ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 行者小屋

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

●行者小屋
清潔度:5
快適度:5
ホスピタリティ:5
食事のうまさ:4
施設充実度:4
ロケーション:4
総合評価:4.5


P1040647.jpg
行者小屋は、八ヶ岳の西麓、赤岳や阿弥陀岳の足元に立地しているため、赤岳、阿弥陀岳への登山基地となる山小屋です。


入口を入った左手に売店兼受付がありますが、その奥に土足のまま入れる自炊スペースがあります。昼間は売店で購入したものを飲食することもできますから、かなり便利な作りになっています。



玄関を入って、左右に靴棚があり、正面のガラス戸を入ると大きな食堂兼談話室になっています。正面奥に階段があり、宿泊スペースは階段を上がった二階になります。階段横のコーナーが談話室になっていて、大きなストーブを囲むように本棚とベンチが設置されています。たくさんの雑誌や本が用意されていて、ストーブの暖かさに包まれながらくつろぐことができるので、かなり居心地のいい談話室です。


階段の下をくぐって左奥にトイレがあります。小屋からは廊下でつながっていますが、構造的には別棟になっているようで、小屋内へ匂いが漏れてくることはありません。トイレは洋便器になっていて、清潔に保たれていました。男女兼用ですが、個室のみなので、それほど気兼ねすることはなさそうです。正月休みに宿泊したときにはトイレ前の流しは手洗い用にアルコールスプレーが置いてありました。冬季は水が出ないので、消毒スプレーで対応しているようです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




P1040595.jpg
二階の構造は、中央部に広めの廊下が通っていて、その左右に就寝スペースの区画があります。完全な個室にはなっていなくて、左右を壁で仕切られただけの空間です。小屋では大広間と呼んでいます。



P1040596.jpg
左右で4つ分の区画に対して1つの割合で中央の廊下部分にコタツが置かれていて、わざわざ階下の談話室まで行かなくてもくつろぐことができました。ただし、布団を敷くと通路になるスペースがなくなってしまうので、実質廊下の方向でしか使えないので使い勝手はいまいちです。大広間とは別に個室もあるようです。


乾燥室は1階と2階にそれぞれあるらしいのですが、今回は使う機会がなかったので、どこにあってどういう状況なのかは未確認です。上の写真の廊下の奥に見えているスペースがもしかすると2階の乾燥室なのかもしれません。2階の階段前にハンガーのかかったクローゼットのような場所があり、濡れた雨具のようなものは無理としても、多少湿気たジャケットぐらいなら一晩で乾くと思われます。


同じグループの赤岳鉱泉にはお風呂があり、5月末から10月末までの期間は入浴できますが、行者小屋にはお風呂はありません。ここだけは残念なところです。


食事は、特別豪華というわけではありませんが、味は十分美味でした。



P1040599.jpg
1月2日に泊まった時の夕食は、ビーフシチューにサラダとフルーツがついて、ごはんと豚汁というメニューでした。



P1040600.jpg
朝食は、焼き鮭、人参とジャガイモの煮物、昆布巻、フキ、梅干しと漬物、海苔、納豆、ごはん、味噌汁となっていました。ごはんと豚汁・味噌汁はお代わり自由です。


スタッフの対応は、丁寧でいい感じでした。


IMG_2062_201701181844050ee.jpg
ロケーション的には、小屋前から赤岳や横岳、阿弥陀岳を目の前に望むことができ、晴れていれば夕陽に赤く染まる山々を見ることができます。夜は出ていませんが、おそらく赤岳や横岳とからめた星景写真も狙えるでしょう。


IMG_2110_20170118184407eef.jpg
残念なのは、山裾の立地であるため、稜線や山頂付近の小屋に比べると、見上げた写真しか撮れないことです。やはり、雲海や日の出などと絡めたり、山の形をきれいに写すにはある程度の高さがほしいところです。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 20:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV