ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

スタッドレス取り外しで冬の終わり

P1040207.jpg
本日スタッドレスタイヤをノーマルタイヤに交換しました。スタッドレスタイヤをはずすと、冬が終わったなあと実感します。


スタッドレスを交換するついでに、タイヤの磨耗度のチェックと購入後ちょうど1年を経て走行距離が2万kmを越えているN Box+の足回りの確認をしてみました。


P1040221.jpg
昨年秋に新規に購入し、11月に装着してから約4ヶ月を経過したグッドイヤーのスタッドレスタイヤですが、やはり駆動輪であり操舵輪でもある前輪につけていたタイヤのほうが磨耗度合いは大きいです。とはいえ、スタッドレスタイヤとしての寿命を示すスリップマーク部分はまだ使える状態なので、すくなくとももう1シーズンは使えるでしょう。とすると、前輪側で2シーズン、後輪側で2シーズン、合計4シーズンは使えると考えてもよさそうです。今まで使ってきたピレリにしてもブリジストンにしてもおおむね4シーズンで交換していたので、まあ妥当な性能だと思われます。


P1040219.jpg
タイヤとしての寿命をしめす三角マークのスリップマーク部分では溝はまだ十分あるので、スタッドレスとして寿命が終わればそのまま夏タイヤとして秋まで使い、新しいスタッドレスに交換すればいいわけです。


P1040217.jpg
ノーマルタイヤのほうも同様で、前輪につけていたタイヤのほうが減りが早いのですが、まだスリップマークがでているわけではないので、当分問題なさそうです。


P1040218.jpg
ノーマルタイヤの後輪につけていたほうは、まだブロックのエッジもしっかりしていてきれいなものでした。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



P1040211.jpg
タイヤをはずしたときに、サスペンションなどの状況を確認してみました。こちらは後輪側。サスペンションを構成するパーツにはこれといって気になるようなことはありませんでしたが、タイヤを取り付けるハブの部分がまるまる錆びているのがなんだか残念です。レガシーでは足回りのパーツで錆びていたものはなかったのになあ・・・ これが軽自動車ゆえのコスト削減の影響なんでしょうか。それとも、ホンダの手抜き?


P1040209.jpg
前輪側は、昨年事故でパーツをごっそり取り替えた右前輪のほうは比較的きれいでした。


P1040213.jpg
しかし、左前輪のほうはサスペンションとハブをつないでいるL字型のパーツと、操舵用アームの先端部分が錆で茶色くなっています。このあたりのパーツを防錆処理するのにそんなにコストがかかるんでしょうか。錆びたからといって強度がすぐ落ちるということではないとはいえ、もう少しなんとかしてほしいところです。


この他、右側リアドアが開閉時に軋み音を出すようになっていたので、下側アームの可動部分にCRCを吹き付けたら静かになりました。それ以外はこれといって問題はありません。


P1040223.jpg
アルミホイールだったスタッドレスから、ホイールキャップのノーマルタイヤになると、さっぱりとおとなしい雰囲気になってしまいました。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| N BOX+ | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/543-65fa524e

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV