ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

秋を探して四国遠征: 石鎚山と瓶ヶ森その1

2013年9月21日~23日 愛媛県西条市 石鎚山および瓶ヶ森 単独日帰り(車中泊) 


9月二度目の三連休は、幸い仕事でつぶれることも無く、天気もどうやら上々の様子。どこへ行こうかと考えた結果、ちょっとスケジュールがタイトになるも剱岳が第一候補になりました。しかし、20日の夕方に仕事が入ってしまい、当初もくろんでいた20日の夕方に出発するという計画が破綻。20日の夜に出発するとなると、立山駅に着くのは21日の朝。駐車場にはなんとか停められたとしても、ほぼ徹夜で剱沢までテント泊装備を担ぎ上げなければならなくなります。美女平からのバスで1時間ほど仮眠が取れるとはいえ、体力的に厳しそう。それに、連休ということで剱岳もかなり混雑しそうだし、今回は見送ったほうがよさそうという結論に達しました。


では、どこに行くか。剱岳よりも近い白山はどうでしょうか。人気の山なので混雑は必至。しかもテント場は山頂まで1時間もかかる南竜ヶ馬場にしかありません。山頂付近の星景写真の撮影をしたい自分としては、テント場のロケーションが良くありません。


とすると、信州方面はあきらめて、近くて標高が高く、撮影地としても魅力的な場所といえば、もはやあそこしかありません。そう、西日本最高峰の石鎚山です。となりにある瓶ヶ森も前から登ってみたいと思っていたので、ちょうどいい機会です。ただ、問題なのは先の豪雨で瓶ヶ森林道が通行止めになっており、高知県側からの県道40号もよさこい峠から土小屋までが通行止めになっています。石鎚山頂で夜明けの撮影をするためには、土小屋で車中泊をして、夜明け前に登るというのがもっとも合理的なのですが、唯一のルートである石鎚スカイラインは夜間通行止めになってしまいます。そうなると、20日の夜に出て、21日の朝に石鎚山に登頂するのは無理です。というわけで、21日のお昼に出て、夕方土小屋に着くというのんびりスケジュールで行くことにしました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



9月21日

roadmap.jpg
松山道の川内ICから国道494号で石鎚スカイラインを目指して走りましたが、この国道がとんでもない山岳路です。剣山に行くときに使う国道438号に負けずとも劣らないほどの、狭く急勾配で曲がりくねった道です。地図で見た段階で予想はしていたものの、実際に走ってみるとこれで国道かよといいたくなる程です。夜には走りたくない道なので、昼間に来て正解でした。


それでも、面河ダム湖が近づいてくると道もなだらかになり、あとは比較的走りやすい道を石鎚スカイラインに向けてのんびりドライブを楽しむことができました。しかし、石鎚スカイラインに入るころになると雨が降り始め、途中けっこう強い雨になったりもして、やや不安な気持ちのまま16時ごろ土小屋に到着しました。駐車場はがらがらで、夕方とはいえ三連休初日だというのにこれほどがらがらだとは予想外でした。


IMG_4836.jpg
土小屋の公衆トイレのすぐ近くに車を停めて、車中泊の準備を終えたらあとはすることはありません。天気はどんよりとした曇り空で、雨もぱらつく状態です。持ってきた雑誌を読んでいると、正面に瓶ヶ森が姿を現しました。ガスがかかっていい感じなので、カメラを持って外に出ました。


IMG_4841.jpg
しばらく撮影していると、なんと突然瓶ヶ森山頂に空から降りてきたかのような虹が出現しました。


IMG_4847.jpg
虹はやがてダブルアーチになり、瓶ヶ森山頂から大きく弧を描きながら空に見事な半円のアーチを描き出しました。


IMG_4875.jpg
虹は次第に薄くなりましたが、今度は瓶ヶ森上空の雲が赤く染まり始めます。虹の欠片がかすかに赤く焼けた雲と重なって、不思議な夕景を演出してくれました。東の空の夕焼けというのも珍しいですが、そこに虹まで出現するとは、なんだか得した気分です。これで明日天気が良くなくてもいいかという気持ちになるほどでした。

つづく。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2013年9月 石鎚山・瓶ヶ森 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/473-2e61d67e

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV