ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

そそりたつ岩壁にシビレました: 甲ヶ山・矢筈ヶ山その2

2016年10月15日(土) 鳥取県琴浦町 甲ヶ山(標高1338m)・矢筈ヶ山(標高1358.4m) 日帰り単独行 



IMG_5830.jpg
11:25 休憩を終えて、矢筈ヶ山(やはずがせん)を目指します。避難小屋のすぐ前から傾斜のきつい登山が始まります。川床から大休峠までのなだらかな道はハイキングコースで、ここから本格的な登山道になるといえます。


IMG_5832.jpg
少し登るとやや下り気味になるところがあり、前方にピークが見えますが、矢筈ヶ山はあのピークのもっと奥になります。ただし、あそこまで登ればあとは尾根筋の縦走路になるので、比較的楽なコースです。


IMG_5834.jpg
真っ赤なナナカマドの実だけが一足早い秋の風情をかもし出していますが、森の紅葉はまだ先のようです。


IMG_5835.jpg
道が薮漕ぎっぽくなってきました。


IMG_5837.jpg
登山道の傾斜が増し、石や木の根のような障害物もそれなりに増えてきました。以前、残雪期にこの斜面を登った時は、傾斜のきつさに直登ができず、サイドステップでジグザグに登った記憶があります。


IMG_5838.jpg
11:53 やっと尾根上に出ました。展望はほとんどありませんが、ほぼフラットな道になり楽になりました。


IMG_5840.jpg
この尾根は標高1300mあるため、さすがに紅葉の始まった木々がちらほら見られました。


IMG_5841.jpg
青空を背景に赤いナナカマドの実が鮮やかなコントラストで映えています。


IMG_5843.jpg
矢筈ヶ山への登りが始まると、細い溝のようなまっすぐな道が続きます。


IMG_5844.jpg
キャラボクの硬い枝が両脇から伸びていてけっこう歩きにくい道ですが、山頂はもうすぐです。


IMG_5845.jpg
12:13 いきなり山頂に出ました。狭い山頂に団体がいて、とてものんびりできる状態ではありません。


IMG_5846.jpg
山頂の三角点と山名板だけ写真にとって、すぐに甲ヶ山へと向かいました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_5847.jpg
矢筈ヶ山から北へ下って行くと、前方に鋭角の岩峰が見えます。これは小矢筈というピークですが、国土地理院の地形図には山名も標高の表示もありません。等高線でみると、標高1310mぐらいのようです。


IMG_5848.jpg
小矢筈の先には、巨大な岩壁をこちらに向けた甲ヶ山がどっしりとそびえています。あの傾斜を登るのかと思うと、けっこう大変そうです。


IMG_5850.jpg
矢筈ヶ山からかなりきつい傾斜を下り、小矢筈の足元まで来ました。石鎚山を髣髴とさせるような切り立った岩峰がなかなかの迫力です。


IMG_5851.jpg
登山ルートは、稜線に沿ってピークを目指します。標高差は30mぐらいだと思いますが、なかなかどうしてタフな道です。


IMG_5852.jpg
途中、垂直に切り立つ岩壁ごしに甲ヶ山が見える場所があります。名前のとおり、まさに甲のような雰囲気を漂わせています。


IMG_5853.jpg
山頂から2名の登山者が下ってきているのが見えましたが、まだ距離があるのでここで待っていると時間が無駄になりそうです。とりあえずもう少し進んでみることにしました。


IMG_5854.jpg
目の前の岩を登ったところですれ違いできそうなので、岩の上まで上がりましたが、その先は断崖絶壁で、スリル満点でした。


IMG_5856_201610180051523d5.jpg
そして、山頂直下の岩壁がまさにラスボス状態でした。写真でみるとほぼ垂直な壁のように見えますが、そこまで切り立っていません。しかし、ロープだけで登れるほど甘くもなく、基本的に岩の割れ目をうまく使って登る必要があります。


IMG_5858.jpg
12:28 シビレルような岩壁を無事に登りきると山頂に飛び出ます。展望は抜群でした。


IMG_5859.jpg
矢筈ヶ山を振り返ります。左奥には烏ヶ山も見えています。


IMG_5861_2016101800532371a.jpg
今日の目的地である甲ヶ山までは、あと少しです。

20161015kabutogasen.jpg


つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2016年10月 甲ヶ山・矢筈ヶ山 | 00:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV