ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

防水グローブ: SEIRUS(セイラス)エクストリームオールウェザーグローブ

09181720_5239625f2e4a4.jpg

登山用品店で売られている防水グローブの中には、実際に雨の中で使用すると水がしみてくるものもけっこうあるみたいです。そういうわけで、防水グローブを購入するにあたってネットで詳しく調べてみたのですが、このセイラス エクストリームオールウェザーグローブの評判が良かったので購入しました。購入時の価格はたしか6千円を切るぐらいだったと思います。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




15120-0.jpg
生地は目の細かい柔らかいもので、触った感じはジャージの生地みたいです。完全防水で透湿といううたい文句のとおり、実際に使ってみると確かにそのとおりでした。(この写真と最初の写真は、発売元のスター商事さんのHPから拝借したものです。)


IMG_1361.jpg
8月の剱岳で雨が降る中で下山するときに使用しましたが、表面の生地は多少水を含むものの、中まで浸みてくることはありませんでした。また、かなり風が強く、このグローブを着用する前につけていた防水ではないグローブでは、手がかじかんでやばい状態でしたが、エクストリームオールウェザーグローブに変えてからは全然冷たさは感じませんでした。防風性能や防寒性能もなかなかの優れものです。下山して気温が高くなっても、蒸れた感じはしませんでした。


P1040325.jpg
生地が少し厚めですが、柔らかく手のひらに滑り止め加工もされているので、鎖や鉄梯子の通過でも特に困ることはありませんでした。内側は起毛された生地になっていますが、メッシュのようなインナーはついていないので、多少手が濡れた状態でも着脱が可能です。ただし、乾いた状態に比べるとすこし入れにくい感じはあります。余談ですが、インナーにメッシュが使われている手袋は着脱時に引っかかったりしてめんどくさいので、お勧めしません。手首にベルトがないので、手首から水が伝って中に入る可能性はないとはいえませんが、手首部分はネオプレンゴムになっていてそこそこフィット感もあり、また長さもわりとあるので、雨天時はレインウェアの袖の中に入れてしまえば問題なさそうです。


価格的にはやや高いものの、防水、透湿、防風、防寒などの性能を兼ね備えたグローブなので、価格にみあう価値はあると思います。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 12:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV