ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

黒川紀章建築都市設計事務所が民事再生

著名な建築家である黒川紀章氏が設立した黒川紀章建築都市設計事務所が民事再生法の適用を申請したというニュースをYahooで見つけ、かなりびっくりです。規模やレベルはまったく比べるべくもありませんが、同じ設計事務所をやっているものとしては、衆議院議員選挙なんかよりもずっとインパクトのあるニュースでした。


黒川紀章氏は、建築界のノーベル賞といわれるフランス建築アカデミーゴールドメダルの受賞をはじめ数多くの受賞歴があり、日本を代表する建築家です。残念なことに2007年に他界されていますが、まさか彼が設立した設計事務所が倒産するなんて想像だにしていませんでした。





黒川氏の設計した建築物で有名なのは、東京都中央区銀座にある中銀カプセルタワービル(なかぎんカプセルタワービル)や、国立文楽劇場、国立新美術館などがありますが、なかでも国立新美術館は波打つようなガラス曲面の外壁や、内部にある空中レストランが印象的でした。六本木プリンスホテルの中庭温水プールを取り囲むうねるような外壁のデザインも、鮮明に記憶に残っています。


民事再生法適用の理由は、受注の減少に加えて設計料の回収不良が重なったためだということのようですが、基本的に運転資金があまり必要ない設計事務所でも、規模が大きくなり固定費や人件費、経費が多くなるとそういうこともあるんですねえ。ウチの事務所なんて、自宅の一室だし、人も雇っていないので、経費なんてほとんどかかりません。まあ、意匠設計は個人の才能や感性に負うところが大きいでしょうから、言ってみればタレント業のようなもの。なので、著名な建築家のいない建築設計事務所が受注を維持するのは難しいのかもしれません。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 時事ネタ・ニュース | 18:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV