FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

フォトギャラリー: 雲ノ平 夏1

最後の秘境と言われている雲ノ平とその周辺部で撮影した写真のギャラリーです。
掲載している写真は、2004年7月と8月に撮影したものです。
サムネイル写真をクリックすると大きな写真が表示されます。


夏の雲ノ平01
雲ノ平・祖母岳のアルプス庭園から水晶岳を撮影しました。広々とした空と台地の広がる雲ノ平らしい光景を見られる場所です。登山道から分岐しているので、あまり訪れる人がいないようですが、天気のいい日にはぜひ立ち寄ってほしい場所です。


夏の雲ノ平02
夏の雲ノ平は大きな積乱雲がむくむくと湧き上がる光景がよく見られます。雲ノ平は雲ノ王国でもあるのです。


夏の雲ノ平03
スイス庭園に立つと眼前に水晶岳が立ちはだかるようにそびえています。真っ青な空と大きな雲が夏を実感させてくれます。


夏の雲ノ平04
アラスカ庭園から雲ノ平山荘に向かう途中にあった枯れ木です。下から見上げると白龍が空に飛び立とうとしている姿に見えました。


夏の雲ノ平05
雲ノ平から1時間半ほど下ったところにある高天原湿原です。年によってニッコウキスゲやコバイケイソウの当たり年があるようですが、2004年はコバイケイソウの当たり年だったようです。


夏の雲ノ平06
太郎平から夜明け前の星空を撮影しました。


夏の雲ノ平07
雲ノ平山荘前から明け方の水晶岳方面を写したものです。稜線近くの雲が赤く焼けて水晶岳が燃え上がっているようにも見えます。


夏の雲ノ平08
上の写真と前後して撮影したものです。どちらが先だったのか忘れてしまいましたが、透明な青い空に切れるような三日月の姿が印象的でした。


夏の雲ノ平09
スイス庭園の残雪越しに朝の薬師岳を撮影しました。7月の中旬頃まではたくさんの残雪があちらこちらに残っています。


夏の雲ノ平10
雲ノ平から高天原に向かう登山道の途中から見た、山荘と黒部五郎岳です。2010年に新しく建てかえられた雲ノ平山荘ですが、基本的なデザインはこの旧山荘のイメージを残しています。


夏の雲ノ平11
テント場から黒部五郎岳を背景にチングルマのお花畑を撮影しました。


夏の雲ノ平12
富山湾上空にたまった雲が稜線を越えて黒部渓谷に流れ込む様子が見られました。ダイナミックな滝雲はいつまでも見飽きることがありません。


夏の雲ノ平13
黒部川の小さな滝では、力いっぱい飛び跳ねながら遡上する岩魚の姿を見ることができます。


夏の雲ノ平14
朝焼けを期待して夜明け前に祖父岳山頂に登ると、見事な朝焼けが水晶岳上空に広がりました。


夏の雲ノ平15
祖父岳山頂に立ち並ぶケルンをシルエットにして、燃え上がる朝焼けの空を撮影しました。


いい写真だねと思ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



| 雲ノ平 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/64-7f465e04

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV