ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

優秀な吸汗速乾性能: MAMMUT COMFORT zip Longsleeve

今年の秋は久しぶりに山用品をたくさん購入してしまいました。マムートブランドに惚れてしまったせいもありますが、ひととおり必要なものが揃ってから3年ほど経つので、新しいものがほしくなってくる時期なのかもしれません。使ったものから順次レビューしていこうと思います。


まずは、先日の甲ヶ山で使った山シャツ MAMMUT COMFORT zip Longsleeve です。


IMG_5938.jpg
好日山荘岡山駅前店のリニューアルオープン時に、税抜き5700円でセールになっていたマムートのCOMFORT zip Longsleeveがほしかったのですが、サイズがなくて買えなかったということを9月18日の記事で書きました。ところが、その後ネットでさらに安くなっているお店を見つけて、運よく手に入れることがました。


IMG_5940.jpg
写真だとちょっと派手な赤色ですが、実際はわりと深みのある落ち着いた感じの赤色です。昨年購入したソフテック グラナイトハイブリッドジャケットとの組み合わせを考えると、インナーに赤でもいいかなということで、赤色を購入しました。


このシャツは、肌面が疎水性に優れたポリプロピレン、表側が速乾性に優れたポリエステルの二重織り素材を使用したロングスリーブです。UPF40+なので、紫外線もある程度防いでくれるようですが、それについては特に気にしていません。なお、ショップの商品説明でUPF50+と書かれているのをみましたが、商品のタグにはUPF40+となっています。


惚れた理由は、肌触りのよさでした。非常に滑らかでさらっとした肌触りで、ものすごく着心地がいいのです。それだけでなく、肌面のポリプロピレンが汗を素早く吸い上げて表面に移動させてくれるようで、汗をかいても本当にさらさらで不快感がほぼありませんでした。同じように肌面にポリプロピレンを採用しているマーモットの山シャツも持っていますが、マーモットのほうはややかさつくような感じがあり、肌触りの点ではマムートのほうが遥かに快適です。もっとも、購入時期がマーモットのほうが古いので、最新のものであれば同等かもしれません。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




甲ヶ山の岩壁のぼりでけっこう汗をかいてしまい、山頂に出たときに一瞬汗冷えを感じましたが、1分もたたないぐらいですぐに冷え感がなくなりました。山頂の気温は天気予報の気温から考えると15度前後ぐらいだったと思いますが、このシャツだけでも全然寒くなく快適でした。普段の生活で気温が20度を下回ると長袖シャツ1枚では肌寒さを感じるところですが、このシャツは保温性能もそこそこいいのかもしれません。


ちょっと残念だったのは、脇の下周辺などでバックパックのショルダーベルトなどとこすれやすい部分が、すこしけばだったような状態になっていたことです。もっとも、山シャツの上に直接バックパックを背負うとたいていこうなるので、このシャツに限ったことではなく、仕方がないといわざるを得ません。


IMG_5939_201610251726024f0.jpg
また、木の枝に引掛けたのか、繊維がほつれていたところが2か所ほどありました。これも繊維の構造上しかたのないところかもしれません。木の枝が張り出したような登山道は、ちゃんとジャケットを着て歩けばいいのでしょうが、そうすると大汗をかきそうだし、判断が難しいところです。


セール対象品だけあって、どうやらカタログ落ちしたシャツのようです。現行品はCOMFORT Light Zip longsleeveという名前になっているようです。名前にLightが入った以外に何が違うのかわかりませんが、流通在庫が安く売られていたらお買い得だと思います。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村













関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 17:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV