ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

テント場通信簿: 南御室小屋キャンプ場(冬期)

テント場通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、撮影山行基地としての評価も加えたテント場の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:テント場にごみが放置されていないか、清潔に保たれているかどうかを評価します。
●快適度:整地の状況、地面の状況、サイトのゆとり度、トイレや水場への距離などテント場での生活が楽で快適かどうかを評価します。
●施設充実度:トイレ、水場、ベンチとテーブル、炊事棟、売店の有無を評価します。1種類ないごとに-1です。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要



● 南御室小屋キャンプ場(冬期)

清潔度:5
快適度:5
施設充実度:3
ロケーション:4
総合評価:4.25

この評価はお正月に訪れた時のものなので、冬期限定の評価になります。


南御室小屋キャンプ場は、南アルプスは薬師岳の南にある鞍部に位置するキャンプ場です。登山口となる夜叉神峠から6時間前後かかるので、決してアクセスがいいとはいえません。


IMG_6647.jpg
キャンプ場は南御室小屋のすぐそばにあり、平坦な地形でテントの設営も楽だし、寝た時も体がずれることがないので楽でした。周囲を森に囲まれているので風の影響を受けにくく、利用した時はかなりの強風予報が出ていたにも関わらず、テントがはためくことすらないほど無風に近い状態でした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




小屋からの距離は30m程度で、売店やトイレの利用にも便利です。ただし、お正月は小屋が営業しているとはいえ売店はドリンク類ぐらいしか売っていなかったし、食事時には人もいない状態なので、事実上売店はないに等しい状況でした。無雪期ならまた違うのだと思いますが、積雪期はあてにしないほうがよさそうです。


IMG_6727.jpg
水場は小屋に向かって右手奥に入ったところにあります。お正月でも凍結することなく水が利用できるのは助かります。どうやら湧水らしく、一年中凍結しないで湧いているようです。


IMG_6642.jpg
冬期用のトイレは、小屋の近くにあります。


IMG_6643.jpg
手前に男性小便器が3つならんでいます。


IMG_6644.jpg
小便器の奥に個室が二つ。


IMG_6645.jpg
内部は比較的きれいに保たれていました。ペーパーは基本的に常備されているようですが、覗いたときはなくなっていたので、自分でも用意しておいたほうが無難です。女性用の個室は、これとは別に水場の前に設けられているようです。中を確認したわけではないのですが、水場の前に案内板が設置されていました。


IMG_6641.jpg
幕営料はソロで500円でした。小屋の前にベンチとテーブルがありましたが、雪に埋もれていたので、冬期に使いたければ自分で積もった雪を除去する必要がありそうです。


ロケーション的には森に囲まれた鞍部なので、キャンプ場からはまったく眺望はありません。


IMG_6626.jpg
30分ほどのところに辻山という白峰三山を正面に眺めることができる場所があります。


IMG_6665.jpg
また、森林限界を超えた薬師岳手前の砂払まで約1時間で行くことができ、そこからは白峰三山だけでなく、富士山もきれいに見えます。キャンプ場から砂払までは比較的緩やかな森林帯の道なので、危険でもないしそこそこ楽に移動できます。撮影山行で行く場合、ロケーション的には比較的に恵まれているといえます。とはいえ、薬師岳から南御室小屋へ下山する途中で道迷い遭難した人もいるので、入山者の少ない時期には注意が必要です。実際、森の中でトレースがないとルートがわかりにくいかもしれません。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| テント場通信簿 | 14:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV