ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

復活! ちょっと遅めの夏山シーズンイン: 上蒜山その2

2013年7月21日 岡山県真庭市 上蒜山 日帰り単独行 

P1030875.jpg
トラバース気味のやぶ道を進んでいくと、六合目の道標がありました。このすぐ先でやぶがおわり、展望が開けます。


P1030876_20130726153659.jpg
麓から六合目に直接突き上げる尾根が眼下に続いていますが、積雪期にはこの尾根をたどったほうが楽かもしれません。


P1030878.jpg
六合目を過ぎたあたりから、登山道脇にナデシコがたくさん咲いていました。


P1030880.jpg
何かわからない白い花もたくさんありました。


P1030882_20130726153829.jpg
つんつん娘のアザミ嬢もちらほら。


P1030883_20130726153831.jpg
やがて、急勾配の先のピークに道標が立っているのが見えてきました。六合目を過ぎたところだから、まだ山頂ではないのだろうと予測はつきます。おそらく槍ヶ峰と呼ばれている小ピークなのでしょう。


P1030888.jpg
12:03 槍ヶ峰に着きました。ここは八合目になるようです。ちょっとした広場のようになっていて、展望もいいので休憩にちょうどいい場所です。とはいえ、山頂まではすぐなので、休むのなら山頂まで行ってしまってもいいかもしれません。


P1030891.jpg
とりあえず、荷物を下ろして休憩です。すぐそばのアザミの蜜を一心不乱に吸っていた蝶々をパシャリ。


P1030896_20130726153835.jpg
10分ほど休憩して出発です。お昼の時間なのに団体がいないところをみると、山頂にいるんだろうなあと思いつつ山頂を目指します。


P1030897_20130726154033.jpg
山頂に着くと、案の定狭い山頂は団体さんが占拠していて足の踏み場も無い状態です。写真を撮るのもはばかられるような状態なので、さっさと通過して少し中蒜山方向に行ったところの登山道脇で荷物を下ろしました。正面の森が山頂です。


P1030898_20130726154035.jpg
この場所は尾根をトラバースしている場所なので、南側の展望は開けています。風があるのでそれなりに涼しいのですが、直射日光を浴びる状態なのでやはり暑い。それに、登山者が通ったらいちいちよけないといけないほどの狭さなので、ゆっくりするわけにもいきません。こんなところでお昼にするのは嫌だけれど、さりとてあの団体の中に一人で入って食べる気にもなれず、結局さっきの八合目まで戻ることにしました。


P1030899.jpg
誰もいない静かな八合目に戻ってきました。とりあえず、左腕と背中の痛みからの復活と夏山シーズンインを祝ってダーッ! 静かなのはいいのですが、炎天下でのランチになってしまいました。折りたたみの傘を持ってきていれば日傘代わりに使えたのですが、この天気なので車においてきてしまいました。晴天の夏山でも傘はあったほうがいいですね。今後は常備するようにしようと思います。


P1030902.jpg
13:20 菓子パンだけの簡単な昼食を終えて、クソ暑い八合目から撤退します。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




P1030903_20130726154039.jpg
夏らしい雲がもくもくと湧いてきました。


P1030904_20130726154130.jpg
上蒜山から中蒜山へ稜線と、その奥に下蒜山も見えています。来年の積雪期には、蒜山三座を縦走してみたいと思います。


P1030905_20130726154131.jpg
13:39 五合目まで下ってきました。久しぶりの山歩きなので、この時点でけっこう足にきてます。しかし、止まると暑いので、そのまま下ります。


P1030907.jpg
足の裏に痛みが出始めたところで、岩ごろ道に差し掛かりました。こうなるとちょっとつらいところです。


P1030909.jpg
幸い膝痛はでなかったので、足の痛みをこらえつつずんずん下ります。二合目下の植林帯に入ると、日差しから逃れられてちょっと涼しくなりました。


P1030910.jpg
14:08 牧場まで下りてきました。あとはだらだらの道を駐車場まで歩くだけです。


P1030911.jpg
駐車場近くにきれいなアジサイが咲いていました。


P1030912.jpg
14:26 駐車場に着きました。標高が下がって気温が上がったためか、汗がだらだらと止まりません。山からいい風が吹いてくるのですが、さっぱり汗が収まらず、お尻も背中もぐっしょりで、このまま車のシートに座るのはちょっと避けたい雰囲気です。誰もいないのをいいことに、半裸に近い状態で風に吹かれること20分。ようやく汗も落ち着いたところで、家路に着きました。途中、足温泉で汗を流しました。


P1030914.jpg
勝山のスーパーで見つけたクエン酸たっぷりのすっぱい三ツ矢サイダー。疲れた体にしみこむようなすっぱさが悪くなかったです。

それにしても、山行記録用に使っているパナソニックのコンデジ FT1の画質がよくないなあと改めて感じた今回の山行。購入時はそれまで使っていたTZ3と比較してそれなりにいいと思っていたのですが、今回の写真をみると、わりと日が差している状態でもなにかベールが1枚かぶっているような感じですっきりしません。どうもホワイトバランスの性能がよくないみたいです。荒天時には心強い防水カメラですが、普段の山行で使うにはもう少し発色のいいカメラがほしいところです。新機種導入を検討してみようかなあ・・・


終わり。


上蒜山jpg

 ■山行データ
<往路所要時間> 2時間15分(休憩時間を含む)
駐車場10:20→二合目10:52→八合目12:03→山頂12:35

<復路所要時間> 1時間49分(休憩時間を含む)
山頂12:40→五合目13:39→登山口14:08→駐車場14:29

<登山道情報>
特に危険な箇所や迷いやすいところはありません。登山者駐車場にはトイレも水場もないので、途中の道の駅などで用を済ませましょう。なお、蒜山IC近くにある道の駅のトイレの手洗い水は飲用不可です。水を忘れた場合は、売店などで購入する必要があります。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2013年7月 上蒜山 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/460-0f28b5c0

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV