ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 長衛小屋

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要



●長衛小屋
清潔度:5
快適度:5
ホスピタリティ:5
施設充実度:4
食事のうまさ:-
ロケーション:3
総合評価:4.2


IMG_0750.jpg
南アルプス北沢峠にある北沢駒仙小屋が長衛小屋と改名され、2013年に建て替えられたばかりの新しい小屋です。宿泊したのは2014年1月2日の夜で、年末年始は素泊まり専用となっているようです。なので、食事はとっていませんし、食堂も見ることはできませんでした。


入口を入ると、正面に売店を兼ねた受付があり、右手に食堂、左手にテント泊申込書を書くためのカウンターがあり、カウンターの後に談話室があります。このカウンター上にデジタルフォトフレームを利用した天気予報の画像が流されています。


IMG_0747.jpg
談話室には薪ストーブが設置されていて暖まれるし、漫画や雑誌が並んだ本棚もあります。その奥には乾燥室があり、そこにも専用の大きなストーブが設置されていました。


宿泊した日は、午後3時ごろチェックインしましたが、その時点では宿泊者は僕だけでした。にもかかわらず、乾燥室に乾かしたいジャケットなどを持っていくとすぐにストーブに火を入れてくれたり、2階の宿泊場所のストーブにも火を入れてくれるなど、サービス満点でした。乾燥室に靴を入れるのは禁止している山小屋が多いのですが、「靴は持ち込まないほうがいいですか?」と聞いたところ、快く許可してくれました。まあ、宿泊者が少なく積雪期だったから特別ということかもしれません。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0749.jpg
この小屋のいいところは、コインシャワーがあることです。1回500円が必要ですが、山でシャワーが使えるのはありがたいことです。お正月のこのときも使用不可の表示は出ていなかったので、もしかしたら使えたのかもしれません。


自炊は談話室でいいとのことで、薪ストーブのある暖かい場所でゆったりと食事ができました。ストーブの上にかかっているヤカンに入っているお湯も自由に使っていいとのことだったので、大変助かりました。朝はポットに入ったお湯がテーブルに用意されているなど、たいへんホスピタリティの優れた山小屋です。ご主人はどちらかというと無口な感じの方ですが、気遣いの細やかな優しい方でした。ただ、談話室で自炊していいというのは積雪期だけのことだと思います。積雪期は素泊まりのみとなっているので食堂は閉鎖されていますし、宿泊客も少ないので談話室を開放しているのだと思います。無雪期の場合は、どこで自炊をするのかはわかりません。たぶん、外なんだろうなあという感じですが。


屋内にも当然トイレはありますが、積雪期は使用できないとのことで、宿泊者もテント泊者と同じ屋外のトイレを利用します。小屋の入口から雪のない軒下を通ってトイレまで行けるので、小屋に備え付けのサンダルで行けるところがいいところです。


IMG_0745.jpg
宿泊場所は小屋の2階になっていて、中央の廊下を挟んで上下にカイコ棚になっています。しかし、畳敷きだし、奥行きも十分あって快適です。


IMG_0746.jpg
上段へは梯子ではなく階段が数箇所設置されているので、上り下りも楽チンです。布団は、敷き布団、掛け布団、毛布が各1枚なので、明け方近くなってくるとさすがに寒かったです。なので、積雪期はダウンパンツとダウンジャケットは必携です。


ロケーション的には、北沢峠から10分ほど歩かなければならないことと、谷間にあり展望がないこと、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳とも登頂するのに数時間かかることなどから、撮影基地としてはあまり向いていません。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/518-da1fc2b9

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV