ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 剱沢小屋

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要


●剱沢小屋
清潔度:5
快適度:4
ホスピタリティ:4
食事のうまさ:-
施設充実度:1
ロケーション:4
総合評価:3.6

IMG_2956.jpg
剱沢小屋は、剱沢キャンプ場から5分ほど剱沢方向に下ったところにあります。2008年に移転・建て替えを行い、2009年から現在の場所で新たに営業を再開した山小屋なので、まだ新築らしさが感じられる清潔感のある小屋です。


IMG_2952.jpg
正面に剱岳を望む絶好のロケーションにあり、入口を中心に左右に細長い平屋の建物です。


IMG_3145.jpg
入口を入った右手に売店兼受付がありますが、玄関ホールが狭いうえに窓口の間口も狭いので、時間によっては買い物客と宿泊受付などでけっこう混雑してイラっとすることもあります。宿泊以外の登山者向け物販は入口横の外窓ですればかなり混雑回避ができるのにと思います。


IMG_3144.jpg
玄関を入って左側が宿泊棟で、平屋の建物の真ん中に廊下が通っていて、廊下の左右に部屋が並んでいます。狭い廊下の左右に荷物置き場となる棚が並んでいるので、廊下は実質的にすれ違うのも難しいほど狭い状態です。水やヘッドランプ、メガネなど必要なものはスタッフサックなどに入れて部屋に持ち込んでおかないと、いちいち廊下に出て荷物をあさっていると大渋滞を引き起こしかねないので、要注意です。


IMG_3143_201607111816244dc.jpg
部屋内は通路部分はフローリング、就寝スペースは畳敷きで上下2段に別れていますが、奥行きが畳1枚分しかないので、枕元に小物をおくためのスペースはほぼありません。


IMG_3148.jpg
就寝スペースは天井までの高さも低く、あまり快適とは言いがたい状況です。新しくて清潔感があるのがせめてもの救いです。実感として廊下も部屋も凄く窮屈感のある構造でした。建築士という職業がら建物のつくりをついつい仕事の目で見てしまうのですが、設計に無理があるというか、山小屋を使ったことがない人が設計したか、予算の関係で宿泊者の快適性は犠牲にしたように感じます。小屋前の広場はかなり余裕のある広さなので、もう少し小屋の床面積を広くとって設計すればよかったのにと思いますが、いろいろと事情があったのでしょう。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




玄関から右側にはトイレや談話室、シャワー室、乾燥室があり、廊下の突き当たりに食堂があります。部屋がある反対側と違って、こちら側は廊下に棚がないので広々としてすれ違いも楽にできます。シャワーは男女別に使用できる時間を分けています。シャワー利用は宿泊料金に含まれているので、別途お金は必要ありません。乾燥室は6畳ほどの広さがあり、余裕のあるつくりでした。談話室は4.5畳ぐらいの広さがあり、テレビや雑誌などが用意されています。


IMG_3146.jpg
新しい小屋ですが、トイレは男女兼用です。女性登山者数も増えているので、どうせ新築するのなら男女別にすればよかったのにと思います。新築だけあって、浄化槽を使ったトイレなので、清潔感はピカイチです。


自炊は食堂でさせてもらえます。食堂に行けば自炊用のプレートを貸してくれるので、それをテーブルの上に敷いて自炊をします。ただし、宿泊者の食事時間中は自炊できません。なので、17時前に食べ終わるか、19時以降にするかといった感じですが、混んでいる時はもっと時間制限が厳しいと思われるので、食堂を利用できる時間をしっかりと確認しておく必要がありそうです。


宿泊棟側では窮屈感がありましたが、食堂などは基本的に快適で、全体としては快適な山小屋だといえます。新しいだけあっておそらく断熱材もちゃんとはいっていると思われ、夜になっても屋内でダウンジャケットを着る必要はないぐらい暖かでした。


施設としては、小屋前の広いスペースにベンチがいくつか並んでいる以外は、水場も屋外トイレもありません。そのため施設充実度のポイントは1ですが、少し上のキャンプ場に行けばトイレもあるし水場もあります。なので、実質的には3ポイントと同じです


スタッフの対応は、とくに可もなく不可もなくという感じです。宿泊者がそこそこ多かったためか、けっこう忙しそうにしていていましたが、領収書をもらいに行けばちゃんと対応してもらえたし、ぞんざいな扱いはありません。


ロケーション的には、剱岳に特化した場所なので、剱岳以外に脚を伸ばすベースにする山小屋ではありません。ただし、小屋前から障害物無しに剱岳を望むことができるし、登るのも便利です。別山や剱御前などに行くのも比較的楽なので、剱岳狙いのベースとしてはいい場所です。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 18:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV