ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

タブレットを車載ナビとして使う

グーグルから発売されているタブレットNexus7(16GBモデル)を購入したのは、昨年の秋のことです。出先でのメールの確認、目的地の場所を確認するための地図検索、時間調整時の暇つぶしにネット閲覧といった使用目的で購入したわけですが、GPS機能を使ったナビソフトが思いのほか出来が良くて、現場へのルート検索をしておけば、音声で案内してくれるし、表示も3Dビューで見やすいばかりか、ちゃんと画面の回転や移動も自動でしてくれるので、まったく問題なく車載ナビとして利用できる性能がありました。


ナビが設定したルートを外れても、すぐに新しいルートを検索してくれるので、使い勝手も悪くありません。ただし、場合によってはいつまでも最初に設定したルートに導こうとしてしつこいことがあるので、100%お任せできるというわけではありませんが、このあたりは専用の車載ナビでも大差ないようなので、問題ありません。そういう場合は、自分で道がわかっている場合ですし。


で、いままでは座席に置いて信号待ちで確認したり、現地に近づいたら左手に持って運転したりしていたのですが、これだと音声が聞こえにくかったり片手運転になって危ないので、タブレットをホールドできる車載用ホルダーを探してみました。


51XOVRPxE5L__AA1000_.jpg
ダッシュボード上に設置するタイプやカップホルダーを利用するタイプなどいろいろと検討したのですが、ネットのレビューを読むとダッシュボードに設置するタイプはあんがい外れやすいという声が多く、その点がちょっと気になります。N BOX+のダッシュボードは、それなりにフラットなのですが、シボ加工されたプラスチックなので、吸盤で取り付けるタイプはやはり空気がはいりやすそうです。また、7インチのタブレットを立てると視界が邪魔されることは明らかです。また、取り付け箇所はダッシュボード上ながら、アームで手前にぶら下げるようなタイプも検討しましたが、これだとオーディオや空調の吹き出し口をふさいでしまうことになり、使い勝手はいまいちです。


51BjyCMYB+L__AA1000_.jpg
カップボードに立てるタイプは、NBOX+の場合はエアコンの吹き出し口の前になってしまうので、こちらもいまいち。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




ARKON-SM517.jpg
で、最終的に購入したのが、ウィンドウに取り付けるタイプのホルダーです。Arkon-SM517というモデルですが、アメリカ製のようです。メーカーのサンプル画像では、フロントウィンドウに取り付けていますが、それだとさすがに邪魔なので、右側面のウィンドウに取り付けることにしました。


P1030722_20130403184450.jpg
N BOX+には、フロントガラスの左右にはめ殺しの小さい窓があります。その窓はほとんどフラットだし、はめ殺しなので開閉する必要もないので、こういうものを取り付けるのにぴったりです。タブレットを装着した場合でも、右のAピラーの手前に来るため、視界への影響も最小限です。右前方向が若干見にくくなりますが、少し頭を動かせば確認できるので大きな問題はありません。


P1030726_20130403184450.jpg
タブレットを挟み込む爪の部分は、強めのバネの力で挟み込むようになっており、爪の内側には滑り止め素材もついているので、左右から挟みこむような状況でつかっても、滑り落ちるようなことはありませんでした。本体のアームはプラスチック製ですが、安っぽさはなく、強度的にもしっかりしており、走行中に震えたりすることもなく、しっかりタブレットを保持してくれています。


吸盤部分は、柔らかい透明なプラスチック製で、ダッシュボードに取り付けるタイプによくあるジェル状のものではありませんが、ベースがガラスということもあり、まったく問題なくしっかりとついてくれました。


運転中に常に視界に入るところにナビがあるので確認もしやすいし、背後のスピーカーから出る音声がフロントガラスで反射するので案内の音声も聞きやすいしいいことづくめです。


取付用のホルダーはまったく問題ないのですが、Nexus7を車載ナビとして使うのには、ただひとつ欠点があります。それはネットに接続していないと詳細図が表示できないこと。ネットへの接続は、Wi-MAXのモバイルルーターを使っていますが、これがちょっと田舎へ行くと圏外になってしまい、接続が切れてしまいます。現場の多くは都市部にあるのでそれほど困ることはないのですが、プライベートで山間部や田舎へ行くような場合は、大縮尺の詳細図は利用できないので、そこだけ注意が必要です。GPS機能はネット接続とは無関係なので、ナビアプリ自体はオフ接続でも使えます。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

| N BOX+ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/440-4f882b33

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV