ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

マムート第2弾: ソフテック グラナイトハイブリッドジャケット

最近、にわかマムートファンと化しているヤマふぉとです。


先日マムートのハードシェルパンツを購入したばかりですが、またマムート製品を買ってしまいました。今度はソフトシェルジャケットです。


いままでひとつもマムート製品を買わなかったというのに、ここにきていきなり2つも買うなんてなんてミーハーな野郎だと思われるかもしれませんが、どちらの場合もマムートだから購入したということではなく、たまたまほしいものがマムート製だったというだけのことなのです。なので、なんだか言い訳がましいのですが、実際にマムートファンと化してしまったわけではありません。まあ、それなりに気に入って買ったのはまごうことなき事実なので、今後はマムート製品が増える可能性はなきにしもあらずです。


ソフトシェルジャケットは、積雪期に使用しているバーグハウスのジョラスソフトシェルジャケットに満足しているのですが、なにせ積雪期用ということで3月後半に県南の低山を歩く時に着るには暑すぎるので、雪山以外で着る事はまずありません。ジョラスソフトシェルジャケット以外でこの時期の里山歩きで使えそうなジャケットといえば最初に買ったモンベルのライトシェルアウタージャケット(現行品はライトシェルジャケットに名称変更)がありますが、クリマプラスメッシュの裏地がついているので案外暑い上に、生地に透湿性や通気性がないので蒸れやすいという欠点があって、夏山の防寒着か冬季の里山歩きぐらいでしか使っていません。


モンベルはソフトシェルカテゴリーの中に、ナイロン生地と裏地を組み合わせたライトシェルというカテゴリをつくって、何種類かの商品を展開していますが、ここまでやるということはそれなりに売れているということなんでしょうか。個人的な意見を言わせてもらえば、ソフトシェルは基本的に行動着として使うものなので、通気性や透湿性のないナイロン生地を使うことは的外れだと思うのです。実際にこのジャケットを購入した者としては、このライトシェルカテゴリの製品は裏地をつけることで保温性能を高めたウィンドブレーカーであって、ソフトシェルとは別物だと思います。これをソフトシェルのつもりで着用すると、暑くなってすぐ脱ぎたくなり、汗冷えで寒くなればまた着たりと、脱いだり着たりを頻繁に行うことになってしまいます。なので、着っぱなしの行動着としてのソフトシェルを考えている方にはお勧めしません。


ちょっと話がそれましたが、そういうわけで、春・秋に着られる薄手のジャケットがほしいと、かれこれ2年前ぐらいから考えていたのですが、なかなかこれはと思うジャケットを見つけることができずにいたわけです。いわゆるウィンドブレーカーのようなものだとモンベル ライトシェルアウタージャケットとかわりないし、なにより通気性も透湿性もなくてぺらぺらのナイロン生地のジャケットが1万円以上するというのが許せないこともあり、ウィンドブレーカーは除外しました。裏地が無くて、防風性と透湿性がある薄手のジャケットで、タウンユースもできるというのが条件で、価格は1万5千円ぐらいまでで探していました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




mammut_softechjacket.jpg
先日、好日山荘にふらりとよってみたところ、いままで寄り付かなかったマムートのコーナーでこのジャケットを発見。やはり食わず嫌いは良くないですね。買うかどうかは別にして、見るぐらい見ておけばもっと早く出会っていたのでしょうが、これもまた運命かもしれません。定価は19,000円ですが、20%オフになっていて、ポイントを使えば15,000円台で購入できるとわかり、さんざん試着でサイズを悩んだ挙句、Sサイズを購入しました。下にフリースなど着るのであればMのほうがゆったりめで良さそうでしたが、春・秋に着るものだし、基本的に入山から下山まで着っぱなしを前提に考えているので、下に着るのは山シャツぐらいです。なので、ぴったりフィットのSにしました。


山で着る服に黒色は使わないのがこれまでのポリシーでしたが、春秋に着るということでそれほど虫がいない時期だし、タウンユースもありなので、あっさりポリシー変更です。ああ、なんて軽薄なんでしょう。


ジョラスソフトシェルジャケットは積雪期に使う前提なのでフード付でよかったのですが、今回は無雪期用なのでフードなしです。マムートには、よく似た名前のソフテック グラナイトフーデッドジャケットというフード付モデルもありますが、そちらのモデルはハイブリッド生地ではありません。そのぶん少し安くなってます。






IMG_4480.jpg
実際に着てみたところですが、袖もほとんどたるまないぐらいにいい感じのサイズで、マムートのSは自分にジャストフィットのサイズだなと感じます。メーカーによってビミョーにサイズが大きかったり小さかったりがありますが、これほどぴったりなのは、マムートがはじめてかもしれません。


IMG_4527.jpg
このジャケットは、SOFtechという生地が使われています。防風・撥水・透湿性があり、伸縮性にも優れた生地で、前身ごろと腕、腰部分には防風性を強化した二重織りの生地、背中、脇、腕下部分には透湿性に優れた薄手の4WAYストレッチ生地と使い分けてあります。ポケット内部の生地はメッシュになっているので、ポケットを開けておけばベンチレーションとしても機能します。脇下のビットジップはありません。



晴れたり曇ったり、時には雨がパラリと落ちる天気で、稜線ではそこそこ冷たく強い風もある10度前後の気温の中を里山歩きで着てみましたが、期待どおりで満足してます。先日購入したバーグハウス スモルダーライトフリースジャケットにソフテック グラナイトハイブリッドジャケットを組み合わせてみたところ、登りでは背中がしっとりするぐらい汗をかいたものの、フロントファスナーを開けばそれほど蒸れる感じはありませでした。また、腕の上げ下ろしにも生地が追従して、突っ張り感がありません。結局、入山から下山まで着たままで行動を終えることができ、休憩時もダウンを着ることなく過ごせました。この時期に着られるソフトシェルジャケットとして求めていた性能を備えていました。


4月の初旬に、木曽駒ヶ岳と八ケ岳赤岳への登山でも着用しました。登りで勾配のきついところではさすがに暑くて脱ぎましたが、それ以外ではほぼ着たまま行動できました。木曽駒ヶ岳の山頂付近は気温5度ぐらいかなと思いますが、曇りで風が少しある天候の中、TNFパラマウントタンク+モンベルスーパーメリノウールEXPの上にソフテック グラナイトハイブリッドジャケットといういでたちでしたが、休憩時も上着や防寒着を着ることなく過ごすことができました。残雪期の高山でも十分実用になるジャケットです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 18:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV