FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山岳ドクター

霧の旅立ち
***写真は記事内容とは関係ありません***

 下野新聞の記事によると、登山中の傷病者を治療する専門医「山岳ドクター」の養成が全国的に進められているそうです。救助現場に医師が同行し現場で治療を行うことで、重症化の防止や救命率の向上が期待できるということだそうです。ドクターヘリの山岳版というところでしょうか。

 北アルプスの主だった山小屋には、各大学の医学部がボランティアの診療所を設置していますが、開設期間は山小屋の営業期間よりも短いですし、遭難現場で適切な救命処置ができれば助かる確率も上がるでしょうから、登山者にとっては大変ありがたいことです。

 ただ、都会の病院でも勤務医の過酷な勤務実態が問題になっていますが、ただでさえ厳しい山岳救助の現場でどのように医師を処遇していくのかが問題です。医師の責任感と正義感に頼った運営ではすぐに破綻してしまいかねません。

 お医者さんが救助現場に来てくれることは大いなる安心感につながりますが、登山者もそれに甘えず自分の身は自分で守るということを大前提とした慎重で安全な登山を行うことが大切ですね。

記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



| ヤマネタ・ニュース | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/65-2e3267ba

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV