ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

どうやら本物の暖かさ: TNF マウンテンバーサロフ ジャケット

1万円を越える価格のフリースなんて買うことはないだろうと思っていましたが、正月の北アルプスですっかり寒さに弱くなってしまった自分の怠慢を呪いつつも、それなら保温性能の高い服を買うまでよと開き直った結果、高価だけど暖かいフリースを買ってしまいました。



IMG_4184.jpg
購入したのは、ノースフェイスのマウンテンバーサロフトジャケット。マーモットのムーンフリースジャケットが期待はずれだったので、最高に暖かい素材のフリースは何かと調べてみたところ、ポーラテックのサーマルプロ ハイロフトという生地が一番らしいということで、各メーカーのモデルを比較した結果、このジャケットに決めたというわけです。


グリズリージャケット
比較したのは、ミレーのグリズリージャケットと


ゴブリンジャケット
マムートのゴブリンジャケットです。


当初、一番いいなと思ったのはマムートのゴブリンジャケットでした。 理由は、メッシュの裏地があり、毛足の長い生地の保護になりそうなのと、メッシュでも裏地があるだけ少し温かいのではないかと思うこと、ジッパーがダブルファスナーになっていて下から開くこともできること、袖下や脇まですべてサーマルプロ ハイロフトの生地になっているので保温性能が高そうということです。


グリズリージャケットとマウンテンバーサロフ ジャケットは、脇部分や袖下はストレッチ素材で通気性の高いポーラテック パワーストレッチが使われていて、行動着としての使用も考慮されているようですが、マムートはすべてサーマルプロ ハイロフトなので完全に防寒着としての用途をメインで考えているように思えるわけです。自分の用途は停滞時や就寝時の防寒着なので、ゴブリンジャケットが一番目的にあったジャケットだといえるわけです。ただし、ゴブリンジャケットは生産完了したらしく、流通在庫のみとなっており、好みの色とサイズのものが見つかりませんでした。


グリズリージャケットも悪くなかったのですが、探していた時はあまり安くなっていないというか、セールでも23,000円ぐらいなのに対して、マウンテンバーサロフト ジャケットは17,000円ほどでした。今は同じぐらいになってきているようです。ただし、グリズリージャケットだけ、重さが100gほど重いというのがひっかかります。グリズリーは565g、バーサは450g、ゴブリンは475gです。同じ素材のものなら軽くて安いほうがいいですし、マウンテンバーサロフトジャケットは肩に補強生地があり、胸ポケットもついているので、お得感もありました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ということで、マウンテンバーサロフトジャケットに決めたわけですが、一抹の不安がありました。というのも、ミレーとマムートは商品説明で生地が「ポーラテック サーマルプロ ハイロフト」と書いてあるのですが、ノースフェイスは「ポーラテック サーマルプロ 」としか書かれておらず、「ハイロフト」ではない別の生地なのではないかと思ったのです。しかし、ネット検索してみてもサーマルプロにハイロフトとハイロフトでない2タイプがあるという情報は見当たりません。ポーラテックのサイトではそもそもサーマルプロとしか紹介されていないので、サーマルプロ ハイロフトって何? という感じです。まあ、似たような価格帯の商品ですから、同じ生地だろうということで、そこは気にしないことにしました。


IMG_4186.jpg
届いたマウンテンバーサロフト ジャケットを見てみると、タグにしっかりと「HIGH LOFT」の文字があったのでひと安心。


IMG_4189.jpg
このジャケットは、フリースなのに脇下にビットジップがついています。正直、必要か?と疑問に思うわけですが、あればあったで使うこともあるかもしれません。


IMG_4192.jpg
ポケットの裏地はメッシュ生地なので、ポケットを開ければベンチレーション代わりになります。身頃の内側は裏地なし。ただし、一番こすれやすい裾の裏側には補強生地があててあり、このあたりの細かい処理はさすがといった感じです。


ソフトシェルジャケットの上から着るつもりでLサイズを購入しましたが、けっこうきつかったので中に着ることになりそうです。バーサシリーズのバーサミッド ジャケットをお店で試着したときは、ソフトシェルの上に着ても窮屈感はなかったので、同じサイズなら大丈夫だと思ったのですが、生地が少し厚い分きつめになっているようです。もっとも、長袖シャツ1枚の上に着るぐらいであれば、きつすぎず緩すぎずでいい感じです。171cm 65kg 胸囲95cmですが、袖の長さは手首がちょうど隠れて若干手の甲にかかるぐらい、裾はお尻の半分が隠れるぐらいで、自分的にはちょうどいいところです。


羽織ってみると、軽いわりにそれなりのボリューム感があり、ほんわりと暖かさに包まれるという感じです。毛足が長く緻密にびっしりと植え込んであるので、少々指でいじったぐらいでは下地が見えるようなことはありません。このあたりがユニクロのフリースや期待はずれだったムーンフリースジャケットとの大きな違いです。冬山で期待通りの保温性能を発揮してくれることを期待するばかりです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

















関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 21:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV