ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 早月小屋

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

●早月小屋
清潔度:5
快適度:4
ホスピタリティ:3
施設充実度:3
食事のうまさ:-
ロケーション:3
総合評価:3.6


IMG_1629.jpg
早月小屋は、馬場島から剱岳への登山路である早月尾根にある唯一の小屋です。標高約2200mの尾根上にあり、剱岳山頂まで約3時間のところにあります。


IMG_1642_201410101638185df.jpg
小屋前には広い広場があり、登山者が休憩等に利用できるベンチとテーブルも置かれています。西側は富山市街が一望でき、運がよければ雲海と夕日を見ることができます。


IMG_1615.jpg
また、小窓尾根の岩峰が目の前に眺められ、その迫力はなかなかです。あいにく、剱岳本峰は早月尾根に隠れてほとんど見えません。


IMG_1628_201410281907107b3.jpg
小屋は木造の総2階建てになっていて、玄関を入って左手に受付兼売店、右側にストックルーム兼乾燥室があります。この小屋は近くに水場がなく、天水利用のため、水は売店でペットボトルのミネラルウォーターを購入します。0.5リットルが400円、2リットルが900円と結構高額です。小屋裏に大きな天水用のタンクが設置してあったので、余裕のある場合は1リットル300円ぐらいで売ってくれてもよさそうなものですが、なぜかペットボトルの水しか売っていません。ちなみに、カップヌードル500円、0.35リットルのビールが600円、0.5リットルのコーラが400円と、他の山小屋と比べて基本的に物販は高いです。


1階には食堂、談話室、トイレがあり、客室は2階です。


ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1624.jpg
談話室は6畳ほどの広さで、テレビとDVDプレーヤーがあり、おいてあるDVDは自由に観ていいようです。山の雑誌などもおいてありました。朝にはポットに入ったお茶が用意されていて、自由に飲んでもいいようです。


IMG_1625.jpg
トイレの入口前には流しがありますが、水道は設置されておらず、歯磨きなどは自分の水を使わなければなりません。トイレのあとの手洗い用に、アルコール消毒のスプレーが設置されていて、手をかざせば自動的にアルコールが噴霧されます。水がないかわりにアルコールで消毒するという方式にしているようです。


IMG_1627.jpg
男女共用のトイレのドアを入ると、左手に男性小便器、正面に個室が2つ。


IMG_1626.jpg
個室はどちらも洋式便器となっており、疲れた足腰には助かります。数が少ないので、混雑している日の朝は大変なことになりそうです。外のテント場に屋外トイレがあり、そちらのほうは個室が3つあるので、混んでいる場合はそちらをつかうという手もあります。ただし、和式便器でペーパーと手洗い場はありません。


IMG_1622.jpg
階段を上がったところにあるホールには、ストーブが設置されていて、その周囲に敷かれているブルーシートに荷物を置くようになっています。廊下の奥にも同様の荷物置き場があり、室内への荷物持ち込みは禁止となっています。


IMG_1623_201410281905345f9.jpg
階段ホールには、小説や漫画がならんだ本棚があり、そこそこの種類と数がありました。山関係では、漫画の「孤高の人」が7巻ぐらいまでありました。


IMG_1621.jpg
僕が利用したのは廊下の奥にある12畳の大部屋で、その日はほぼすべての宿泊者がこの部屋に通され、部屋の出入り口まえまで布団が敷かれたため、出入りがちょっと面倒でした。双六小屋などであれば、空いていれば4人部屋をひとりで使わせてくれたりしましたが、ここはとりあえず定員になるまで同じ部屋に詰め込む方針のようです。もう少しゆったりめに使わせてくれてもいいのではないかという気がします。


食堂には入っていないのでどういう状態かわかりません。自炊の場合は、基本的には外のベンチとテーブルでということですが、天気が悪ければ乾燥室を使ってくださいということでした。夕方は天気がよかったので外で作りましたが、朝はさすがに寒かったので、乾燥室を利用しました。


小屋自体は清潔に保たれており、漫画などもあって小屋内で退屈してしまうということはありませんが、水に不自由するということがややネックです。早月尾根の途中にあるということで、剱岳に登るか下山するという選択肢しかないので、撮影山行のベースにしてあちこち出かけるということはできません。剱岳を撮影するにしても、けっこう早月尾根に邪魔されてしまい、ロケーション的にも恵まれているわけではありません。なので、撮影山行のベースにするには不向きです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 19:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV