ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

笹の海を漕ぎ渡る: 三嶺・天狗塚その4

2016年10月30日(日)~31日(月) 徳島県三好市 三嶺(標高1894m)・天狗塚(標高1812m) 避難小屋泊単独行 


31日は三嶺まで縦走して下山するだけなので、ゆっくりと起床しました。起きたのは5時半ぐらいだったかな。食事をして、パッキングして、準備完了。


IMG_6058.jpg
7:35 小屋を出ました。天気は曇り。2日連続の晴れ予報は外れてしまいました。昨日のような晴天だったら縦走も楽しそうですが、この空模様では気持ちは盛り上がりません。とりあえず、峠まで上がります。


IMG_6059_20161108190406125.jpg
峠まで上がると、北の空にはわずかに青空がのぞいているものの、これから進む東方向は厚い雲に覆われています。とりあえず、雨雲のような黒い雲がないだけましです。


IMG_6060.jpg
西熊山に向けて登ります。


IMG_6061.jpg
スタートしていきなりけっこうな急斜面をトラバース気味に登ります。まだ体が温まっていないので、ちょっとしんどい登りでした。


IMG_6062.jpg
登りきるとしばらくフラットな状態が続きますが、西熊山の山頂部にはガスがかかり始めていました。南風がけっこう強く、そこそこ気温も低いので、動いていないとすぐに冷えてきます。


IMG_6064.jpg
強風に乗って南からガスが吹き上がってくる中を登ります。


IMG_6065.jpg
8:11 西熊山に着きました。視界はありません。寒いこともあり、そのまま通過します。


IMG_6066.jpg
西熊山から三嶺までは、アップダウンはあるもののそれほど高低差のない縦走路です。ほぼこのような笹原の中を歩きます。


IMG_6067.jpg
突然ガスが切れて、北側の山波が見えました。方角からして二つ並んだピークの右側がおそらく矢筈山だと思われます。


IMG_6068.jpg
次第にガスが濃くなってきました。


IMG_6069.jpg
尾根伝いにずっと道があるのかと思いきや、尾根の北側の斜面をトラバースするようになってきました。左下にはもっとフラットな場所があるので、そっちに道をつければいいのになんでこんな急斜面に道をつけたのか解せません。


IMG_6071.jpg
8:32 西熊山の東にある鞍部です。歩いている時はどこかよくわかっていなかったので、もう三嶺に着いたのかと思いましたが、コースタイム2時間のところを1時間で歩けるわけもなく、期待はずれに終わりました。


IMG_6074.jpg
鞍部からの登り返しはそれなりの斜度ですが、道は直登です。


IMG_6075.jpg
登りきると再びフラットな道になり、尾根の北側をトラバースします。


IMG_6076.jpg
ガスの中に枯木のシルエットがちょっと不気味。


IMG_6077.jpg
一瞬ですが、前方に三嶺らしき山が見えました。


IMG_6079.jpg
三嶺の西隣のピークへの登りがこのコースで一番きつい登りでした。1750mあたりから1820mあたりまでの標高差70mほどの斜面ですが、けっこうきつかったです。最初は、この斜面こそが三嶺に違いないと思っていましたが、これもまた期待はずれに終わりました。ちゃんと地図を見ていればわかりそうなものですが、このときは間違いようのない縦走路だったこともあり、あまりきちんと地図を確認していませんでした。


IMG_6084.jpg
9:30 笹腹の中に唐突にテキサスゲートが現れました。周囲に柵が設置されていないので意味がないテキサスゲートですが、以前はここに鹿除けの柵があったのでしょう。


IMG_6086.jpg
9:38 光石登山口への登山道分岐点にきました。ここは三嶺山頂の西側にある鞍部ですから、この先に間違いなく三嶺のピークがあるわけです。


IMG_6087.jpg
三嶺へののぼりは、やたら丸太を組み合わせた階段があって、滑りそうで気を使いました。それにしてもなんでこんな組み方をしたのでしょうか。


IMG_6092.jpg
ガスの向こうのピークに、道標らしいものが見えます。間違いなく三嶺のピークです。あと少し。


IMG_6096.jpg
9:48 三嶺頂上です。誰もいません。敬礼しているみたいですが、強風で帽子が飛びそうなので手で押さえているだけです。寒いし展望もないので、荷物を下ろすこともなくさっさと下山しました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_6097.jpg
山頂直下の登山道脇には、まだかなり赤味が残っているコメツツジがたくさんありました。標高が高い三嶺山頂部のほうが牛の背よりも紅葉が遅い理由は何なんでしょうか。


IMG_6098.jpg
さらに下って行くと、登山道脇にたくさん紅葉したコメツツジがありました。


IMG_6099.jpg
天気が悪くて発色はいまいちですが、赤いコメツツジを見ることができてよかったです。


IMG_6102.jpg
ガスに煙る池のそばを通過します。


IMG_6104.jpg
10:05 三嶺ヒュッテに着きました。中に入って休憩させてもらいます。中途半端な時間だし、月曜日なので誰もいないと思っていたら、先客が一人いました。少し肌寒いのでポットに入れておいた白湯を飲みながら行動食を食べて、ゆっくり休憩をとりました。


IMG_6106.jpg
10:38 休憩を終えて出発します。前方に見える道標の場所から菅生のいやしの温泉郷に下ります。


IMG_6111.jpg
歩き出そうとしたときに急にガスが流れて、池越しに三嶺が姿を現しました。ちょっと得した気分。


IMG_6112.jpg
右へ行けば菅生への下山道です。


IMG_6113.jpg
鹿除けの柵に沿って下って行きます。


IMG_6114.jpg
ゲートを通過します。ポールを止めている緑色の紐をはずして通過するわけですが、なんだか面倒なくくり方がしてあって、解くのに手間取りました。針金を使うとかして、もうちょっと簡単にしてくれると助かります。


IMG_6117.jpg
1791ピークから振り返ると、ガスがなくなって三嶺がきれいに見えていました。どうして下山すると山の天気はよくなることがおおいのでしょうか。


IMG_6121.jpg
上に大木がのっている大岩を通過します。ここからしばらく急傾斜の道が続きます。


IMG_6123.jpg
急傾斜の道が終わると、それなりの傾斜の尾根道を下って行きます。


root_2016110819182830e.jpg
この尾根道は、1500m地点で突然右斜面に下っていくので、要注意です。これといった目印や道標もないので、初めて下るときは気をつけないと直進して遭難しかねません。


IMG_6125.jpg
尾根から右折で斜面を下ると、植林の中をだらだらと下る道が続きます。


IMG_6127.jpg
12:20 旧造林小屋です。この少し前に休憩をとったので、ここは通過します。


IMG_6128.jpg
造林小屋からは等高線沿いのフラットな道を進み、観光モノレールの下をくぐって少し直進すると、左へUターンして下りになります。


IMG_6130.jpg
観光モノレールがあるぐらいなので、このあたりの森はすっきりとしていてきれいです。


IMG_6133.jpg
3度目のモノレールとの交差をすぎると、登山口まであと少しです。


IMG_6134.jpg
13:07 林道に出ました。左手の民家は空家になっています。


IMG_6135.jpg
空家のすぐ前ですが、前回は道がわからず林道を左手方向に進みました。そちらにいくと、いやしの温泉郷の上でアスファルト道にでるので右に下ればいいのですが、今回はここを右に入り、お墓の脇を抜けて下ります。こちらが本来の登山道です。


IMG_6136.jpg
ちょっと心配になるような踏み跡を下ります。


IMG_6137.jpg
最後はススキの薮こぎ状態でした。ここを抜けると左折です。


IMG_6140.jpg
左折箇所からまっすぐ来ると、駐車場上の茅葺屋根の民家の下に出てきます。その1で書いた旧小采(こうね)家住宅です。


IMG_6141.jpg
13:16 車に戻ってきました。2日連続の晴天とはいきませんでしたが、雨に降られることもなくとりあえず無事下山することができました。荷物を車に載せてから、いやしの温泉郷でゆっくりと温泉につかり、山旅の汗を流してから帰路につきました。

おわり。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2016年10月 三嶺・天狗塚 | 19:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV