ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

晩秋の縦走路: 金ヶ谷山・朝鍋鷲ヶ山その2

2016年11月13日(日) 岡山県新庄村 金ヶ谷山(標高1164m)・朝鍋鷲ヶ山(標高1074m) 日帰り単独行 


IMGP0492.jpg
11:02 10分程度の小休止を終えて、朝鍋鷲ヶ山へ向けて出発です。このあたりのブナ林はすっかり落葉していて、日差しを浴び、青空を眺めながら気持ちのいい縦走路が続きます。


IMGP0493.jpg
途中変わった形のブナの大木がありました。まだ枯木ではありませんが、主幹は苔むして緑色になり、根元付近柄太い枝が別の木のように伸びています。もしかしたら本当に別の木だったものが隣の大木に取り込まれた合体木なのかもしれません。


IMGP0495.jpg
朝鍋鷲ヶ山を正面に見ながら、下りの道が続きます。朝鍋鷲ヶ山の向こうには上蒜山も見えています。


IMGP0496.jpg
高度が下がるとまだ赤茶けた葉を残したブナが増えてきました。すっきりとした青空が背景だと、晩秋のブナ林も美しいと感じます。


IMGP0497.jpg
高度が下がり朝鍋鷲ヶ山がおなじぐらいの目線で見えるようになりました。距離もだいぶん近づいてきました。


IMGP0498.jpg
金ヶ谷山と朝鍋鷲ヶ山の間には小ピークが二つあり、登り返しがちょっと面倒です。まあ、たいした傾斜ではないので、特に疲れるほどのものではありません。


IMGP0499.jpg
朝鍋鷲ヶ山西面にある送電線の鉄塔あたりから大山南壁が屏風のように聳え立ち、右横には烏ヶ山が付き従っているのがよく見えました。


IMGP0500.jpg
烏ヶ山の右肩に大きな崩落痕が見えますが、崩落痕の一番上のところが、ちょうど登山道の合流点です。以前の地震で崩れたところですが、最近はこれほど生々しい色ではなかったと記憶しています。おそらく、この前の地震で新しく崩れたのでしょう。烏ヶ山は最近登山道が再開されたばかりですが、今はまた閉鎖されてしまいました。登山道の合流点がかなり崩落して道そのものがなくなった状態だと聞いています。


IMGP0501.jpg
大山のほうは特に目立つような崩落はなく、通行止めになった登山道はないようです。ただし、三鈷峰下の崩落場所がさらに崩落したとかで、通行は困難な状態らしいです。また、弥山から剣ヶ峰への縦走路は、以前から通行禁止のままです。


IMGP0502.jpg
11:41 朝鍋鷲ヶ山に着きました。山頂には鉄骨製の展望台が設置されています。もしもこの展望台がなかったら、どこが山頂なのかよくわからないような広くて平坦な場所です。


展望台前の草地には10名ほどのグループが休憩していました。本日初めて会った登山者です。結局この日出会った登山者は彼らだけでした。晴天の日曜日だというのに、こんなに人がいない山があったとは。彼らが展望台に登っている間に、ランチをとることにしました。菓子パンと白湯で簡単な食事を取っている間に展望台が空いたので、カメラを持って登ってみました。


IMGP0503.jpg
なかなかいい展望です。左から大山、烏ヶ山、鏡ヶ成の象山・擬宝珠山、深い鞍部を経て皆ヶ山、アゼチへと続く稜線です。


IMGP0504.jpg
さらに右へ行くと、蛇ヶ乢の鞍部を経て蒜山三座が並んでいます。


IMGP0506.jpg
蒜山パークウェイの鬼女台のあたりが真っ赤に色づいていて、標高800m~600mあたりが紅葉のピークだということがよくわかります。高い山の紅葉はもう終わりになってしまいました。今度は白い雪の世界が待っています。


IMGP0507.jpg
展望台に登っている間にグループが三平山方面に下山して行ったので、ようやく山名の標柱の写真を撮る事ができました。


IMGP0509.jpg
標柱の脇にあるのは、「感動の碑」と刻まれた石碑です。何のことやらさっぱりですが、以前国体の会場になったことに関するもののようです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMGP0510.jpg
12:04 ランチ休憩を終えて、下山に取り掛かります。下山するには野土路方面にいけばいいのですが、道標も何もありません。ずいぶん前に蒜山側から旧道の野土路乢にあがったことがあり、そこから朝鍋鷲ヶ山への登山道があったように記憶していますが、地形図には道の記載はありません。山頂から野土路乢までほぼ稜線沿いに送電線があるので、おそらく巡視路があると思うのですが、どこに入り口があるのかわかりません。とりあえず、山頂北側から東へ回りこむように道があるかもしれないので、三平山方面に行ってみることにしました。しかし、少し下ってみてもそれらしい道はなかったので引き返しました。


IMGP0511.jpg
金ヶ谷山からの登山道合流点から林道が始まっているので、ひとまず林道を南へ下ることにしました。


IMGP0512.jpg
途中で金ヶ谷山と縦走路になっている尾根がよく見えました。ブナの赤茶色の紅葉が妙に艶やかに見えます。


IMGP0513.jpg
林道を少し下ったところに巡視路の入り口がありました。ちょうど送電線の下あたりです。おそらくこれをたどっていけば野土路乢に出られると思うのですが、何しろ確証がありません。登りならまだしも、下りの場合尾根ひとつ違うところに下ってしまうとリカバリするのが大変になることもあるので、不確実な道をたどるのはやめて林道をそのまま下ることにしました。


IMGP0514.jpg
標高1000mあたりでまだきれいな黄葉が残っていました。


IMGP0533.jpg

IMGP0534.jpg
時々差す薄日に黄葉が照らされるタイミングを待ってシャッターを切りました。


IMGP0540.jpg

IMGP0547.jpg
赤系の紅葉も残っています。


IMGP0551.jpg
さらに下ると、赤、黄、緑の混在したきれいな場所もありました。


IMGP0559.jpg
標高870mあたりになると、雑木林のような状況になり、紅葉もいまひとつ。ここから下は植林帯になり、紅葉も終わりになりました。


IMGP0563.jpg
野土路乢から下ってくる旧道に出たら、あとはアスファルト道をひたすら下っていくだけです。


IMGP0564.jpg
13:36 野土路トンネル入口まで下ってきました。左手にトンネル入口が見えています。


IMGP0565.jpg
県道58号線を駐車場所まで下ります。


IMGP0566.jpg
13:49 駐車場所まで戻ってきました。長いアスファルト道歩きからやっと開放です。


IMGP0568.jpg
駐車場所の向かいにある山肌がきれいに色づいていました。これから平野部へと紅葉前線が降りて来る時期です。今週から来週にかけては、県南部の低山のほうが紅葉を楽しめそうですが、週刊予報はずっと曇りや雨。せめてもう一度ぐらいは秋の山歩きを楽しんでおきたいものです。

おわり。

20161113kanagayasen.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2016年11月 金ヶ谷山・朝鍋鷲ヶ山 | 22:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV