ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

一眼キラーの高級コンデジ登場: Canon PowerShot G3X

g3x2.jpg

2015年2月のCP+2015というイベントで開発発表されたPowerShot G3Xですが、6月25日に発売されることがキヤノンから18日に発表されました。実は、ひそかに注目していた機種だったので、どのようなスペックで登場してくるのか非常に気になっていました。


<製品概要>
1.0型裏面照射型約2090万画素CMOSセンサー
24mm~600mm相当/F2.8-5.6の光学25倍ズームレンズ
防塵防滴構造
映像エンジンDIGIC6搭載
約162万ドットのマルチタッチパネル
上180度下45度の高精細チルト液晶
AiAF時31点AF枠
約5.9枚/秒の連続撮影
バルブ、星空夜景、星空軌跡、星空インターバル動画など多彩な撮影モード搭載
WiFi対応
動画撮影時に5軸手振れ補正
EOSに準じたユーザーインタフェース
重量約733g(電池/メモリーカード含む)



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




g3x.jpg

g3x4.jpg

g3x3.jpg

このカメラの一番の売りは、1型の大型裏面照射型CMOSセンサーと、24mm~600mmの25倍ズームレンズを搭載していることです。


一般的なコンデジで採用されているセンサーは1/2.3型(5.9×4.4mm)が主流で、高級コンデジでは一回り大きい1/1.7型(7.6×5.7mm)が多く採用されています。キヤノンでいえば、PowerShot Sシリーズなどが1/1.7型です。1型センサーは13.2×8.8mmという大きさで、面積比では1/1.7型の約2.7倍もの受光面積になります。センサーが大きいほど1画素当たりの面積も大きくなり集光効率がよくなるので、高感度、低ノイズ、広ダイナミックレンジになります。そのうえ、裏面照射型にすることでさらに集光効率が高まり、画質の良さはコンデジのレベルを遥かに凌駕することになります。最高ISO感度12800を実現していることもあり、コンデジでは難しかった星空撮影も難なくこなすことができるようになったわけです。


また、24~600mmという高倍率のズームレンズを搭載したことで、広々とした風景の撮影から、野鳥の撮影までこのカメラ1台でこなせてしまいます。画質が劣化しないプログレッシブファインズームを使用すれば、高解像度のまま50倍の1200mm相当の撮影が可能になります。記録サイズをM2まで落とせば、なんと100倍の2400mm相当の撮影ができるのです。単に高倍率のズームであれば、センサーサイズの小さいコンデジでもすでに実現されていますが、明るい昼間ならまだしも、薄暗い森の中や曇りの日などはノイズが多く画質が十分ではないという問題がありました。1型センサーに600mmの望遠ズームを組み合わせることで、この問題をかなり解決できたのではないかと期待されるわけです。


PSS110_IMG_2357.jpg
ちなみに、この写真はPowerShot S110のプログレッシブファインズームの最大望遠480mm相当で撮影した野鳥です。10mもないぐらいの距離ですが、小さな野鳥は480mmであってもこの程度の大きさにしか写せません。野鳥だけを本気で撮影するということなら、一眼レフと大きな望遠レンズを担いでいくというのもありですが、山歩きのついでに野鳥も花も風景も撮影したいということなら、このカメラほど適した機種はないといっても過言ではないかもしれません。


一眼レフなどの大型カメラで600mmの焦点距離を実現しようとすると、キヤノンで考えれば、すくなくともAPS-Cサイズのセンサーを搭載したカメラに300mmの望遠レンズ+1.4Xテレコンバーターという組み合わせになります。Kiss X7とEF300F4の組み合わせでも、総重量は1.8kg近くなってしまいますから、そんなものを首からぶら下げて山道を歩くわけにはいきません。G3Xも総重量が約733gとけっこう重いのですが、Kiss X7とダブルズームレンズの組み合わせよりも軽いわけですから、600mmの焦点距離を考えれば夢のようなカメラです。

唯一の難点が、10万円を越える価格です。同じ1型センサーを搭載するG7Xが5万円台ということを考えるとちょっと高いのではという気もしますが、搭載されたレンズのことを考えると仕方がないのかもしれません。


僕が一眼レフを使ってきたのは、コンデジと比べて圧倒的な画質の差があり、超広角から望遠までレンズ交換によって焦点距離を自由に選ぶことが可能だからですが、星景写真も含めて同等の画質がもっとコンパクトなカメラで実現でき、しかもこれまではあきらめていた超望遠域の撮影も可能であるなら、あえて一眼レフにこだわる必要はなくなります。もっとも、G3Xでは24mm以下の超広角域の撮影はできないので、やっぱりまだ一眼レフをやめるというわけにはいません。600mmはたしかに魅力ですが、撮影の多くは広角側の焦点距離を使う現状では、24mmが広角端というのはやっぱり不十分なのです。それでも、低山の日帰りなどわざわざ一眼レフを持ち出さないような山歩き主体の山行に持ち出すカメラとして使ってみたいと感じます。もしも1型センサーで今度は15mm~100mmぐらいの広角ズームを搭載したG3XWなんて機種が出れば、一眼レフからの卒業を本気で考えてもいいのかもしれません。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 撮影用具 | 18:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV