ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ふぉとログ #8 天使の梯子

photolog008.jpg

2001年9月、初めての北アルプスは槍・穂高の縦走という難関コースをたどりました。2泊以上のテント泊というのも初めてでした。重い荷物にあえぎながら飛騨沢をなんとか登りきり、槍ヶ岳のテント場でホッと一息つくことができました。翌日歩いた槍ヶ岳から北穂高岳までのコースは初心者同然の自分には相当きつかったようで、夕方小屋へたどり着いたときにはテントを張る気力は完全になくなっていて、迷うことなく2食付で小屋泊へ変更しました。仮にも難コースといわれる大キレットを4泊予定のテント泊装備で越えたわけですから、疲れるのも当然です。


翌朝、どんよりとした曇り空が広がっていて、日の出の写真はあきらめつつもテラスへ出て東の空を眺めていました。日の出の時間になっても当然ながら朝日は顔を出しません。それでもテラスでぐずぐずしていると、突然雲間から光芒が差し込んできました。眼下には雲海、頭上には分厚い雨雲。上下を雲にサンドイッチされた隙間のような空間で、何かを探しているかのように光の帯が降りて来る光景は、とても神秘的な雰囲気がありました。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

| ふぉとログ | 11:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV