ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

伸縮式より使いやすいストック: LEKI マイクロバリオタイタニウム

マイクロバリオタイタニウム
好日山荘岡山駅前店のオープンセールで購入した三段折りたたみ式のストック 「LEKI マイクロバリオタイタニウム」を大山ユートピアへの山行で使ってみました。


ペアで約568g、1本が約284gという重さです。今まで使っていたブラックダイヤモンドのトレイルコンパクトがペアで488gということですから、じつはマイクロバリオタイタニウムのほうが重いのですが、使ってみた感じはこちらのほうが軽く感じました。その理由は、おそらく重量バランスの問題だと思われます。


トレイルコンパクトは、フリックロックシステムというレバーで締め付け固定するタイプで、それがグリップ部分から下方の離れた場所に2箇所あるわけです。この重量が重心位置を下方に偏移させ、ストックを操作するときに重いと感じさせているのではないかと考えられます。


マイクロバリオタイタニウムはグリップから下にはストックの本体しかないため、重心はグリップに近いところにあり、ストック操作において余計な慣性力が働きにくいようです。そのため、ストックを前後に振るような操作をするときに、手首にかかる負荷が小さくなり、感覚的に軽いと感じられるのではないかと思います。また、グリップから下にでっぱりがないので、草や枝に引っかかりにくいというのもメリットです。


剛性感はマイクロバリオタイタニウムのほうが若干あるように感じましたが、これはあくまでも感覚なので人によっては違うかもしれません。トレイルコンパクトは強い力を加えると少ししなる感じがありますが、マイクロバリオタイタニウムはしなり感はほとんど感じませんでした。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_1306.jpg
三段折りたたみ式ストックについては、構造的にテントのポールと同じ仕組みになっているわけですが、それゆえなんとなく抜けやすいような先入観がありましたが、実際に使ってみるとまったくそんなことはなく、ただの杞憂であったことが理解できました。想像以上にしっかりと固定されて、抜けるなんてことはもちろん、ぐらついたりがたついたりということは皆無でした。


P1040266.jpg
なにより感心したのが、その組み立て手順の簡単さです。まず、グリップを持って下にたらした状態にします。このとき、グリップ下にあるロックレバーを開放しておきます。


P1040265.jpg
次に、グリップ下の伸縮部分を持って下方に伸ばしていけば、自動的にストックが結合されます。伸縮部分をさらに伸ばして、銀色の突起が出たらロック完了です。グリップ長さ調整部分で好みの長さにセットしたら、ロックレバーを閉めておしまいです。


トレイルコンパクトだと、2箇所のロックレバーを開放し、下側と上側の伸縮部分2箇所を伸ばして長さを調節し、再び2箇所のレバーをロックしなければならず、操作手順がどうしても多くなり、面倒な感じがあります。とくに、上りと下りでストックの長さを変更したくなったとき、やはり片方につき2箇所づつ調整しなければいけないのが面倒です。その点、マイクロバリオタイタニウムは1箇所の調整で長さを変えられるので手間がかかりません。


P1040262.jpg
また、グリップトップの形状も優秀です。トレイルコンパクトに比べて前方に大きく突き出した長楕円形になっていて、下りのときに上から手のひらで包み込むようにつかんだときにとてもつかみやすく、ストックの操作もやりやすい形状です。


P1040264.jpg
中指と人差し指をグリップトップの突き出した部分にかけてやり、ちょっと指に力を入れれば、てこの原理でストックを簡単に前に振ることができます。力を緩めれば自然に戻ってくるわけで、わざわざ手首を使ってストックを操作する必要がありません。グリップトップが大きいので安定感もあり、トレイルコンパクトの時にはときどき手からすっぽ抜けてひやりとしたことがありましたが、そういうことはまったくありませんでした。


ただ、ひとつだけデメリットがあります。三分割した状態では、長さが30cmほどになり、また3本を束ねた状態になるので、オスプレーのバックパックについているストックの一時的収納機能であるストウオンザゴーが使いにくいのです。もっとも、長さが足りなくて上下のループに届かないというわけではないので、使えないというわけではないのがせめてもの救いです。


というわけで、多少の欠点はあるものの、操作感や使いやすいなどかなり満足のいくストックでした。高いだけのことはあったといえそうです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

| ギア | 14:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/581-200c49f5

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV