ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

氷瀑をめぐるスノートレッキング: 滝山 その2

2015年2月15日 岡山県奈義町 単独日帰り


IMG_1915.jpg
奥の院滝へと続く登山道は、古いトレースの跡すらない状態でしたが、雪はそれほど深くなく、つぼ足で十分歩くことができました。たまに踏み抜くこともありましたが、おおむね10~15cm埋まるぐらいです。


IMG_1917.jpg
しかし、トレースの跡がまったくないので、本当に登山道をたどっているのかどうか何も確信がないまま進まざるを得ません。分岐から少しの間は、斜面にたいしてややフラットな巾60cmぐらいの登山道らしい部分が続いていましたが、やがてそれもなくなり、ほぼ勘だけを頼りに進むようになりました。


IMG_1919.jpg
GPSを確認すると、とりあえず登山道のラインに沿って移動しているのが確認できるので、どうやら正しいルートを進んでいるようです。


IMG_1920.jpg
分岐から20分ほど歩いたところで、沢のある場所にきました。ここまでは斜面に沿ってトラバースするように歩いてきましたが、この先は沢の中を登って行くことになってしまいます。そのうえ、正面には倒木があり、沢に下りるのも難しそうです。沢の上流、右上手方向に奥の院滝らしい岩とツララが見えています。沢をたどるより、右上の斜面を斜めに登って行くほうが楽そうです。少しもどって取り付きやすそうな場所から右上方面に高巻くように登っていくと、なんとなく登山道らしい雰囲気もあります。どうやら、正しいルートをたどっている感じがしてきました。


IMG_1921.jpg
11:14 時々雲間から日差しが指すようになり、雪が緩んできたのか、少しラッセルが大変になってきました。顔から汗を滴らせながら登っていくと、半ば雪にうずもれるような奥の院滝の道標がありました。分岐からわずか300mぐらいの距離でしたが、30分もかかってやっと奥の院滝にたどり着きました。


IMG_1922.jpg
標高が高いからだと思いますが、お昼近くになって気温も上昇しているというのに、巨大なツララがたくさん岩にへばりつき、まさに氷瀑という状況です。寒波が来たときならもっとすごい状況になっているかもしれません。苦労して登ってきた甲斐がありました。10分ほど氷の滝を眺めて楽しんでから、分岐までもどることにしました。


IMG_1924.jpg
帰りは自分の足跡を忠実にトレースしていけば良いだけなので、ラッセルすることもなく楽チンです。途中でおなかが減ってきたので昼食休憩をとりました。日差しがときどき指すようになったとはいえ、大汗をかいて濡れたままじっと座っていると、さすがに風が吹くと寒さを感じます。菓子パンをひとつ食べて、生姜湯で喉を潤していると、麓のほうで「ドーン」という大きな音がしました。最初ハンターの鉄砲の音かと思いましたが、ライフルなどの小火器なら「パーン」という軽めの音がするでしょうから、低音が響くあの音はもっと大型のもののような気がします。ちょうどお昼前だったので、自衛隊がお昼の合図に空砲か何かをならしたのかもしれません。


IMG_1928.jpg
12:02 登山道の分岐点にもどってきました。滝山山頂まで行くかどうか迷いましたが、奥の院滝へのラッセルでけっこう疲れていたのと、今からだと山頂に着くのが1時過ぎになりそうで、下山の時間を考えるとちょっと遅いかなという感じです。


IMG_1930.jpg
空を見上げると、いつの間にか灰色の雲が一面に広がっていて、天気が悪くなっているようなので、滝山山頂は次の機会に譲って下山することにしました。まだ、雌滝にも行っていないので、その時間も必要です。


ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_1931.jpg
12:15 滝神社まで下りてきました。雄滝を見ると、朝よりもツララの数が減っているような気がします。


IMG_1932.jpg
雌滝へは、滝神社のすぐ下から道が分岐しています。奥の院滝とは反対方向へ向かいます。昔来たときの記憶では、雌滝まではほんの数分で行けたはずです。


IMG_1933.jpg
歩き出してすぐ、ルートを倒木がふさいでいました。幸い下にそれなりの空間があったので、よつんばいでくぐりぬけます。


IMG_1934.jpg
倒木から2分ほど行くと、展望場所と書かれた道標と、雪に埋もれたベンチが多数設置してありました。


IMG_1942.jpg
あいにくの天気なのであまりいい展望は得られません。那岐池などの貯水池の水面が銀白色に輝いていました。



IMG_1937.jpg
展望場所のすぐ先が雌滝です。少しカーブした弓形の岩壁にたくさんのツララがぶら下がっていました。


IMG_1941.jpg
岩壁の中ほどから水が流れ落ちていて、その下は雪が解けて滝つぼのようになっています。この滝は滝口から岩壁に当たることなく落ちていて、いわゆる裏見の滝になっているそうです。スローシャッターで滝の流れを白布のように映しこめばよかったのですが、そんなことはすっかり忘れていました。次に来たときにはじっくりと撮影したいと思います。


IMG_1943.jpg
雌滝の撮影を終えて下山開始です。雌滝に行く前にはついていなかった下山する足跡がついており、ジムニーで来ていた先行者が先に下山したようです。


IMG_1944.jpg
12:57 駐車場に戻ってきました。ジムニーの姿はすでにありません。だだっぴろい駐車場には自分の車がぽつんと停まっていました。日曜日だというのになんて静かな山なんでしょう。となりの那岐山はきっと混雑しているに違いありません。3つの氷瀑をめぐる静かなスノートレッキングを満喫できて満足でした。

20150215takiyama.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2015年2月 滝山 | 16:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV