ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

夏の車中泊に必携: ウィンドーネット

ほんの少し前まで寒いと感じることも多かったのに、いまではすっかり「暑い」と思うことばかりです。こうなるとうっとおしいのが虫! 特に山でまとわりつかれるブヨやアブなどの吸血性の虫どもはもちろん、眠っているときに耳元に飛んでくる蚊の羽音の忌々しさといったら、眠気も吹き飛ぶほど!


車中泊でうかつに窓を開けたりしようものなら蚊の餌食になること間違いなしということで、どうしても窓は閉めて寝ざるを得ませんが、真夏にそんなことをしたら暑くて眠れません。そうすると、エアコンをかけることになり、無駄なガソリンを消費してしまううえに環境にもよくありません。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



windownet.jpg
夏の車中泊で欠かせないアイテムのひとつがこの、ウィンドーネットです。窓にかぶせる袋状のネットですが、これをかぶせておけば網戸を取り付けたようなものですから、虫の侵入を心配する必要はありません。ドアにかぶせるだけなので、装着も簡単だし、内側と外側で二重のネットになりますから、万が一どちらかに穴が開いても使えなくなるということがないのも助かります。


P1030846.jpg
ウィンドーネットのことは以前から知っていましたが、当時乗っていたレガシーは窓枠がないサッシュレスドアだったので、ウィンドーネットを使うことができませんでした。なので、今度買い換えるときは絶対に窓枠のある車にしようと思っていたのでした。N Box+に買い換えて、ようやくウィンドーネットを使うことができるようになり、夏の車中泊が快適に過ごせるようになりました。


ウィンドーネットには、フロントドア用、リアドア用、スライドドア用、バックドア用の4種類があり、オートキャンプなどする場合はバックドア用があれば便利かもしれません。


使用した感想は、ネットが二重になっているので風通しがいいというほどではないにしても、窓を閉め切って寝るのに比べれば断然快適です。いまのところフロントドア用の左右しか使っていませんが、標高の低いところで車中泊する場合は、リアドア用もほしいと思います。ネットが二重になっているので、意外と遮光性があり、夜になると外から車中の様子を見ることはまずできません。その意味では、スモークガラスにしているのと同等のプライバシーは確保できます。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村











関連記事
スポンサーサイト

| N BOX+ | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/575-993afa10

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV