBが使えないというところもあるので、使えるVISAカードは持っておきたいというのもまだDCカードを残している理由です。


バブルの時期は、たくさんのカードを持つことが一種のステータスとしてはやり、アメックスだとかダイナースだとかぞろぞろ財布に入れている輩もたくさんいました。さらにゴールドカードを持つことがステータスになっていたりして、僕のところにもたびたびゴールドカードへのグレードアップを勧める電話がかかってきましたが、必要ないので断り続けていたらいつの間にか勧誘もなくなりました。空港のラウンジが使えるとか、いろいろな補償がつくとか、電話で要望を聞いてくれるコンシェルジュ的なサービスが受けられるとか、ゴールドカードの特典はさもお得そうです。サラリーマン時代は海外出張もたまにあったりしましたが、ラウンジなんて使いたいと思ったこともないし、コンシェルジュ的サービスも必要性を感じたことはありません。わざわざ年会費を払って使いもしないサービスを受けられるカードを持つなんてばかばかしいだけです。カードなんて現金の代わり以上のものではないので、いまのままで十分。


簡単にネット通販で買い物ができる時代なので、つい使いすぎてしまうという人もいると思いますが、日常の買い物もできるだけ1枚のカードに統一するようにして、ちょくちょく請求予定金額をチェックするように習慣づけると、浪費癖を治すことができるかもしれませんよ。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング







| ヤマネタ・ニュース | 18:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メルカリでの売却 その後の状況

先週、メルカリに不用品を出したらすぐに売れてびっくりしたという記事を書きましたが、あのとき一緒に登山用品も売りに出していました。


以前、このブログでも紹介したマムート ノードワンドプロパンツと、初めて購入したハードシェルジャケットのコロンビア フォレイカーシェルの2点です。


IMG_8245.jpg
その後どうなったかというと、ノードワンドプロパンツのほうは、先日めでたく売れました。最初につけた価格のまま1週間様子を見ていたのですが、昨日突然購入されたという通知が届きひと安心です。販売価格から手数料と送料を引くと少し赤字になりましたが、もともと利益を上げようというつもりはなかったので、買値と同じぐらいで売れればOKでした。1000円程度の赤字なのでまあいいかというところです。


ちなみに、ノードワンドプロパンツはメルカリに出す前に買うトドアのLINE事前査定を申し込んでみたのですが、査定額は5000~10000円でした。メルカリでの販売価格の三分の一です。そこらの古着屋よりは高いのかもしれませんが、所詮こんなものです。プロの査定で高価買取といってみても、個人売買の比ではありません。メルカリは発送が手間という人もいますが、らくらくメルカリ便を使えば、梱包してコンビニかヤマト運輸の営業所にもっていくだけで送り状を書く必要もないし、送料をその場で支払う必要もないので案外楽です。買うトドアに商品を送るのよりも楽だといえます。


ただし、買うトドアなら安くても買い取ってくれるが、メルカリは売れるかどうかわからないというのがネックです。なので、最初に買うトドアでLINE査定をしておいて、メルカリでの販売価格はそれよりも高めに設定してみる。値下げする場合の限度額を買うトドア査定額までとしておいて、そこまで下げて売れなければメルカリでの出品をやめて買うトドアで買い取ってもらうというのがよさそうです。もっとも、買うトドアも必ず買い取ってくれるとは限りませんけどね。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




フォレイカーシェル
フォレイカーシェルの方は、まだきれいでくたびれた感じもなく、生地表面の滑り止め加工のザラザラ感もしっかり残っている状態です。フォレイカーシェルが過去にいくらぐらいで売れたのかを検索してみると、3000円~10800円で5000円代が多いという状況だったので、5800円で出してみました。しかし、1週間経つもいまだ売れません。ノードワンドプロパンツは「いいね」が9件つきましたが、こちらは1件のみ。やっぱ注目度が低いと難しいです。グリーン系統の色があまり人気がないというのもあるのでしょう。先ほど5600円に値下げしてみましたが、はたして売れるでしょうか。


マムート製品は、検索してみると数ページさかのぼれば「SOLD」表示の商品が多くなってきますが、コロンビアはジャケットに絞って検索しても、「SOLD」表示の商品の数はちらほらというレベル。やはり人気ブランドとの差は大きいと感じます。結局、コロンビアのようにタウンユースでも多く使われていて安価なブランドは、リセールバリューは期待できないということです。購入時に安くかえて財布には優しいものの、そのぶん中古品としての価値は低く、基本的に使いつぶすつもりで購入する必要があります。


マムートの方は、新品の市場価格よりも高い価格がついている商品がけっこう多く強気な売り手が多いようですが、リーズナブルな価格の商品はわりと早く売れています。少々痛んでいたり、古い商品でも価格によっては売れていたりするので、マムート人気はまだ根強いようです。


とはいえ、商品名がわからないのか記載がなかったり、メーカーの写真や商品説明文をコピーしただけで中古品としての状態の説明がないものがあったりで、売り手側のレベルの低さも気になるところです。商品名なんて、タグについているスタイルナンバーで検索すればたいていわかるものですが、めんどくさいのが先に立つのかもしれません。商売の鉄則は購入を決断させるために必要な情報をいかに提供するかということにあるわけですが、そのあたりのことに考えが及ばない人がけっこういるみたいです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング




| ヤマネタ・ニュース | 16:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山岳漫画「おれたちの頂」復刻版

IMG_0091_2018021412131410e.jpg
先日、書店で見つけて思わず購入したのは、「おれたちの頂」という山岳漫画です。この漫画は、スポーツ青春漫画の名作を多く発表している塀内夏子のデビュー作で、1983年に週刊少年マガジンで連載となったものです。長らく絶版になっていましたが、2014年にヤマケイ文庫から復刻版が発売されました。

内容については、ヤマケイ文庫のサイトで次のように紹介されています。

”不朽の感動作がヤマケイ文庫で復刻!
スポーツ青春漫画の名手・塀内夏子のデビュー作にして、山岳漫画の金字塔。
2人の少年の山に賭ける情熱や友情を軸に展開する青春山岳ドラマ。
やんちゃながら天才肌の南波恭介とまじめで優等生の佐野邦彦という正反対の性格の少年たちが、山やクライミングを通じてをお互いを信頼、 友情を深め、やがて憧れのヒマラヤの超高峰へと挑んでゆくというストーリー。
荒削りながら、さわやかで力強い作画をベースに描かれる、 主人公2人の山への熱い情熱と無二の友情、 そして避けられない山での死…。
涙なくしては読めない感動作、山漫画の名著です。”

塀内夏子は高校時代にワンダーフォーゲル部に所属していたらしく、登山に関する知識もそこそこしっかりしているようで、読んだ感じではそれなりによく描かれているなと思いました。ただし、大詰めとなるヒマラヤでのシーンでは、エベレストのサウスコル付近で吹雪の中キャップもゴーグルもバラクラバもなしで行動しているなど、ちょっとどうだかなと思うシーンもありました。まあ、あまり細かいことにこだわらず娯楽として読むのがよさそうです。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おれたちの頂復刻版 (ヤマケイ文庫) [ 塀内夏子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/2/14時点)





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。



登山ランキング



| ヤマネタ・ニュース | 12:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり防寒着は山ウェアに限る

今朝は温暖な岡山でもよく冷え込みました。8時半の外気温は0度。幸い車の窓は凍結していなかったのですぐに出ることができましたが、車内が温まるまで時間がかかりました。


冬場の仕事着としては、ユニクロのULダウンをミドルウェアにして、アウターに仕事着として購入したモンベルの防風素材ジャケットというのがユニフォームみたいになっていますが、さすがに今日は駄目でした。いままではせいぜい5度ぐらいまでの気温だったのでこの組み合わせで大丈夫でしたが、0度まで下がるとユニクロのULダウンは防寒着としては役に立たないことが身にしみてわかりました。


朝一番の現場では風もなく穏やかな状態でした。日向にいると寒いとはいえ我慢できるレベルですが、日陰に入ると強烈な冷気がじわじわとしみこんでくるような寒さを感じ、5分も耐えられない状況でした。


次の現場に向かう前に一度自宅に戻って、ユニクロのULダウンをノースフェイスのレッドポイントライトジャケットという化繊綿のインサレーションジャケットに着替えて出かけました。


次の現場は岡山市内から30分ほど北東に行った山沿いの場所で、うっすらと雪が積もっていて風もありました。車の車外温度計は3度になっていましたが、体感的には風がある分朝よりも寒いと感じます。しかし、インサレーションをレッドポイントライトジャケットにしたおかげでジャケットの上からしみこんでくるような寒さは感じません。風が吹いたときに首回りや耳などが冷たいと感じるだけです。さすがにマイナス10度の伯耆大山山頂で使えただけのことはあります。


やはり条件が厳しくなると、タウンユースが前提のジャケットでは力不足感が強くなってきます。結局、少々高くても防寒目的なら登山用品に勝るものはないということのようです。今後は、このてのジャケットにおいてユニクロをはじめとしたタウンユースのブランドのお世話になることはなくなりそうです。


ところで、気温0度の中、生足ミニスカで自転車をこぐ女子高生の根性には、脱帽するしかありません。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング




| ヤマネタ・ニュース | 16:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八ヶ岳より無事下山

1月5日に下山する予定でしたが、1日早く4日に下山しました。なので、1日信州でのんびりしてから、先ほど帰宅しました。


IMG_9821.jpg
今回の山行では、過去最低気温となるマイナス19度を初体験。加えて風速20m/sぐらいの風もあり、人生初の体感温度マイナス約40度という恐ろしい寒さを経験しましたが、あまり長い時間ではなかったので、それほどやばい感じもなく、無事に山行を終えることができました。まあ、無事といっても若干体調不良で救助要請もありうるかと思う場面もありましたが、なんとか乗り切って下山できてよかったです。


ところで、年末年始に八ヶ岳で遭難もあったようで、いついかなる場合でも安全な登山を心がけないといけませんね。


山行レポは、後日アップします。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング




| ヤマネタ・ニュース | 16:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日から八ヶ岳

新年あけましておめでとうございます。


今年の正月山行は、八ヶ岳に行くことにしました。天候などもろもろの条件を加味した結果、八ヶ岳が一番よさそうという判断です。しかも、何と小屋泊という贅沢をしてしまいます。まあ、せっかく営業l小屋がある山に入るのですから、使えるものは使いましょうというわけです。


で、今日のお昼前に岡山を出発して、夕方に諏訪に到着。食事を済ませて、温泉でのんびりして、これから諏訪湖畔で車中泊してから明日入山予定です。天気は晴れ予報ですが、風がかなり強烈みたいなので、安全第一で楽しんで来ようと思います。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





登山ランキング





| ヤマネタ・ニュース | 19:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

未使用のマムート Nordwand Pro Pants売ります

IMG_8245.jpg
Nordwand Pro Pantsは、この夏に70%オフの税込27,540円で購入したゴアテックスプロシェルのハードシェルパンツで、この冬からデビューを予定していたのですが、残念ながら売ることにしました。送料込27,000円でほしい方にお譲りします。市場価格は4万円台ぐらいなので、かなりお買い得です。パンツについての詳細は、こちらの記事を参照してください。


というのも、試着した時は真夏だったので当然素足で履いてみたわけで、その状態であれば足上げもちょっときついかなという程度でした。ところが、厳冬期用の厚手タイツを履いて試着すると、足上げがつらいばかりか、歩くのもちょっと窮屈という状態で、これはとてもじゃないけど使えないと悟ったわけです。


サイズはユーロ46です。日本サイズのS相当になります。サイズの詳細はマムートのHPでご確認ください。僕は通常は日本サイズMなのですが、以前購入した別のパンツがユーロ48でウエストがゆるゆるだったので、このパンツは46にしたわけです。ウエストに関してはほぼぴったりという状態なのでその点では間違っていなかったのですが、デザインがタイトめということで、足上げ等がきつかったというわけです。


室内で試着しただけで、屋外での使用はありませんので、新品の状態です。利益はないので、値引き交渉はご遠慮ください。1週間ほど待ちます。コメント欄から非公開にチェックを入れてご連絡ください。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング




| ヤマネタ・ニュース | 21:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV