ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

2010年7月雲ノ平で過ごす夏 vol 1

 2003年にはじめて訪れて以来、ほぼ毎年恒例となってしまった雲ノ平山行。昨年の夏は7月10日に入ったものの、若干時期が早すぎたみたいでお花畑はまだほんの咲き始め。梅雨の真っ只中ということもあり、雨ばっかりの山行だった。そこで、今年は梅雨も明けた7月下旬に入山することにして、22日金曜日の午後に岡山を出発した。

 今回は経費削減のために小屋利用はなく、すべてテント泊を予定。ザックは65リットルタイプで、テント、シュラフ、マットの他に着替え、食料、ガスボンベ、コッヘル、合羽などつめて、最後にカメラ機材一式。ザックは100%満杯状態となった。
装備一式


食料一式
 出発してすぐにまずいことに気が付いた。金曜日なので高速道路のETC特別割引が使えない。本当は土曜日に出発するつもりだったのを1日繰り上げたので、うっかり忘れていました。とりあえず高速にのって、途中仮眠などとりつつ日付が変わってから高速をおりれば割引を受けられるが、高速道路のSAで時間をつぶすのはかなり苦痛だ。それよりも一般道を走りながら、ときどきコンビニに立ち寄ったり、温泉で休んだりしながら行った方が退屈しない。そういえば若狭道路は無料化実験中なので、少しは時間短縮もできる。ということで、岡山から姫路まで国道2号を走り、姫路からは国道372号で丹波笹山まで行って、丹南笹山ICから若狭道路にのった。

 敦賀に着いたのは午後7時前。6時前には着けるかと思ったが、少しのんびりしすぎたようだ。おなかも空いたので食事をしたかったが、時間がもったいないのでコンビニでおにぎりとお茶を買って走りながら食べることにした。敦賀から福井までは海岸沿いの峠を越えるルートになり、結構時間がかかる。そこだけでも高速道路でパスすれば30分は短縮できるので、若狭から武生ICまで高速を利用。結果的に日付が変わる前に富山に着いた。

 富山に来たらいつも利用する越の湯に立ち寄る。8号線沿いにあり、朝7時から夜1時まで営業しており、遅く着いてもお風呂に入れるので大変助かる。さっぱりしてから新穂高温泉をめざすが、富山市内から1時間強の道のりだ。栃尾温泉の少し手前にある道の駅に付く頃には午前2時近くになっており、とりあえず道の駅で仮眠してから新穂高温泉の登山者用無料駐車場に行くことにした。しかし、これが間違いの元だった。

 午前5時に駐車場に着くと、なんとすでに満車だった。しかもこんな朝っぱらから警備員が入り口で車の出入りを管理している。満車であってもたいてい車一台停めるぐらいのスペースは探せるものだが、警備員が入場制限しているので入ることさえできない。この時間に出る車があるとも思えず、仕方がないので山の上にあるロープウェイ利用者向けの無料駐車場に行く。ものすごい急坂を5分ほど上っていくとがらがらの駐車場があった。下の駐車場と違ってきちんとした公衆トイレもあり、設備としては悪くないが、問題は登山口まで歩いて降りることができるのかどうかだ。地図では下山ルートが書いてあるので、下山口を捜しながらロープウェイ駅へ向かうが、見つからないままロープウェイ駅まで来てしまった。

新穂高温泉の下山道標識

P1010395_20120708025808.jpg


 ロープウェイの下り始発は午前8時30分。現在の時刻は午前6時前。2時間も待っていられないので、もう一度下山口を捜しながら戻ってみると、あったあった。矢印が斜めに倒れていて行きの時は隠れて見えなかったのだ。しかし、その矢印が指し示す方向は道の痕跡がある程度の森の中。少し歩いてみたがどんどん草丈が高くなり、人の歩いた痕跡はまったくない。廃道となっているらしく、歩きの下山は無理だと断念。車道を歩いて降りることも考えたが、登山口にある新穂高登山指導センターまで恐らく40分はかかるだろう。もっとも荷物の重い入山時に行程が伸びるのは避けたいし、疲れて帰って来たときにあの急坂を上り返すのは気が進まない。ロープウェイで降りると、スタートするのは9時になる。目的の双六池テント場まで行くには遅すぎる。鏡平小屋で泊まるという手もあるが、土曜日の混雑時に見ず知らずのおじさんと布団を共にするために5500円を支払う気にもならず、結局入山は翌日に延期とした。

vol 2へ続く

雲ノ平で撮影した写真は、風景写真ギャラリー「Studio Photon」で公開中。右側のリンクからどうぞ。

記事内容がおもしろかったら、クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

| 2010年7月 雲ノ平 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/8-663c73b2

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV