ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

荘厳な2016年の幕開け: 蝶ヶ岳(2677m) その4

2015年12月30日(水)~2016年1月2日(土) 長野県松本市 蝶ヶ岳 テント・避難小屋泊単独行 


話は前の晩にさかのぼりますが、撮影から戻ってきてあたたかい生姜湯でも飲んで寝ようと思い、燃料が残り少なくなったプリムスのガス缶IP-250Tのバーナーに着火しようとしたら、ガスが出てきません。冷えすぎて気化しないからなのか、なんらかの事情でノズルが詰まったのか、どちらにしても火がつかなければお湯が沸かせません。とりあえず、燃料が気化するようにガス缶を手で暖めたり振ったりしてしばらくいじくってから再度点火してみると、不安定ながらもなんとか火がつきました。こんな状態では明日の朝になるとどうなるかわからないので、ひとまず今のうちに必要なお湯を沸かしてポットに入れておくことにしました。


いつも冬山に持ち込んでいるのは、サーモスの山専ボトル0.8リットルと、同じくサーモスの携帯マグJMY-351 0.5リットルです。山専ボトルのほうは、熱湯を満タン状態にしておくと12時間ぐらいは熱いお湯のままキープしてくれるので、23時ごろ入れておけば翌日下山するまで十分暖かい状態で飲めるはずです。容量的にも0.8リットルあれば、朝0.3リットル使っても残り0.5リットルで下山するのに十分です。なので、とりあえず山専ボトルを満タンにすることにし、燃料が余れば携帯マグのほうにも入れることにしました。結果的に山専ボトルを満タンに、携帯マグに半分ほどお湯を入れたところで燃料切れとなりました。夜のうちにバーナーとガスをパッキングすることもできたし、明日の朝お湯を沸かしたりする必要がなくなったので、撤収にかかる時間を短縮できそうです。実際、朝食を簡単に済ませることができて楽だったので、今後はこのパターンを踏襲していこうと思います。


2016年1月2日(4日目)
5:30 起床。 今日は13時15分のバスにのるつもりなので、朝食がすんだら速やかに撤収して、8時30分には出発という予定です。


昨晩は初日よりも寒かったのではないかというぐらい冷えたような気がします。夜中もずっと晴れていたようなので、放射冷却もあったのでしょう。着るものは同じですが、シルクのインナーシーツをつかったりイナーティアXライトエアマットも使いましたが、しみこんでくるような冷気は防ぐことはできませんでした。イナーティアXライトエアマットはそれなりに効果があったみたいで地面からの冷たさはなかったのですが、寝袋の中で手を動かすと内部が冷えているのがわかるぐらい冷気が浸み込んできている感じです。寝袋は、プロモンテ エクストリームライトEL1000Aというもので、730フィルパワーのホワイトグースダウン90%、羽毛量1,000gの厳冬期仕様ですから、決して力不足というわけではないはずですし、ゴアテックスのカバーも使っています。とにかく、冬季のテント泊は寒さ対策を再考する必要があることだけは確かです。


IMG_3921.jpg
起きたときにゴアテックスのカバーを開いてめくってみると、内側にびっしりと凍りついた結露がついていました。もしも透湿防水素材の生地で作られた寝袋をカバーなしで使っていると、この現象が寝袋の生地の内側で起きるわけですから、昼間暖かくなって結露が融けたらダウンが直接その水滴を吸ってしまうことになりそうです。そう思うと、へたに透湿防水生地の寝袋を使うより、冬季は普通の生地の寝袋とゴアテックスのカバーの組み合わせのほうが安心かなと感じます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3923.jpg
7:20 朝食を終えてテントを撤収するために外に出てみると、明神岳と前穂高岳が朝日を浴びて輝いていました。ひとまず、写真を撮ってから撤収作業開始です。


IMG_3926.jpg
雪の中に埋めておいたペグが凍り付いていてショベルで掘り起こすのに若干手間取りましたが、ほぼ1時間で撤収作業を終了することができました。以前使っていたアルバのショベルだと、こういうときに使い勝手が悪く、凍結した雪を掘り起こすのがけっこう大変でしたが、今年買ったモンベルのコンパクトスノーショベルは比較的簡単にペグを掘り出すことができました。もう不具合返品はしなくてもいいかなという感じです。役に立ったショベルに対して、ワカンもアックスも使わずじまいで無駄な荷物になってしまいました。しかし、雪山に入るのに持ってこないわけにもいかず、こればっかりは仕方がありません。


IMG_3933.jpg
8:30 白銀の明神岳と前穂高岳に見送られて、徳澤を出発です。入山時よりも心もち軽くなったような気がするものの、背負うとやっぱり重い荷物が肩にのしかかります。


IMG_3934.jpg
9:21 明神です。休憩10分で出発します。


IMG_3936.jpg
小梨平はしんと静まり返っていました。この頃から空はどんよりとしてきました。


IMG_3937.jpg
河童橋です。お正月だからたくさん人がいるのかと思っていたら、意外にも数人の人がいただけでした。


IMG_3939.jpg
いつのまにか穂高の峰には雲がかかっていました。


IMG_3940.jpg
10:30 バスターミナルで休憩です。クランポンを天蓋の上に装着したので荷物のバランスが悪かったらしく、妙に疲れたのでこここでパッキングをしなおしました。ここから釜トンネル入口まで約2時間です。13時15分のバスに乗るためには、13時には着いていたいので、余裕を見てここも10分休憩で出発しました。


IMG_3942.jpg
11:34 大正池ホテルです。ここでも10分の休憩をとりました。そういえば、お正月はホテルのレストランと売店は営業していたみたいです。


IMG_3944.jpg
穂高も明神もすっかり雲の中に隠れてしまいました。


IMG_3945.jpg
大正池の氷にできていた妙な模様です。湧き水でもあるんでしょうか。


IMG_3947.jpg
最後のカーブで振り返って上高地に別れを告げます。ここを曲がると上高地は見えなくなります。


IMG_3948.jpg
12:22 釜トンネルの上高地側入口につきました。あとは20分ほどのトンネル歩きで下界に戻ることができます。時間的に余裕があるので、荷物を下ろしてゆっくり休憩しました。


IMG_3950.jpg
12:51 トンネル入口は静かでした。救助隊もいないし、登山客もいません。客待ちタクシーが1台停まっていただけでした。松本行きの路線バスは少し遅れて満員に近い状態でやってきましたが、なんとか乗ることができました。


IMG_3951.jpg
13:28 岩見平駐車場に戻ってきました。駐車場には自分の車だけがポツンと停まっていて、ちょっとさびしげでした。

おわり。

20160102上高地1

20160102上高地2



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2015年12月 蝶ヶ岳 | 00:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV