ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ふぉとログ #4 燧ケ岳遥か

photolog0004.jpg

2000年10月4日、北岳から戻って一週間もたたないうちに、僕は尾瀬にいました。年末には岡山に戻る予定だったので、秋の尾瀬を訪れるのは最後のチャンスだったのです。テント泊で2泊の予定(実際は1泊)で鳩待峠から入山。早朝の尾瀬ヶ原はしっとりとした冷たい空気が充満していました。


草紅葉で赤茶色の絨毯と化した湿原がどこまでも広がり、鏡のように静かな池塘の水面は空を映しこんでシンメトリックな異空間を足元に展開してました。歩いても歩いても続く湿原の広さに驚きつつ、美しい紅葉に彩られた自然の美しさを堪能した山行でした。


このときに撮影した写真は、ふぉとギャラリー「尾瀬」に掲載しています。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

| ふぉとログ | 17:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV