ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ずいぶんご無沙汰の剣ヶ峰: 伯耆大山三ノ沢槍尾根ルートその2

2015年7月25日(土) 鳥取県大山町 伯耆大山剣ヶ峰(標高1729m) 単独日帰り


IMG_2726.jpg
7:45 槍尾根の縦走路は歩くのが久しぶりということもあって、けっこう荒れて細くなっているかと思いきや、特別難しくなっているという感じはありませんでした。多少のアップダウンがあるので、スリップやつまずきに気をつけていれば、尾根の崩落などはあまり心配する必要はなさそうです。


IMG_2731_201507301428378c7.jpg
右手に見える矢筈ヶ山と甲ヶ山も、この雪が降る前には登っておきたいものです。


IMG_2732.jpg
天狗ヶ峰に向けて傾斜がきつくなってきた尾根を進みます。


IMG_2733.jpg
7:54 あっさりと天狗ヶ峰に着きました。こんなに短い尾根だったかなという感じでした。大堰堤のあたりから見上げた時はガスっていましたが、いまはすっかりと晴れています。上空にはやや雲がありますが、このまま晴れてきそうな感じでした。


IMG_2734.jpg
振り返ると、南壁下にいたペアがピークの上に立っているのが見えました。


IMG_2735.jpg
天狗ヶ峰から剣ヶ峰へと向かいます。天狗ヶ峰からすぐの部分は崩落が進んでいるようで、以前よりも尾根が痩せたように感じます。


IMG_2737.jpg
その先も、南壁側が削れてルートが細くなったようにも感じました。


IMG_2738.jpg
進むにつれて南壁の切り立つ角度がきつくなってきます。そのぎりぎりのところ歩くわけで、時々踏み跡の下がすこしえぐれたりしている場所があり、通過には慎重にならざるを得ません。


IMG_2740.jpg
剣ヶ峰が近づいてきました。


IMG_2742.jpg
道端にはクガイソウなどが咲いています。今はちょうど花の時期。ユートピアまで下っていけば、お花畑がみられそうですが、土曜日ということもあって人出が多そうです。


IMG_2744.jpg
8:08 剣ヶ峰に着きました。朝早いこともあって誰もいません。本日1番のりのようです。


IMG_2746.jpg
ひさしぶりに三脚を使って自撮りしました。


IMG_2747.jpg
ユートピア方面を見てみると、以外にもあまり人はいないようです。とはいえ、まだ午前8時過ぎなので少ないだけで、もう1時間もすれば混雑してくるかもしれません。


IMG_2748.jpg
上空の雲はすっかりなくなって、濃いブルーの空が大きく広がっています。なんだか久しぶりに山の青空を見た気がします。


IMG_2751.jpg
眼下には、一ノ沢、二ノ沢、三ノ沢がきれいに並んでいるのが見えます。


IMG_2759.jpg
山頂に咲いているシシウドの花にテントウムシが色を添えていました。アゲハチョウも飛んでいたりして、わざわざこんな高いところまで飛んでくる理由は何なんでしょうか。


IMG_2760.jpg
山頂でのんびりしている間に、南壁下にいた二人組みが登ってきました。カップルでしたが、関西弁の大きな声で二人でわいわい話をして静かな山の雰囲気を破壊し、他の登山者にお構い無しにすぐ隣でタバコをふかして臭いタバコのにおいで山の空気を汚し、しばらくしたら弥山方面の縦走路へと出発して行きました。彼らがいなくなったあとには吸殻がひとつ地面に落ちていました。吸殻は乾いていたので、おそらくタバコを吸っていた男性が捨てていったものだと思われます。雰囲気も空気も環境も台無しにして去ってゆくとは、恐れ入りました。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2752.jpg
山頂で1時間近くのんびりしたあと、2013年10月に縦走したあの恐ろしい稜線を、もう一度見に行くことにしました。弥山まで行くつもりはなく、前回ガスガスで様子がよくわからなかった核心部分を、晴天の下でじっくりと見てみたいということです。


IMG_2762.jpg
剣ヶ峰からわりとすぐのところで、すでに足元をえぐり取られたようなルートになっていたりして、けっこう緊張します。


IMG_2764.jpg
基本的に細くてやばそうな感じの場所が多く、やはり縦走禁止になるだけのことはあります。


IMG_2765.jpg
いよいよ核心部分に近づきます。南壁側は草つきですが傾斜はかなりきついので、落ちればまず止まらないでしょう。北壁側はもはや断崖絶壁といってもいいぐらいの状態ですが、このあたりはまだ比較的容易に進むことができます。


IMG_2766.jpg
ここから左下から先に伸びている平均台のような土のリッジを渡っていきますが、さすがに緊張します。


IMG_2767.jpg
平均台を渡り終えると、ひとまずホッとできます。


IMG_2768.jpg
その先は、再び切れ落ちた平均台のようなリッジを渡ります。


IMG_2769b.jpg
このリッジを渡り終えると、今度はぼろぼろの石くずが埋めこまれたような小さなピークを2つ乗り越えていくのですが、ここがかなり恐ろしい場所です。おそらくこの2つの小ピークがラクダのコブというわれる場所だと思うのですが、なにしろ看板も道標も何もないので、なんともいえません。下手に確認するためにここを渡ってしまうと、戻ってくるのがまたまた大変なので、縦走路の確認はここまで。


IMG_2770.jpg
剣ヶ峰目指して戻ります。


IMG_2771.jpg
9時30分頃に剣ヶ峰に戻り、写真を撮っていた黄色いモンベルTシャツの男性と少し話をして、10時前に下山開始です。


IMG_2773.jpg
青空をバックに、クガイソウ、シシウド、シモツケソウのコラボです。

IMG_2774.jpg
ユートピアに立ち寄るかどうか迷いましたが、ユートピア方面からそこそこ登山者が登ってきていたので、人が多そうだということで槍尾根を下ることにしました。


IMG_2777.jpg
槍尾根の途中で自撮り。剣ヶ峰を眺めるわたくし。


IMG_2778.jpg
稜線に咲くヤマハハコ。


IMG_2779.jpg
槍ヶ峰の先に烏ヶ山のピーク。


IMG_2788.jpg
イヨフウロも咲いていました。


IMG_2789.jpg
三ノ沢への下り口。ここの傾斜はかなりきついので、草つきの中をゆっくり下ります。


IMG_2790.jpg
ガレに出て、砂すべりよろしく踵からガシガシ下ります。アプローチシューズのキャンプ4ですが、踵部分にがっしりとした補強がついているため、こういう使い方はわりと大丈夫でした。しかし、靴底が薄いため、やはりトレッキングシューズとして使うには力不足感が否めません。やはり、普段使いと登山口までのアプローチシューズ(要するに運転靴)として使うことになりそうです。


IMG_2791.jpg
見上げれば真っ青な空と険しい南壁の姿がいいマッチングです。


IMG_2795.jpg
大堰堤を越えたら、あとはだらだらと下っていくだけです。


IMG_2796.jpg
12:07 槍ヶ峰でだいぶんのんびりと道草を食ったので、駐車場に着いたのはお昼をまわっていました。朝1台しかいなかったのに、けっこうな数の車が止まっています。でも、それほどたくさんの登山者とすれ違った記憶はないので、文殊越えのほうに行った人も多いのかもしれません。


IMG_2797_20150730143520bd1.jpg
帰路、鍵掛峠から南壁がきれいに見えていました。秋と違ってこの時期は鍵掛峠も混雑していません。奥大山スキー場で奥大山の水を汲んで、下道でのんびり帰りました。

おわり。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2015年7月 大山剣ヶ峰 | 14:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV