ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

残雪に思いのほか手こずる: 勝田ヶ山・船上山 その2

2015年4月12日 鳥取県琴浦町 勝田ヶ山・船上山 単独日帰り


残雪に足を踏み入れてみると表面はシャーベット状になっていましたが、ところどころ氷の状態になっている場所もあり、うかつに足を置くとけっこうずるっと滑ります。クランポンを装着するほどのことはないとしても、下山時のことを考えるとちゃんとしたステップを作りながら登ったほうが良さそうなので、一歩ずつ足を蹴り込んでステップを作りながら登りました。


IMG_2249.jpg
トレースはあるにはあるのですが、かろうじてつま先が入る程度の穴があるだけなので、登りは良いとしても下りでは使えそうにありません。このトレースの穴を大きく広げて、下るときに足を置ける程度の大きさに加工しながら進むので、1歩進むのに数秒、時には十数秒かけることになってしまいました。


IMG_2250.jpg
12:01 雪渓をやっと登りきって、予定よりもだいぶん遅れて勝田ヶ山の三角点に着きました。標高は1149.1mです。国土地理院の地形図には勝田ヶ山の山頂位置と標高の記載はなく、この三角点だけが記載されています。実際の山頂は、まだ50mほど登ります。


IMG_2251.jpg
三角点から先は緩い傾斜の森の中を進みます。


IMG_2252.jpg
少し進むとやや斜度のある斜面に雪渓が広がっていました。トレースが不明瞭ですが、とりあえずまっすぐ登って行っているようです。この雪渓は下半分はたいした斜度ではありませんが、上半分はそこそこの斜度があったので、上半分ではそれなりにステップを切りながら登りました。崖地ではないので、少々滑っても命の危険はないでしょうけれど、それなりに擦り傷・切り傷・打撲などを負うことになりそうなので、やはり滑落はしないにこしたことはありません。


IMG_2253.jpg
雪渓を登りきると薮っぽい狭い尾根に出ました。尾根の反対側はけっこう切れ落ちた崖みたいです。登山道はこの尾根上を右に向かって続いています。


IMG_2254.jpg
再び登山道は雪渓に飲み込まれてしまいました。踏み抜きに注意しながら雪渓を進んでいきます。


IMG_2255.jpg
12:18 雪渓から登山道に戻ったところからすぐ先に勝田ヶ山の山頂がありました。11時30分に着くと予定していましたが、思いのほか遅くなってしまいました。勝田ヶ山山頂は登山道の途中がたまたま山頂というような場所で、ピーク的な雰囲気はまったくありません。山頂の表示板も割れて山名表示も見えず、甲ヶ山への通過点としてしか認識されていないかのような、ちょっとさびしい山頂でした。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2256.jpg
勝田ヶ山の山頂からは、尾根続きに甲ヶ山が、その右後に大山が見えます。甲ヶ山までは、雪がなければ30分もかからないでいけそうな距離です。


IMG_2257.jpg
しかし、尾根の上にはけっこう雪が残っているみたいで、この状況だったら40分ぐらいかかりそうです。往復すると1時間強必要になりそうなので、今から出発すると勝田ヶ山に戻ってくるのは13時30分ぐらいと思われます。下山に3時間弱かかるとすると、駐車場に着くのは16時30分。日は長くなっているので暗くなることはありませんが、岡山へ戻るのがかなり遅くなってしまいそうです。雪渓にステップを切るのにけっこう足を使って疲れてしまったこともあって、甲ヶ山はあきらめて勝田ヶ山でゆっくりすることにしました。


IMG_2259.jpg
勝田ヶ山山頂から大山をしげしげと眺めてみると、ここから眺める大山は形がいい上に東壁と北壁がきちんと見えて、なおかつ三鈷峰や野田ヶ山の存在感が控えめで山々のバランスがいいことに気がつきました。槍ヶ峰、天狗ヶ峰、剣ヶ峰、弥山がすべて見えますし、三鈷峰の頂が大山の稜線よりも下にあるので前衛峰らしさを出しつつ主張しすぎないのがいい感じです。


IMG_2180yahazu.jpg
ちなみに、矢筈ヶ山から見る大山は、三鈷峰の存在感が大きすぎて北壁をかなり隠してしまっています。それに大山の稜線よりも三鈷峰が高く見えて邪魔です。野田ヶ山も三鈷峰を大きく隠すようにあって、これまた邪魔です。勝田ヶ山よりも標高が高く、南側にある甲ヶ山からだと、三鈷峰が高く見えずにもっと右に移動して存在感がより小さくなりそうなので、おそらく一番バランスのいい大山が見られるのではないかと期待してしまいます。


IMG_2260.jpg
13:04 昼食のおにぎりを食べ、ゆったりと景色を楽しんでから、下山にかかります。ちなみに、往路では船上神社までに5人と会いましたが、神社から勝田ヶ山までの間では誰とも会いませんでした。


IMG_2261.jpg
稜線に残る雪渓を慎重に下ります。


IMG_2262.jpg
稜線からP1149三角点へ続く斜面の雪渓です。そこそこ斜度があるので、登るときにつくったステップをたどりながら下ります。下りきる直前あたりで、カップルが登ってきました。この日船上山から勝田ヶ山の間で出会った唯一の登山者でした。


IMG_2264.jpg
P1149三角点下の雪渓は一番斜度のある雪渓なので、神経を使いながらゆっくりと下ります。


IMG_2265.jpg
途中で一息つきながら目を上げると、彼方に日本海が見えました。大山方面はどんよりとした曇りですが、北方面は薄日が指していい天気です。


IMG_2267.jpg
13:58 P941三角点まで戻ってきました。予想はしていたものの、下山でもあまり時間短縮できませんでした。ここからはフラットな道が多いのでさらに往路と大差ない時間になるでしょうから、結局下山にも3時間以上費やすことになってしまいそうです。


IMG_2268.jpg
薄日が差し始めた明るい森の中を黙々と歩きます。さすがに疲れも出てきて、単調な景色に少し飽きてきました。


IMG_2277_20150415184256078.jpg
登山道脇にちらほら咲いているスミレの花で気を紛らわします。


IMG_2281.jpg
少し足が痛くなってきた頃、やっと避難小屋に着きました。下山に使おうと思っていた正面登山道の入口が見つからないままここまできてしまったので、往路をそのまま戻ることにします。


IMG_2282.jpg
15:54 東坂登山口に着きました。ここに車があったらもう歩かなくていいのに、もうひと下りしなければいけません。


IMG_2284.jpg

IMG_2283.jpg
茶園原小屋上の登山道を下って行くと、桜が出迎えてくれます。


IMG_2285.jpg
茶園原小屋のすぐそばに水道があったので、ストックの汚れを洗いました。


IMG_2288.jpg
16:13 やっと駐車場にたどり着きました。足は痛いしけっこう疲れました。結局下山にかかった時間は3時間9分でした。

20150322矢筈ヶ山



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2015年4月 勝田ヶ山・船上山 | 19:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV