ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

スカルパ モンブランGTXデビュー戦: 毛無山~白馬山縦走その1

2013年12月15日 岡山県新庄村 毛無山~白馬山縦走 単独日帰り


先週買ったばかりの冬期登山靴 スカルパ モンブランGTXを早く履いてみたくてウズウズしながら迎えた日曜日。烏ヶ山にでも登ってみようかと思っていたのですが、大山付近はどうやら天気が良くなさそうです。それではということで、那岐山を検討してみるもあまり雪がなさそうです。いくら慣らしとはいえ冬期専用の登山靴を雪の少ない場所で履いて泥まみれにはしたくない。雪があって天候があまり悪くないところということでいろいろと検討した結果、新庄村の毛無山に行ってみることにしました。ちなみに、なぜ毛無山にしたかというと、岡山県冬期道路気象情報システムで新庄村の国道181号ライブカメラをみると雪があったので、当然山にもあるだろうと推測したことと、金曜日頃にニュースで新見市に10cmを越える積雪があったと言っていたので当然隣の新庄村でも同じぐらい降ったはずというのが根拠です。


朝のんびりしていたので、登山口に着いたのは10時過ぎ。積雪はそこそこありました。駐車場で10cmぐらいです。昨年は4WDのレガシーだったので、少々の積雪やワダチなどものともせず、難なく停めたいところに停められたのですが、今年のN BOX+はFFでしかもタイヤ径が小さいためか、けっこう深い雪の中で切り替えしたりするのが大変でした。うかつに突っ込んでスタックしては大変なので、とりあえずワダチのある所に車を停めておいて、駐車場所を除雪してから車を入れました。


IMG_0492.jpg
10:21 準備を終えて出発します。駐車場には自分以外の車が2台。先行者がいるようなので、ラッセルの心配はなさそうです。今日はスカルパ モンブランGTXの慣らしが目的なので、とにかくたくさん歩くつもりです。


IMG_0493.jpg
しかし、正面入口へ行くとトレースがありません。マジですか? と思いながら真っ白な雪に足を踏み入れます。


IMG_0494.jpg
50mほど先で左側からトレースが入ってきていました。これでラッセルの心配はなくなりました。


IMG_0496.jpg
沢沿いから山のほうへ登山道が入る場所です。このあたりでも積雪は20cmもないぐらいで、まだまだ厳冬期に比べると楽チンです。


IMG_0497.jpg
雪が多くないため、トレースは夏道をたどっています。最近は雪の多い時期にしか毛無山に登っていないので、この道標を雪の中で見るのは初めてです。


IMG_0498.jpg
11:10 五合目です。山の南側で森の中ということもあって、風が無く気温も2度ぐらいだったので、次第に汗をかくようになってきました。天気予報ではけっこう気温が低いようだったので、ほぼ厳冬期に準じるウェアで来たのが失敗でした。


IMG_0500.jpg
夏道が冬道として利用される尾根に合流するところです。もっと雪が多くなると、この尾根の右手から登ってきます。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0501.jpg
トレースは忠実に夏道をたどっていて、八合目の大岩の下もきっちり通過しました。この岩の下を通るのは久しぶりです。七合目あたりから雪が深くなり、つぼ足で登るのはけっこう大変になってきましたが、雪が柔らかいのでクランポンをつける必要は感じません。ただし、滴り落ちるほどの大汗をかいてしまいました。


IMG_0502.jpg
11:53 やっと頂上へ続く尾根上にでました。笹原の上に雪が積もっているためか、ときどき大きく踏み抜いたりします。


IMG_0504.jpg
12:04 九合目避難小屋まで来ました。厳冬期であれば軒下まで雪が積もっていますが、さすがにこの時期はまだそんなことにはなっていません。お昼時なので小屋で昼食にしようかと思いましたが、先客がいるようです。後からけっこう騒がしいパーティーも迫っているので、彼らが小屋へ入ってくれることを祈りつつそのまま山頂へ行くことにしました。


IMG_0505.jpg
しかし、小屋を過ぎてしばらくすると、後のパーティーもそのまま登ってくるのが見えました。静かな山行はお預けです。ひたすら白い森の中を進みます。気温は-1.7度と、ぐっと低くなりましたが、風がそれほど強くないので、ハードシェルを着なくても寒さは感じません。


IMG_0509.jpg
12:15 山頂に着きました。途中ジャケットを脱ぐために少しの間荷物を下ろした以外、休憩なしで山頂まで登ってきてしまいました。天気はいまいちで、眺めもあまりよくありませんが、ひとまず休憩でもしようかと思ったものの、後続のパーティーがかしましく登ってきたので、休憩はやめて白馬山方面にそのまま進むことにしました。朝、わりとカロリー高めの菓子パンを2個食べたためか、あまりお腹も減っていないし、2時間ノンストップで登ってきたわりに疲労感もありません。おろしたてのスカルパはすこぶる好調で、あたるところもないし冷たさも感じません。この靴ならまだまだ歩ける、そんな気分にさせてくれるいい靴です。

つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2013年12月 毛無山~白馬山縦走 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/499-f880656a

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV