ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

雪の立山大縦走 番外編

2014年5月3日~4日 富山県上市町および射水市

1日目(5月3日)富山市~射水市

予定より一日早く下山してしまい、このまま帰るのももったいないということで、山に登らないまでも少し休暇を楽しんで帰ることにしました。ひとまず、温泉につかってゆっくりして、富山名物のうまいものを食べて、道の駅で車中泊してから、翌日の朝は昨年と同じく雨晴海岸で撮影でもして帰ることにしました。


立山駅から一般道をまっすぐ北上して国道8号線に出て、富山にきたらよく立ち寄っている温泉 越の湯富山店で疲れと汗を流しました。ここはスーパー銭湯であって温泉というけではありませんが、ゆっくりできてきれいだし、なにより国道8号のすぐそばであり、富山市街地にも近いという利便性が魅力です。入浴料も590円とそこそこリーズナブルです。まだ時間が早かったため、わりと空いていたのもよかったです。


ゆっくりとお風呂を楽しんでから、とりあえず車中泊予定の道の駅 カモンパーク新湊へ向けて車を走らせていましたが、途中で気が変わってUターン。富山名物白えび天丼を食べに行くことにしました。道の駅のレストランでも食べられるようですが、道の駅のレストランに独りで入るのもなんとなく気が引けるので、富山駅前にある白えび亭というわりと有名なお店に行ってみることにしました。ここはいわゆる大衆食堂のようなお店らしいので、ひとりでもカウンター席で気兼ねなく食べられるだろうと考えたわけです。


ところが、行ってみると、夕方だったこともあってなんと1時間待ちだとか。持ち帰りだったらすぐできるとのことだったので、持ち帰りにしてもらいました。車に持って帰る途中で、ついでに富山ブラックという名物ラーメンを食べてみたくなりました。そういえば、以前コンビニで富山ブラックのカップめんを見た記憶があります。駐車場からすぐのローソンによってみると、富山ブラックのカップめんがあったので、お湯をもらってコンビニの駐車場で富山名物の晩餐となりました。


IMG_1245.jpg

IMG_1246.jpg
お店で白えび天丼を食べていたらこうはいかなかったので、結果的に持ち帰りにしたのは正解でした。どちらもおいしかったです。富山ブラックは「辛い」と注意書きが書かれていましたが、それほどでもありませんでした。


お腹もふくれたので、カモンパーク新湊へと車を走らせ、19時30分ごろ到着したのですが、けっこう車でいっぱいです。連休後半なので車中泊の車も多いみたいです。建物に近い場所にうまく停められたので、その日はさっさと眠りにつきました。


2日目(5月4日)氷見市雨晴海岸と上市町馬場島

翌朝、日の出前に起きて雨晴海岸へと車を走らせます。連休中の日曜日だというのに誰もいない海岸でカメラをかまえて朝日を待ちます。日の出の時間が近づくにつれて撮影に訪れる人も増え、結局20人ぐらいが三脚を並べるいつもの状況になりました。


IMG_6989.jpg
日の出前のこのグラデーションは最高です。


IMG_7066.jpg
日の出直後はだるま太陽にもなりました。美しい朝日が昇ってきました。立山連峰のシルエットを絡めたかったのですが、日の出の方角がかなり北によっていたので、このアングルでは無理でした。もっと引きで撮らないと入りません。


撮影を終えて、そのまま帰るのももったいないということで、剱岳早月尾根ルートの登山口である馬場島に行ってみることにしました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




LR_IMG_7267.jpg
剱岳の展望がいいという中山に登ってみるというプランも考えながら狭い道を登っていくと、早月川にかかる橋から剱岳のすばらしい展望が!


LR_IMG_7207.jpg
橋を渡ったところにある駐車スペースに車を停めて、橋の上からしばし撮影タイム。川辺になにかいるなと思ってよく見るとニホンカモシカでした。中国地方にはなぜか生息していないニホンカモシカを生で見るのは、以前万座スキー場でみていらい二度目です。

IMG_6748.jpg
せっかくのチャンスなので、しばらくニホンカモシカを追ってみました。


IMG_6868.jpg
GW前に買ったばかりの2倍のテレコンバーターがさっそく役に立ちました。正直、無駄な買い物だったかなあと少し後悔していたのでした。なにしろ、手のひらに乗っかるようなものなのに4万円ですから。


IMG_7274.jpg
かれこれ2時間半も撮影に時間を使ってしまい、引き上げたときには10時半になっていました。ようやく車を走らせ始めたのもつかの間、すぐに花を咲かせた桜の木が目に飛び込んできたので、ふたたび車を停めて撮影タイム。剱岳と桜のコラボレーション。この時期に桜が咲いているとは、想定外でした。


11時を回ったところで撮影を終えて、再び馬場島を目指します。今度は途中でよりみちすることなく馬場島に到着。車を停めて、歩いて馬場島を散策します。テントサイトは広々としていて、とても気持ちがよさそうです。トイレもあるし水道もあるしいうことなし。もっとも、上水道かどうかはわかりません。早月尾根の登山口も確認し、今年の夏はここから剱を目指してみようかという想いがふつふつと・・・


少し下ったところにある中山の登山口に移動して、登るかどうか思案していましたが、すっかり曇り空となってしまい、しかもわりと暗い感じの曇り空ということもあって登るのはやめにしました。時間も12時を回っているので、下りてくるころには夕方近くになってしまいそうです。これから長時間運転して岡山まで帰らないといけないので、その前にへとへとになってしまっては居眠り運転になりかねません。思案している横を通って中山に入山していく人が2~3人いたのでたいして時間はかからないのでしょうけど、今回は下見ということで。


IMG_7286.jpg
中山登山口から少し下ったところで、若葉と剱岳の組み合わせがきれいだったので少しだけ時間をとって撮影しました。


LR_IMG_7555-2.jpg

IMG_7628.jpg
上市まで下りてきたところで、剱岳と田園風景の写真を撮ったりしながら移動して、昨日と同じ行動パターンで越の湯と新湊の道の駅に立ち寄って、さらに雨晴海岸へ。


LR_IMG_7680.jpg
一瞬でも太陽が顔を出して、立山連峰が浮かび上がることをかすかに期待していましたが、残念ながら願いはかなわず。19時前に家路についたのでした。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2014年4月 立山 | 00:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

metabobear@yahooさん

コメントありがとうございます。

アルプスのどちらの山に登られるのかわかりませんが、この時期はまだ残雪も多く残っていますし、山頂付近はかなり寒くなることもあります。6本爪以上のクランポン(アイゼン)とダウンジャケットなどの防寒着をくれぐれも忘れないようにしてください。地図とコンパス、雨具も忘れずに。安全で楽しい山行になりますように。

| ヤマふぉと | 2014/06/02 12:38 | URL |

写真素晴らしいですね!

僕も岡山在住で先月黒部ダムと氷見市に行ってきました。
朝日を見たのですがやはり靄がかかっていて立山連邦は見えませんでした…。

中央道を通ってアルプスを見て刺激されて今月上る予定です♪

| metabobear@yahoo | 2014/06/01 21:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/570-557e68fe

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV