ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

テント場通信簿: 白根御池小屋キャンプ場

テント場通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、撮影山行基地としての評価も加えたテント場の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:テント場にごみが放置されていないか、清潔に保たれているかどうかを評価します。
●快適度:整地の状況、地面の状況、サイトのゆとり度、トイレや水場への距離などテント場での生活が楽で快適かどうかを評価します。
●施設充実度:トイレ、水場、ベンチとテーブル、炊事棟、売店の有無を評価します。1種類ないごとに-1です。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要


● 白根御池小屋キャンプ場

清潔度:5
快適度:5
施設充実度:5
ロケーション:3
総合評価:4.5


IMG_5355_20160817180217bb1.jpg
白根御池小屋キャンプ場は、南アルプス北岳の登山口 広河原から3時間ほどのところにある標高約2200mのキャンプ場です。山腹にあるキャンプ場ですが、白根御池周辺の比較的平坦な場所がキャンプサイトになっています。すべてを詳しく見て回ったわけではありませんが、テントを張る場所はおおむねフラットに近い状態のようです。


キャンプ場のキャパは40張りとなっていますが、僕が幕営した2016年8月11日はもっとテントがあったように思います。なので、実際にはもう少し収容力がありそうです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




幕営料は500円で、昨今値上がり傾向にある日本アルプスのキャンプ場の中では、すこぶる良心的です。水場は小屋の玄関脇と外トイレの前にあり、南アルプスの天然水を無料で利用することができます。小屋前にはベンチとテーブルがたくさん設置されていて、一部には屋根も設けられています。残念なのは、この屋根がある部分に喫煙場所が設けられていて、しかもそのすぐそばに水場があるということ。喫煙場所は、もっと人がいない場所に設けてもらいたいものです。


IMG_5352.jpg
テント泊者が利用できるトイレは、小屋に向かって右手側面の階段を上ったところにあります。男性小便器はなく、洋式水洗トイレの個室が5つほど並んでいます。中は清潔で、山小屋とは思えないほどきれいに保たれていました。個室の2つぐらいは女性専用になっていました。ペーパーは設置されているので、自前のものを用意しなくても大丈夫。


トイレの前にステンレスの流し台がある水場があり、4つほど蛇口がついています。ただ水を汲むだけなら玄関前の水場でかまわないのですが、クッカーを洗ったり洗顔、歯磨きなどする場合は、こちらの水場を利用したほうがいいです。


売店は小屋にあります。ソフトクリームも売っているので、暑い夏には最高です。テントサイトから小屋まで近いので、池畔からでも不便な感じはないと思います。設備、環境ともに最高ランクといってもいい程充実したキャンプ場でした。


ロケーション的には、北岳の中腹にあり回りを山に囲まれているので、展望が望めるわけでもなく、複数の山に登れるわけではないので、写真撮影のベースキャンプ的に利用するには向いていません。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| テント場通信簿 | 11:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV