ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

キヤノンの本気を見た気がする: EF 16-35mmF2.8L Ⅲ USM

IMG_5651.jpg
本日岡山で開催されたキヤノン FIVE GRAPHYスペシャルセミナーに行ってきました。


受付で会員かどうか聞かれたので、どうやらキヤノンフォトサークル会員には専用の招待状のようなものを送っていたみたいです。会員だと粗品かなにかもらえたのかもしれません。


入って正面に5DMarkⅣのハンズオンコーナーがあり、3台のデモ機と何本かのLレンズが用意されていました。僕の関心はボディではなくて新型の16-35mmレンズだったので、16-35mmが装着されているデモ機を触りたかったのですが、あいにく別の人が触っていたので、新型の24-105mmの装着されたデモ機を触ってみました。


率直に言って、さすがに40万円もするだけあって、シャッターフィーリングや持った感じなどは、上級機らしい洗練さがありました。やはり使ってみるとほしいと思わせるものがありますが、自分の使用状況を考えるとはなはだオーバースペックという気がするので、たぶん買うことはないかなあと思います。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




しかし、新型24-105mmはけっこうよさげで、買ってもいいかもという気持ちになってしまいました。何がよかったかというと、性能がアップした手振れ補正です。暗い室内で望遠側の105mmで試写しても、ファインダーで見える画像がまったくといっていいほど動かず、動作音も全然聞こえないレベルでした。現行の24-105mmは、手振れ補正が動くときにジジッというごく小さな動作音が聞こえますし、ファインダー画像が一瞬かくっと動くこともあります。それが何か困るというわけではないのですが、手振れ補正がんばってますという機械動作を感じさせるという意味ではあまり洗練されていないと感じますが、新型はほぼ動作を感じさせないのでずいぶん進化しているように思えるわけです。実際、2.5段分から4段分に性能アップしているわけですから、暗所での手持ち撮影が楽になるし、手振れで失敗する確立が減るわけです。あとは、描写性能がどうれほどよくなっているかです。


新型16-35mmについては、スタッフさんにいろいろと聞いてみました。


IMG_0362.jpg
まず、現行のレンズで一番残念に思っている光芒の出方(真下と斜め上方向の2本だけ長くなる:上記写真参照)についてですが、何か光芒が出ている作例はないのかと聞いてみました。あいにく、まだ写真家にテストレンズを貸し出し始めたところで、作例があまりないとのこと。手元に用意してあったファイルを開いて探してくれましたが、太陽とか明るいライトが映っているようなものはありませんでした。ただし、5DMarkⅣのカタログの30ページにフレア・ゴースト比較として太陽が写ったカットがあり、それを見る限りでは全方向均等に光芒が出ているようなので、改善されているみたいです。


よくいわれる周辺画質についても、A4サイズのサンプルを見る限りでは、気になるような流れもなく、シャープでいい描写でした。スタッフさんも、いままでいろいろと言われていた広角レンズですが、まったく別物といえるほど良くなっていますと自信ありげで、このレンズについてはキヤノンの本気を感じました。キャンペーンなどでお得に買える機会があれば買い換えを検討してみようかと思います。


ちなみに、星空を映したサンプルもあり、それを見る限りでは周辺部までかなりいい感じで星が点像になっていました。もっともそのサンプルはF4まで絞って撮影されたものだったので、開放F2.8での作例を見てみたいものです。星撮りには使えないと一部でいわれるキヤノンの広角レンズですが、そろそろ汚名を返上する時がきたのかもしれません。


IMG_5654.jpg
セミナーのほうは、3回目の最終回ということもあってか、入りは60%という感じでしたが、講師の山崎友也氏が広島出身だけあって、広島カープ優勝をいわって鯉のぼりの衣装で仮装して現れ、笑いを交えながらの5DMarkⅣ紹介でなかなか面白かったです。ただ、鉄道写真家だけあって、どちらかというと動体撮影に関するスペックを取り上げていたので、自分のような風景写真を撮る人間にはあまり琴線に触れる部分がなかったのも事実。ともあれ、いいカメラだなということはよくわかりました。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 写真ネタ・ニュース | 20:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV