ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

筋かいぶった切り!? 恐怖のリフォーム

IMG_8158.jpg
先日書いた耐震改修工事をしている二軒のうちの一軒が、本日やっと解体作業に取り掛かることができました。で、耐震補強を行う部分の外壁を壊してみてびっくり。 なんと、筋かいを途中でぶった切って換気扇を取り付けていました。


こうなると、当然筋かいは機能しませんから、耐震性能は大幅に低下します。まあ、今回補強するのでもっと強くなるのですが、昔の人はほんと無茶なリフォームをするものです。もっとも、こちらのお宅はまだいいほうで、築50年になる家ですが、コンクリートの基礎もちゃんとしているし、土台がアンカーボルトでしっかりと基礎に留まっているし、筋かいや火打ち土台、火打ち梁もあって、けっこうしっかり作られてます。


ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_6461.jpg
もう一軒のほうは、外から見るとコンクリート基礎があるように見えます。


IMG_7992.jpg
しかし、床をとって内側から確認してみると、なんと地面まで土壁。外壁は、土壁の上にモルタルで基礎があるように仕上げていただけだったのです。さらに、屋内側の土台下に基礎はなく、束のかわりに板切れやブロックが使われていたりして、コンクリート基礎が普及する前の時代に建てられた家そのもの。築80年になるという家なので、しょうがないのでしょうか。


本音を言えば、立て直したほうがいいと思いますが、今回は耐震診断に基づいた補強工事ということなので、計画通りの補強を行います。古い家はリフォームをする前に、床下や屋根裏をしっかり調べておくほうがいいです。よく、天井裏や床下の点検口がない家がありますが、それを作るのがまず先決ですね。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 時事ネタ・ニュース | 19:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV