ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

もう届きました: マムート ゴアテックス クアンタムストレッチパンツ

いい天気になった連休ですが、結局家でゴロゴロして消化してしまいました。なんだか出かける気力が湧かなかったことと、タイヤ交換のときにまだ完治していなかった左腕を痛めてしまったみたいで、全力で左腕を握ることができない状態です。なので、アックスなどを使う登山は万一のときに対応できないということで、遠征はやめにしました。では、低山歩きでもと思ったのですが、こちらも気分がのらずで、引きこもりになってしまいました。でも、そろそろ録画時間がなくなりつつあるビデオレコーダーにたまった映画を消化するのに、ちょうどいい休日になりました。


話はかわって、昨日注文したマムートのハードシェルパンツが早くも届きました。注文して27時間ぐらいしかたっていません。やはり早い時間に注文すると、当日出荷してくれるので便利でいいですね。


さっそく、試着していろいろとチェックしてみました。


mammut_gore_quantum_strech_pant.jpg
少し小さいかもとやや心配していたSサイズですが、身長171cmでまさにぴったりでした。股下サイズは、通常は75cmがあっているのですが、実測してみるとぴったり75cmでした。ウエストを締めてはいたとき、かかとがぎりぎり床につかない長さです。メーカーの寸法では対応身長167~173cmとなっていますが、173cmだとやや小さいと感じるかもしれません。


生地はよくあるゴアテックス3レイヤーの少しごわつき感のあるものですが、不快感を感じるほどのものではなく、まあこんなものかなという感じです。ゴアテックス ストレッチという生地で、ストレッチ性があるとメーカーはうたっていますが、いわれてみれば少しはのびるかなという程度で、ストレッチ性はあまり期待しないほうがよさそうです。ゴアテックス以外のメーカーオリジナルの透湿防水生地のほうが柔らかくて履き心地もいい場合が多いので、快適性重視ならそういうものを選択したほうがいいかもしれません。ただ、ウレタン系の防水生地は、ウレタンが加水分解で経年劣化するのにたいして、ゴアテックスは基本的にそういうことがないらしいので、耐久性を考えればゴアテックスが優位みたいです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4404.jpg
ウエストの腰部分はハイウエスト仕様になっていて、前屈しても上着との間に隙間ができにくいつくりになっています。ウエストは左右にベルクロのベルトがあり、任意のサイズで調整できるようになっています。メーカーのサイズ表ではウエスト75~81cmとなっていますが、実際にはもっと大きいサイズまで対応できます。僕はウェスト85cmですが、ベルクロを一番前に近いところまでしめてちょうどいい感じでした。なので、締めなければ90cmぐらいは余裕で入るのではないかと思います。


IMG_4407.jpg
フロントのあわせ部分は、金属フックと金属ボタンの二重留め仕様で、ボタンの周囲には外れ防止のベルクロが付いていました。高いだけあって細かい部分にも配慮が行き届いています。ファスナーは、すべてYKKのアクアテクトで、防水仕様になっています。


IMG_4408.jpg
ポケットは腰部分に左右1つずつあり、右足の太もも部分にもうひとつ付いています。ヒップポケットはありません。太もものポケットは下側にマチがついていて、少しかさばるものを入れてもパンツが突っ張りにくくなっています。とはいえ、あまり大きくはないので、行動食とか小物を入れるぐらいしか使い道はなさそうです。


サイドファスナーは、裾から股下ぐらいまであり、2wayファスナーになっています。上から少し開いてやれば、ベンチレーションとして使えます。


IMG_4416.jpg
裾の内側には、クランポン対策で強度の高い生地が使われています。コーデュラファブリックのタグが付いているので、コーデュラ生地だと思われます。


IMG_4413.jpg
裾の内部には、着脱式のスノースカートが装備されています。フロント側に靴紐に引掛けるフックがついているので、ずり上がり防止に役立ちそうです。


IMG_4399.jpg
ただ、このスノースカートがパンツの裾よりも短くなっていて、実際に登山靴を履いてフィッティングしてみると、かかと側がやや短いと感じます。脚をあげるとかかと側がずり上がって隙間ができるのではないかという不安があるので、基本的にゲイターを装着したほうがよさそうです。この点、ノースフェイスのハードシェルパンツは、写真で見る限りスノースカートがパンツの裾よりも長めにつくられているようなので、脚あげなどの動作にも余裕で対応できると思われます。ゲイターの脱着は案外面倒なので、使わなくてすむならそれにこしたことはありません。その点では、ノースフェイスのパンツのほうが優れていると感じます。


IMG_4418.jpg
デザイン的には、いままで使っていたモンベルのアルパインパンツよりもスリムでスマートです。左脚太もものフロントにマムートのロゴマークがついています。


IMG_4414.jpg
右足の膝裏には、赤い糸でMAMMUTのロゴが刺繍されていて、こじゃれた雰囲気があります。高くても人気があるのもわかる気がします。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 16:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV