ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

虫の知らせか第六感か~飯田市道142号線路肩決壊

飯田市道142崩落
シルバーウィークに行くつもりでいた南アルプスの聖岳。その登山口となる便ヶ島へ行くためのルートは飯田市道142号線ですが、なんと9月19日の午後に路肩が決壊し、通行できなくなっているそうです。


飯田市のHPによると、20日には崩落箇所に仮設道路が設置され、下山の車両のみ通行できるようになったそうですが、夜間は封鎖され、登山口へ向かう車両は終日通行できないとのこと。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




もともとの予定では、19日の午後に移動して夜のうちに便ヶ島に入り、20日の朝から聖岳に向けて出発する予定でした。しかし、どうもあまり気乗りしていなくて、パッキングも18日のお昼前になってようやく始めたぐらいでした。行きたくてウキウキしているときは前日にはパッキングを済ませているのが普通ですが、この時は後回しにしてばかりでした。なにか予感するものがあったのでしょうか。結局、22日に仕事が入ってしまい、聖岳は中止にしたというわけです。


19日に出発していたら当然崩落箇所から先へ進めず登山口まで行けなかったはずです。それならまだましですが、夜間に真っ暗な林道を走行していていきなり道がなくなっていたら、もしかすると車ごと転落していた可能性もあります。無事であったとしても、聖岳がダメだった場合のバックアッププランなんか立てていませんでしたし、結果的に仕事が入って聖岳を中止にしたのは正解だったということになります。


それに、気乗りしなかった理由には、体ができていなかったというのもありました。8月の夏山山行以来、一度も山に行っていないし、トレーニングもほぼ皆無。はたして3000m峰に登って縦走して還って来れるのか、かなり不安要素たっぷりでした。剣山から三嶺への縦走はその不安が的中し、膝痛・筋肉痛・疲労感に悩まされることになりました。標高2000mに満たない山でこんな状態では、3000m峰の縦走なんてしていたらどうなっていたことか。


気乗りしないときの山行は素直に中止にしたほうがいいのかもしれません。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| ヤマネタ・ニュース | 20:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV