ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 蝶ヶ岳ヒュッテ冬期避難小屋

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

蝶ヶ岳ヒュッテ冬期避難小屋 
清潔度:4
快適度:5
ホスピタリティ:-
食事のうまさ:-
施設充実度:2
ロケーション:5
総合評価:3.75

IMG_3851.jpg
蝶ヶ岳ヒュッテの冬期小屋は、無人小屋として解放されています。2015年の大みそかに宿泊させてもらいましたが、寒風吹きすさぶ蝶ヶ岳山頂でも、小屋の中は暖かく快適でした。


IMG_3844.jpg
風が強く雪の積もりにくい稜線に建つためか、冬期小屋の入り口は高いところではなく地面の高さに設置されています。小屋の横に設置されている赤い鉄製の箱のようなものが入り口で、ここから這って中に入ります。大荷物になる冬期の宿泊装備のバックパックを引きずりながら入っていかなくてはならず、けっこう大変でした。


ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3845.jpg
内部は、入ったところに6畳ほどの広さのコンクリート土間があり、その奥に8畳ほどの板の間があります。でかい冷凍庫のようなものが置いてあったので、板の間の定員は7名前後だと思います。僕が利用した時は7名での利用になり、ほぼ板の間はいっぱいの状態でした。最悪、コンクリート土間でも寝られますが、ちゃんとした断熱性能のマットがないと、安眠は難しそうです。


利用者のマナーがいいのか、小屋内はきれいに保たれていました。管理人が常駐していないからこそ、利用した後はゴミを持ちかえるとか、ほうきで掃いてきれいにして出るといったことを心がけたいものです。


冬期小屋には珍しく小屋の中にトイレがあるので、厳寒の屋外に出ていく必要がないのがとても助かりました。また、コンクリート土間に木製のベンチも用意されていたので、施設充実度はトイレとベンチがあるということで2ポイントとしておきます。個人的には、屋内トイレがあるだけで5点にしてもいいと思います。また、冬期小屋なので乾燥室とか談話室とか普通の山小屋にあるものは全くありませんが、極寒の蝶がヶ岳山頂に利用できる小屋があること自体が快適なので、快適度は満点にしてます。


IMG_3874.jpg
小屋を出て少し歩けば、槍ヶ岳から穂高岳まで3000m峰を一望できる抜群のロケーションです。常念岳方面や大滝山方面へも行けますが、槍・穂高連峰がこれだけ間近に見られる場所で、これ以上何を望む必要があるでしょうか。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 23:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV