ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

新しいデジカメ: CANON PowerShot S110

S110.jpg


2011年の夏に防水デジカメ Panasonic FT1を購入してから2年、山行記録用を主たる目的とした新しいコンパクトデジタルカメラを購入しました。


FT1が壊れたというわけではありませんが、日付情報などを保持するための内蔵電池がだめになったらしくて、リチウムイオン電池を充電するために取り外すと日付がリセットされてしまい、電池を抜き差しするたびに日付を設定しなければいけなくなっていたことや、ズームレバーの反応が若干渋くなってスムーズな動きができないなどのトラブルが出始めていました。そういうハード的な問題のほかに、撮影した写真の色味がどうも納得いかないということもあって、いかに山行記録用と割り切っているとはいえ、もう少しまともな色で写したいというソフト的な不満もありました。


で、新たな機種を購入するに当たっては、まだFT1が使えるので防水性能は考慮しないことにしました。雨天時はもともと色味とかはどうでもいい場合がほとんどなので、とりあえず記録できればいいわけです。その意味ではFT1でも問題ありません。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



色味の不満を解決するには一眼レフと同じ映像エンジンDIGICを搭載している機種が理想的だし、RAW撮影もできればレタッチもやりやすいわけです。というわけで、その両方を兼ね備えているPowerShot Sシリーズを購入することにしました。ちょうど、新型のS120が発表されて、S110が在庫処分で安価に出ていたのでS110を購入することにしました。


大きさは通常のコンデジと同等ながら、絞り優先、シャッター速度優先、マニュアルなどのモードがあり、F2.0で24mm相当の広角撮影ができる上に、ISO12800まで対応した高感度性能があるなど、一眼レフ並みの性能があります。


もっとも、電池の持ちがいまいちで、特に冬はダメダメらしいのが残念なところ。まあ、予備電池を持つなどして対応すればいいことですが。


先月の石鎚山と瓶ヶ森のレポで使った写真の多くは、このカメラで撮影したものです。RAWで撮影し、ピクチャースタイルなど少し変更したりしてますが、今まで使ってきたコンデジに比べると、何もしなくても色かぶりがなく一眼レフに近い色味で撮影できていると感じました。


そのうち、一眼レフやFT1などとの比較もしてみたいと思います。












ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 撮影用具 | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/478-989fb051

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV