ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

青空とブナ林と温泉と: 富栄山 

2016年4月19日(火) 岡山県鏡野町富西谷 富栄山(標高1205m) 日帰り単独行 



4月はわりと暇なので、平日のいい天気の日を狙って山へ行きまくってます。19日は朝からすっきりと晴れていたので、ひさしぶりに富栄山に行ってきました。


富栄山は旧 富村にある山で、地形図には登山道が描かれていませんが、山麓にある「のとろ原キャンプ場」から登山道がついています。稜線にあがると、南にある大空山、北にある乗幸山まで登山道が伸びており、快適な稜線歩きを楽しめます。最近は乗幸山から東にある不溜山(たまらずせん)へも行けるようになっっているようです。


P1040508.jpg
10:51 のとろ原キャンプ場の駐車場を出発します。倉敷ナンバーの車がもう一台止まっていただけなので、登山者は少なそうです。


P1040510.jpg
駐車場脇のトイレは鍵がしまっていたので、駐車場から少し歩いたところにあるバンガローそばのトイレで用を済ませました。冬は手洗いの水が出ませんが、今回は出るようになっていました。


P1040511.jpg
駐車場からアスファルト道をずっと上って行きます。


P1040512.jpg
登山口の手前で「富栄山登山駐車場」の看板があり、奥の広々とした駐車場に車が一台。ここまで徒歩15分かかっているので、失敗したなあと思いましたが、ウォーミングアップしたと思うことにします。次回からは、ここに停めることになるでしょうけど。


P1040513.jpg
11:07 登山口です。いきなり急な階段で始まります。


P1040518.jpg
階段を上りきって道が平坦になったところで白い花が咲いていました。タムシバかな。


P1040521.jpg
11:31 丸木橋を渡ります。


P1040522.jpg
ここの渓流は小さいながら水量があり、苔むした岩がいい雰囲気です。


P1040523.jpg
丸木橋から少し歩くと林道を越え、伐採地の斜面をトラバースする道になります。この林道との交差点から稜線の大空山分岐までが90分となっています。


P1040524.jpg
斜面を登りきると尾根に出て、そこからは尾根どおしに登って行きます。


P1040525.jpg
11:45 急登を過ぎると鞍部のような平坦な場所があるので、ここで休憩をとりました。ここから先は登山道は右上方向に尾根南面をトラバースするようについていますが、2013年2月の積雪期に登ったときは、ここから左上方向にまっすぐ尾根をたどっていきました。


P1040527.jpg
鞍部から先は階段のある急登が続きます。


P1040548.jpg
急登を登りきって、ようやく道が平坦になったところに「分岐まで50分」の道標があります。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




P1040528.jpg
このあたりからふぐるみ原生林となり、きれいなブナ林の中を進んでいきます。


P1040529.jpg
まだブナの新緑の時期ではありませんが、それでも春らしい雰囲気が漂います。


P1040546.jpg
小さな沢を渡ると、その先の標高1000mあたりから再び急登が始まります。


P1040532.jpg
倒木が道をふさいでいる場所は、右手に迂回路が設けられていました。


P1040533.jpg
標高1100mあたりからやっと道が平坦になりました。ここから大空山分岐まではほぼ等高線に沿って歩くので、けっこう距離があります。できれば、このまま尾根上までまっすぐ登るように道をつけてもらったほうが、距離も時間も短縮できていいのにと思います。


P1040534.jpg
12:29 大空山分岐に着きました。丸木橋先の林道交差点から90分となっていましたが、とくに急がなくても1時間しかかかりませんでした。


P1040535.jpg
大空山まで20分の距離ですが、今回は行きません。


P1040536.jpg
12:37 少し休憩して、富栄山に向けて出発です。


P1040537.jpg
稜線の道は、まだ春らしい雰囲気は感じられませんでした。


P1040538.jpg
富栄山が見えてきました。


P1040539.jpg
12:54 山頂です。


P1040542.jpg
展望台から北方に続く縦走路がよく見えます。この先、ブナの森があるピークを経由して乗幸山まで稜線の縦走路が伸びていて、本当は乗幸山まで行ってみたかったのですが、往復すれば2時間はかかりそうです。そうなると、下山時間が夕方になり、家に戻るのが夜になってしまうのであきらめました。ブナが新緑に彩られる頃にまた来たいと思います。


P1040543.jpg
正面奥のなだらかなピークが不溜山です。乗幸山から不溜山までは尾根続きですが、いまのところ登山道はないようです。乗幸山の手前から北側に降りて、山腹を通る林道を経由して不溜山まで行くことはできるようですが、林道歩きというのが引っかかっていて、いまひとつ気乗りがしません。


山頂は誰もいなくて、気持ちのいい青空と広い展望を独り占めです。稜線を雲の影が足早に過ぎ去っていくのをのんびりと眺めながら、ランチを楽しみました。


P1040544.jpg
13:18 下山開始です。


P1040545.jpg
分岐までは15分ほどで降りてきました。


P1040553.jpg
14:15 伐採地下の林道との交差点まで降りてきました。登りだと大空山分岐まで実質60分(道標では90分)ですが、下りは45分しかかかりませんでした。


P1040554.jpg
透明な沢水が陽の光にキラキラ輝いていました。


P1040555.jpg
14:35 登山口を通過します。


P1040558.jpg
14:46 駐車場に戻ってきました。このあとはお約束ののとろ温泉に立ち寄って帰りました。ながらく休業していたのとろ温泉ですが、4月10日から再開されています。岡山で最も標高の高い温泉なので、露天風呂からの眺めは最高です。

fueisan.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2016年4月 富栄山 | 13:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV