ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

X'masプレゼントはクライミングギアとスノーシュー

夏に父親の葬儀で久しぶりに滋賀に住んでいる兄貴が帰ってきたときに、僕の部屋にある山道具をみて登山やるのかという話になりました。で、兄貴も以前山岳会に入っていて、クライミングなんかも少しやってみたが、結局あまり好きになれなかったらしくて数回練習に出ただけでやらなくなってしまったうえに、山岳会も辞めてしまったという話を聞きました。僕はクライミングはやらないし、今後もたぶんやらないだろうし、山岳会にも興味がないので、ふーんという感じで聞いていたのですが、その頃買った道具がまだ使わずにあるからお前にやると言われ、軽く「じゃあもらおうか」なんて言ったまま、特に楽しみにしていたわけでもなくそのまま月日は流れていました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0544_20131221164518273.jpg
おととい、兄貴が広島出張の帰りだといって不意に立ち寄って、ほとんど忘れかけていたクライミング道具を置いていきました。それがこれ。ちょっと年代ものっぽいけれど、わりと立派なアイスバイルや、カラビナ各種、クイックドロー、エイト環、それにピトン(ハーケン)まで。岩壁をよじ登るようなクライミングはすることはないと思いますが、雪山での撮影時に自己確保なんかはしておいたほうがいいので、この手の道具はあればあったで何かに使うことがありそうです。買い揃えればけっこうな金額になるでしょうから、ありがたく頂戴しておきたいと思います。


IMG_0545.jpg
さらに、10mm×50mのロープ。めちゃ重! こんなのクライミング目的でないと絶対使わないので、はたして再び日の目を見ることがあるのか、可能性はとっても低そうです。


IMG_0543.jpg
そして、もっともうれしかったのがこれ。そう、TSLのスノーシュー! これまではエキスパートジャパンのワカンを改良したようなスノーシューを使っていましたが、軽いのはいいものの深雪や新雪での浮力がやや弱いという欠点がありました。このプラスチックのブレードタイプのスノーシューであれば、浮力はかなり良くなるはずです。県北の低山稜線をトレッキング的に縦走するときはやはりブレードタイプのスノーシューがあれば楽なのにと思っていたところでした。


今シーズンは靴を新調し、さらにテントも新調する予定なので、スノーシューの購入は考えていませんでしたが、思わぬプレゼントで超ラッキーでした。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

| ギア | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/502-867c19b0

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV