ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

積雪期しか歩けない縦走路: 毛無山~西毛無山その2

2017年3月13日(日) 岡山県新庄村 毛無山(標高1218m) 日帰り単独行 


毛無山山頂で休憩しているときに、早めにお昼を食べるかどうか迷いましたが、ぽつぽつと登山者があがってくるし、まだお昼まで1時間もあるので西毛無山まで行ってからランチにすることにしました。なので、ここではエネルギー補給にチョコレートを2個食べるだけにとどめておきました。


IMG_7016_20170315122420de9.jpg
10:58 西毛無山にむけて出発です。毛無山から南西方向に下っていきます。


IMG_7018.jpg
もともと登山道のないコースなので初めて歩くわけですが、トレースがしっかりと残っているのでまったく問題ありません。


IMG_7019_20170315122423d87.jpg
山頂直下のやや急な斜面を下りきると、鞍部に向かって広くなだらか斜面が続きます。


IMG_7020_201703151224253a2.jpg
左手を見ると九合目避難小屋がわりと近いところに見えていました。斜面をトラバースすればいいショートカットコースになりそうです。


けっこう深そうな踏み抜き跡があったので、踏み抜き跡を避けて60㎝ほど右側を通過しようとしたら、突然右足がひざ上まで雪に潜り込んでしまい、見事に前のめりに転倒してしまいました。


IMG_7021.jpg
何事かと思って足を引き抜いてから中を覗いてみると、結構大きくて深いクラックになっていました。


IMG_7022.jpg
写真ではちょっとわかりにくいのですが、深さは人の背丈ほどあり、まともに踏み抜いて両足ともずっぽりと落ち込んでしまうと、脱出するのに苦労しそうなクラックです。左の踏み抜いた跡まで内部でつながっていて、さらに左右に続いています。斜面にできたけっこう大きなクラックが新雪に隠されてしまっていたようです。いってみればヒドゥンクレバスのミニチュア版のようなもので、幅が狭かったおかげで足を踏み抜くだけで助かりました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_7024.jpg
気を取り直して、鞍部に向けて斜面を下っていきます。よく締まった雪の斜面なので快適です。しかし、ときおり半分凍結したような場所もあったので、あまり気を抜くわけにはいきませんでした。


IMG_7026.jpg
鞍部の近くまで下ってきました。鞍部の向こう側の斜面には雪崩れた跡が見えています。立木のない笹原の斜面のようなので、雪崩れやすいのでしょう。


IMG_7027_20170315122509785.jpg
鞍部を越えて登り返しです。このあたりから若干雪が緩んできて、やや歩きづらくなってきました。それにしても展望のきく気持ちのいい尾根です。


IMG_7028.jpg
毛無山と西毛無山の中間に位置する1200mほどのピークが近くなってくると、雪庇の発達した稜線歩きになりました。とはいっても、それほど大きく張り出した雪庇ではないので、あまり心配する必要はなさそうです。


IMG_7029_20170315122605111.jpg
だいぶお腹が空いてきて、小ピークの頂上まで来たらランチにしてしまおうかと思いながら上り詰めたのですが、雪庇が連なる狭い尾根状のピークで居心地がよくなさそうでした。それに西毛無山がもうすぐそこに見えていたので、空腹を我慢して西毛無山まで行くことにしました。


IMG_7031.jpg
西毛無山への登りが一番しんどい時間でした。アミノバイタルウォーターで空腹をごまかしながら、黙々と登ります。


IMG_7032_201703151226081ce.jpg
11:50 西毛無山に着きました。といっても山名板もなければ、標柱もありません。GPSで確認して西毛無山山頂にいることが確認できたというだけです。わりと木立に囲まれた山頂ですが、山頂部は比較的平坦で広々としていました。グリーンシーズンは展望がよくないかもしれませんが、今の時期は大山もきれいに見えています。風もなく、ぽかぽかの陽気が気持ちのいい山頂です。もちろん、貸切状態です。


IMG_7033_201703151226104b4.jpg
雪を踏み固めて休憩場所を作ったら、さっそくランチタイムです。


IMG_7034.jpg
本日は、コンビニで買ってきたコク旨カレーパンともちふわパンケーキに、れもん湯の簡単ランチです。セブンイレブンのコク旨カレーパンは、カレーのルーがとろりとしていておいしいし、もちふわパンケーキは昨年来のお気に入りです。しっとりもっちりとしたパンケーキにメープルシロップとマーガリンの組み合わせが絶妙のおいしさです。もっとも、もちふわパンケーキは食べずに持ち帰って、翌日の朝食となりました。


暖かい日差しに包まれ、周囲の風景と静寂を楽しみながらランチタイムを過ごしていると、久しぶりにとてもリラックスした気分に満たされました。人の多い大山の山頂ではこうはいかなかったでしょうから、西毛無山に来たのは大正解でした。


サラリーマンをやめてから仕事の上であまりストレスを感じることはなくなりましたが、それでも日々の生活の中では大なり小なりストレスと向き合う生活にならざるを得ません。それに、少し前までは厳冬期の山に登っていたわけで、山頂でのんびりランチを楽しめるほどの快適な環境は望めなかったわけです。


しかし、今この瞬間はあらゆるストレスから解放された状況にあるといえます。誰もいないことで対人関係のストレスはありませんし、暖かい日差しが寒さのストレスを消してくれます。美しい風景を眺めることで視覚的な癒され効果もあります。そのうえおいしい食べ物があれば、ストレスの発生する余地はありません。まさに至福のひと時でした。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》

関連記事
スポンサーサイト

| 2017年3月 毛無山・西毛無山 | 12:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV