ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

逆流性食道炎って、けっこうつらい。

以前から胃の調子がいまいちな感じがありましたが、少し前につい油断して食べ過ぎてしまったことがあり、それから突然胃の調子が悪化。胃の不快感はもとより、胸焼け感、喉の違和感、ゲップなどが出て、めちゃくちゃ不調です。とくに空腹時に強く、食後もきつい感じで、市販の胃薬は最初はそれなりに効いていましたが、今ではあまり効果がなくなりつつあります。



IMG_5650.jpg
そういうわけで、かかりつけの病院で診てもらったところ、逆流性食道炎だと診断されました。10日分のクスリを出しておきますとのことで、薬局で受け取ってきたのがネキシウムカプセル20mgというクスリ。1日1回の服用でいいみたいです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




胃酸を押さえるクスリといえば、少し前によくCMが流れていたガスター10というクスリを思い出します。胃酸を抑える内服薬にはヒスタミン受容体拮抗薬と、プロトンポンプ阻害薬の2種類があり、ガスターは前者に該当し、ネキシウムは後者になるようです。ヒスタミン受容体拮抗薬は、H2ブロッカーと呼ばれていまますが、プロトンポンプ阻害薬に比べると作用時間が短いようで、いまのところプロトンポンプ阻害薬が胃酸を押さえるクスリとしてはいちばん効果があるようです。日本ではプロトンポンプ阻害薬を含有した市販薬はないらしいので、胃の調子が悪い時は下手に市販薬を買うより、医者にかかったほうがいいのかもしれません。ちなみに診察料とクスリ代で約2000円でした。市販薬を買うのと同じぐらいです。


とはいえ、どのクスリも症状を緩和するものであり根本的な治療をするものではないので、やはり健康な胃腸の状態をキープすることが一番です。昔は少々食べ過ぎても翌日ちょっと胃がもたれるかなという程度だったのに、いまではこの有様です。ま、これも老化のひとつでしょうから、いつまでも若い頃の感覚でドカ食いしないように気をつけたいと思います。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 時事ネタ・ニュース | 16:37 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

7月以来冷たいものの食べすぎで弱っていた胃に、食べすぎでとどめを刺したのが原因のようで、おなかを暖めたり冷たいものをとらないようにしたら楽になってきました。ほんと、健康が一番ですね。

| ヤマふぉと | 2016/09/11 01:08 | URL |

私も何です、ご承知と思いますが飲食後30分は横にならないことと指導を受けております(胃液が食堂に逆流しやすくなる)お大事にしてください。以後重症化しません!

| 百瀬典明 | 2016/09/10 18:17 | URL |















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV