ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

テレコンは本当に画質が劣化するのか?: エクステンダー1.4x

ex_ef_1_4xii.jpg
長い焦点距離のレンズがほしい場合、必要な焦点距離の望遠レンズを新規に購入するという方法と、手持ちの望遠レンズにエクステンダー(テレコンバージョンレンズ)を組み合わせて必要な焦点距離にするという方法の2通りがあります。なお、エクステンダーという名称はキヤノンの商品名であり、一般的にはテレコンバージョンレンズ(略してテレコン)といいます。蛇足ですが、焦点距離を短くするものはワイドコンバージョンレンズ(略してワイコン)といいます。


たとえば300mmの望遠レンズがほしい場合、300mmの望遠レンズを買えば一番問題はないわけですが、200mmの望遠レンズに1.4倍の倍率を持つエクステンダーを組み合わせれば280mmの焦点距離になり、概ね300mmのレンズ相当になるというわけです。


ところが、レンズというのはそのレンズ単体でいい描写性能になるように設計されており、あとから別の光学系を付け加えるとどうしても描写性能が落ちるという問題があります。ただ、その劣化度合いがどの程度なのか、それが許容できるかどうかは個別の問題なので、必ずしもテレコンがだめとはいえません。


以前から、北アルプスなどで雷鳥の撮影をするときに、400mmぐらいの焦点距離がほしいと思っていました。今年のGWもまた立山に行く予定なので、今度こそ400mm相当の焦点距離のレンズを持って行きたいという気持ちがあります。いままでは、APS-CセンサーのEOS40Dに70-200mmのレンズを装着することで、焦点距離1.6倍で320mm相当の焦点距離で撮影していました。雷鳥はあまり人間を警戒しないので、ゆっくり近づけば320mm相当でも画面いっぱいぐらいの大きさで写すことも可能ですが、いつもそうそう都合よくはいかないということもあり、やはりもう少し長い焦点距離があったほうが何かと都合がいいのも事実です。レンズの焦点距離が300mmあれば1.6倍で480mm相当になるので、焦点距離としては十分なのです。


現在、キヤノンではゴールドラッシュキャンペーンを行っており、EF70-300mmF4-5.6L IS USMというレンズが1万円のキャッシャバックを受けられます。しかも、アマゾンからキヤノンの当該レンズの購入に限って使える5000円のクーポンが送られてきたので、これは買ったほうがお得なのだろうかと気持ちが揺れ動いてしまいました。


ただ、300mmの焦点距離がほしいという理由が、雷鳥の撮影という年に1~2回しかない機会のためということであり、それ以外では70-200mmでさえめったに使わないという状況なので、わざわざ10万円以上もだして新しいレンズを購入するのがはたして妥当な判断なのか疑問が残るわけです。しかも、実は1.4倍のエクステンダーは持っているのです。では、なぜいままで使わなかったのかというと、購入後何回か使ってみた結果がいまいちだったことが何度かあったり、エクステンダーの脱着が面倒だったり、レンズの長さが長くなって取りまわしが悪くなるということで、なんとなくお蔵入り状態になっていました。


画質がいまいちだったことがあったとはいえ、納得のいくものだったこともあるわけで、かならずしも使い物にならないわけではないということはわかります。おそらく風の強いときに使ったために、微細なブレが発生し画質がよくないという結果になっているのでしょう。脱着の面倒さは、はじめからレンズに装着しておけば回避できます。取りまわしが悪くなるというのはしかたがありません。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




ということで、改めてエクステンダーの性能を検証してみることにしました。雷鳥の撮影という使用目的を考慮して、比較的近づくことのできる公園の鴨を撮影してみました。


写真をクリックすると拡大されます。
IMG_5171.jpg
こちらがエクステンダーなし、焦点距離200mm(320mm相当)での撮影サンプル。


写真をクリックすると拡大されます。
IMG_5081.jpg
こちらは1.4倍エクステンダー使用で、280mm(448mm相当)での撮影サンプル。被写体の大きさが多少違うにせよ、テレコンを使用したほうも特に画質の劣化は感じません。


写真をクリックすると拡大されます。
halfscale5171.jpg
等倍の50%相当の大きさに拡大したものです。こちらはエクステンダーなし。


写真をクリックすると拡大されます。
halfscale5081.jpg
こちらは1.4倍エクステンダーありです。拡大してもこれといってあらが目立つようなことはありません。


写真をクリックすると拡大されます。
DLO5081.jpg
さらに、エクステンダーありの画像のRAW現像時に、DLOを適用してみました。アップロードできるファイルサイズが500KBまでということで、現像時の画像品質を6(DLO適用前のものは8)まで落とさざるを得ませんでしたが、見た目にわかるほどの劣化はないようです。羽毛の立体感が出て、くちばしの輪郭もシャープになり、まるで単焦点レンズで撮影したような切れ味の良さです。DLOには、ちゃんと70-200mmF4Lと1.4倍エクステンダーを組み合わせたときのデータも登録されていて、エクステンダー使用時の弱点である画質劣化を改善してくれるのです。


あらためてエクステンダーを使って検証してみると、けっして画質的に問題になるような劣化はないということがわかりました。実際には多少の劣化は発生するにしても、DLOによって修正できるのでほぼ問題ないといえるでしょう。これならば、わざわざ10万円以上使って新しいレンズを購入しなくてもよさそうです。とりあえず、今年のGWは70-200mmと1.4倍エクステンダーの組み合わせで撮影してみようと思います。


なお、エクステンダーには倍率1.4倍の1.4xと2倍の2xがありますが、倍率が大きくなると画質の劣化も拡大されるらしく、2xの評価はいまいちのようです。ただし、僕自身は使ったことがないので、どの程度劣化するのかはわかりません。


また、エクステンダーを装着すると、AF速度が半分程度に低下するということもあるので、スポーツや野生動物の撮影などAF速度が重要になってくる撮影の場合は、お金がかかっても必要な焦点距離のレンズを購入したほうがいいかもしれません。


もっと困るのが、レンズの開放F値が暗くなることです。1.4xで1段、2xで2段暗くなるので、70-200mmF4Lに1.4xを装着するとF5.6のレンズになりますし、2xだとF8のレンズになってしまうのです。カメラのAFは、いまのところF5.6対応のAFセンサーが使われていることが多いので、1.4xならまだAFが作動しますが、2xを装着するとAFが作動しないということになってしまいます。もっとも、キヤノンではこの4月から5DmarkⅢのファームアップでAFがF8まで対応できるようになります。なので、今後は他の機種でも同様にF8対応になるかもしれません。そうであれば、エクステンダーが使えない70-300mmのレンズを買うよりも、70-200mmにエクステンダー2xを組み合わせたほうが安価に超望遠レンズとして使用できることになります。


キヤノンのエクステンダーの現行機種はⅢ型ですが、僕が持っているのはⅡ型です。光学系はⅢ型では刷新されており描写性能は良くなっているらしいということですが、あまり変わらないというクチコミも見かけますので、コスト重視ならⅡ型の在庫品を安く入手するというのもありかと思います。


気をつけなければならないのは、エクステンダーはどのレンズにも取り付けられるわけではありません。キヤノンの焦点距離135mm以上の単焦点レンズと70-200及び100-400の望遠ズームレンズにしかつけられません。LレンズであってもEF70-300mmF4-5.6L IS USMなどつけられないレンズもあります。購入する際には、カタログやWEBで取り付け可能レンズを確認するのをお忘れなく。エクステンダーが取り付けられないレンズには、社外品のテレコン(ケンコーのテレプラスなど)で対応することになります。


エクステンダー2xと1.4xの画質比較もやってみました。詳しくはこちらをどうぞ。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

| 撮影用具 | 10:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

山の写真屋(燕の子)さん

デジタルの1000万画素を上回るカメラだと、カメラぶれがすぐでちゃいますから怖いですね。
下手に三脚に乗せて手振れ補正をキャンセルするより、手持ちで立てひざとかして
レンズの手振れ補正にたよったほうがいい場合もあるような気がします。

GWに出かけるよりも、GW後に出かけたほうが空いてていいんじゃないですか?
僕もできればそうしたいところです。

| ヤマふぉと | 2013/04/23 21:46 | URL |

私70-300mm使っていますが慎重に撮影しないとぶれますね、これにテレコン付けてオオタカの撮影をと思っておりましたが付かないのか残念。DLOファイル容量が倍になるのが難点ですね。
退職し気楽に遊んでいたら山のように依頼されたものがあり撮影に出かけられませんGW明けたら何としても出かけたいものです

| 山の写真屋(燕の子) | 2013/04/22 19:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/445-65edee1b

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV