ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

昨晩届いた訃報

昨晩、「訃報」とタイトルがついたメールを受け取りました。3月11日ということで、いったいなんだろうと思いながら開いてみると、学卒で入社した会社の同期会からでした。


まだバブルのなごりが色濃い時期に入社したこともあり、同期は数百人という人数で、同期会と言われても正直ほとんど知らない顔ばかりですが、その訃報にかかれていた名前は見覚えのあるものでした。いや、見覚えがあるというレベルではありません。数多い同期入社の中から、ただ二人同じ部署に配属されたその人の名前でした。


僕は総合職でしたが、彼女は一般職ということで、配属時期は彼女のほうが少し早く、僕が配属されたときにはすっかりなじんでいて、仕事もてきぱきとこなしていました。彼女は僕が配属された課付きの秘書だったので、伝票の処理をはじめ、いろいろなことでお世話になりました。


3年後、僕は配属転換で部署を移動し、勤務先も変わったので、ほとんど会うことはなくなりました。そして、転職したり東京から岡山に戻ったりで、最後に会ったのがいつだったのかすらよく覚えていませんが、なぜか今でも年賀状だけはやり取りしていました。


メールには、10日の朝に病気で亡くなられたとしか書かれていませんでしたが、お酒が好きでちょっと姉御肌の彼女が闘病生活を送っていたなんてまったく思いも寄りませんでした。いったいいつから入院していたのか、どんな病気だったのか、何も知らないまま永眠したという事実だけを知ることになり、とまどいと信じられない気持ちでなにかが胸につかえたような気分です。


彼女にはまだ未成年のお子さんがいたと記憶しています。これからお子さんの成長を見守りながら未来へ夢と希望をつなぐことが楽しみだったはずでしょうから、きっと後ろ髪を引かれる思いだったに違いありません。まだ40代という若さを思うと、残念でなりません。


彼女のご冥福を心よりお祈りいたします。

IMG_5771.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV