ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

秋を探して四国遠征: 石鎚山と瓶ヶ森その4

2013年9月21日~23日 愛媛県西条市 石鎚山および瓶ヶ森 単独日帰り(車中泊) 


9月23日
IMG_0091.jpg
午前4時起床。簡単な朝食を済ませて、4時30分に出発です。瓶ヶ森の山頂までは1時間ほどの行程なので、ちょうど着くころに夜明け前になるという計算です。


IMG_0092.jpg
石畳の登山道に入っていくと、すぐに分岐が現れます。右が頂上への直登ルート。左が氷見二千石原と呼ばれる広大な笹原の中を横切って瓶ヶ森ヒュッテまで行き、そこから頂上へと登るルートです。


IMG_0093.jpg
当然直登ルートのほうが早いのですが、瓶ヶ森は双耳峰なので、直登ルートはまず男山に登り、そこから一度軽く下って最高峰の女山へと向かいます。そのため、実際に歩いた場合、どちらでも大差ないという感じです。ただし、帰りにわかったことですが、氷見二千石原ルートは途中の橋が崩れかかっていて通行止めになっているため、直登ルートをとったほうが安全です。


IMG_0097.jpg
4:50 氷見二千石原を上から一望できる大きな岩の上に出ました。こんなところでのんびりとしているほど時間に余裕は無いのですが、月明かりにぼんやりと照らし出された広大な笹原と、その向こうに見える石鎚山の風景が美しかったので、ちょっとだけ撮影していくことにしました。この写真は、今回新しく購入した山行記録用のコンデジ「CANON PowerShotS110」で撮影したものです。いわゆる高級コンデジの範疇に入る機種なので、一眼レフ同様の操作が可能で、レンズも開放値がF2.0と明るいレンズを搭載しています。また、高感度も強くなったため、このような月明かりの風景を撮影することもできます。一眼レフに比べれば画質は荒いのですが、それでもコンデジでここまで撮れるというのは驚異的です。詳しくは後日レポしたいと思います。


IMG_5044.jpg
ちなみに、こちらが一眼レフで撮影した写真。やはりコンデジに比べれば、断然画質がいいです。


IMG_0098.jpg
氷見二千石原の撮影で若干道草を食ったので、その後足早に男山の頂上を目指していたのですが、いつの間にかガスが出てきて、次第に視界が利かなくなってきました。


IMG_0101.jpg
あたりがぼんやりと明るくなりかけてきたころ、正面に小屋が見えました。中に入れるのかと入口のドアに手をかけてみましたが、鍵がかかっていました。あとで調べてみると、避難小屋ではなくて宗教関係の道場のようです。石鎚信仰の関係なんでしょうか。


IMG_0102.jpg
5:17 小屋のすぐ上が男山の山頂でした。祠が祭ってあります。男山山頂は東方面の展望はあるようですが、他の三方は開けていません。展望が良かったらここで撮影してもよかったのですが、やはり女山まで行くことにしました。


IMG_0106.jpg
休憩なしですぐに女山に向かいます。


IMG_0107_20131008124840fa2.jpg
相変わらずガスで視界は利きません。笹原の道は、刈り払われていないため笹が覆いかぶさってやや不明瞭なところもあります。


IMG_5048.jpg
男山からすぐかと思いきや、以外にだらだらとした坂が続きます。ふと右手の木々が切れて東の空が見えたとき、すでに朝焼けが始まっていました。とりあえず、2カットだけ押さえて、大急ぎで女山山頂を目指します。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0111.jpg
5:35 途中で氷見二千石原の撮影をして時間をロスした分、予定より遅れて女山に着きました。夜が明け始めるときの一番きれいな瞬間をじっくりと撮れなかったことが残念ですが、急いでカメラをセットして撮影に取り掛かります。山頂には年配のご夫婦と、単独行の男性が一人。単独行の男性は、なんと半そでのシャツだけです。気温はおそらく10度近くまで下がっているはずで、よくそんな格好でいられるものだと驚いてしまいました。


IMG_5066.jpg
やがて太陽が西黒森の上に現れます。昨日と違って今日は太平洋側から雲海が押し寄せてきて、石鎚から寒風山へと続く稜線にせき止められています。そして、あふれた雲は少しづつ瀬戸内側へと滝のように流れ落ちていく様子が、目の前で見られました。やっぱり、山の朝はダイナミックです。


IMG_5073.jpg
太陽が次第に明るさを増し、雲海の波頭を赤く染め始めました。


IMG_5083.jpg
さらに輝きを増した太陽が空と雲を朱に染めていきます。美しくも荘厳な夜明けのドラマです。


IMG_5105.jpg
振り返ると、氷見二千石原にも雲が流れ込み始めました。そのまま怒涛のように流れ込むかと思ってシャッターチャンスをうかがっていましたが、以外にも勢いは続かず、ガスは消えてしまいました。


IMG_5119.jpg
男山のほうに目を移すと、雲海が男山を飲み込むかのような勢いで迫っています。しばらくすると、こちらはすっかりガスに飲まれてしまいました。


IMG_5151.jpg
再び西黒森のほうに戻ってみると、雲海の量が増えたのか、まさに滝と化した白いガスがどんどん稜線を越えて瀬戸内側に流れ落ちていました。しかし、一気にあたりがガスに飲み込まれるということもなく、稜線を越えたガスはすぐに消滅してしまいます。見飽きることの無い光景に、何度もシャッターを切ったのでした。


IMG_0115.jpg
6:40 日も高くなり、朝のドラマも見慣れた光景に変わり始めたので、撤収することにしました。半そでの男性はどこへ行ったのか、荷物を山頂に置いたままいなくなってしまいました。二人そろって撮影していたご夫婦も撤収のご様子。遅れて登ってきた別の単独行男性だけがのんびりと朝の景色を楽しんでいます。


IMG_0116.jpg
石鎚山は、今日は穏やかです。今日、もう一度石鎚山に登っていても、これといって面白風景には出会えなかったと思うと、瓶ヶ森に来たのは正解でした。


IMG_0117.jpg
女山から氷見二千石原コースを下ります。ときおり、ガスが流れてきますが、やっぱりすぐに消えてしまいました。


IMG_0118.jpg
所々に生えている木々がわずかに紅葉に染まり始めています。もう少しで秋が本格化しそうな感じです。


IMG_0119.jpg
7:09 瓶ヶ森ヒュッテまで下りてきました。営業しているのかと思っていたら、どうやら廃業したようです。屋根は穴が開いてぼろぼろで、壁も隙間だらけです。


IMG_0120.jpg
氷見二千石原のど真ん中、真っ青な空に石鎚山の姿がくっきりと見えていました。


IMG_0121.jpg
笹原を貫くフラットな道を駐車場へとまっすぐ歩いていくと、いきなりテープやロープで道がふさがれていて、通行禁止の札がありました。何事かと思ってみてみると、大雨で橋の下の土が流されて、橋が落ちかけているようです。かろうじて一箇所だけ土嚢を積んでなんとか崩壊を食い止めているようです。しかし、小さいとはけっこうな深さの川です。両岸とも笹がびっしりと生い茂っていて、簡単に渡渉できるような場所は見当たりません。しょうがないので、橋が落ちないかどうか確かめながら慎重に渡りました。この写真は渡り終えてから撮ったものなので、崩れかけているのは向こう側です。いつごろ修復する予定なのか知りませんが、登山口に注意書きのひとつも書いておいてほしいものです。


IMG_0122.jpg
7:28 直登コースとの分岐点までもどってきました。登山口まではあと少しです。


IMG_0123.jpg
7:30 登山口まで戻ってきました。まだまだ時間はありますが、今日はさっさと下りることにしました。というのも、県道40号線は、日曜日は通行止めは無いと書いていたものの、祝日についての記述がなかったからです。こういう公共工事はわりと祝日でも工事をすることがあるので、通行止めが始まる8時30分までにできるだけ下まで下ってしまおうというわけです。


結局、下る途中で通行止めにあうことはありませんでしたが、国道194号まであと少しというところで15分の通行止めに引っかかってしまいました。全線工事をしていたわけではないようですが、集落の多い下流のほうでは祝日でも工事を行っているので、祝日といえど注意が必要です。

おわり。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2013年9月 石鎚山・瓶ヶ森 | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/477-59c7d7cf

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV