ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

春の新雪、貸切の雪原。: 伯耆大山三ノ沢その2

2013年3月3日 鳥取県大山町 伯耆大山三ノ沢(標高1370m地点まで) 単独日帰り山行


P1030576.jpg
最終堰堤の上に広がる三ノ沢の広い河原は、一面真っ白な雪に覆われた大雪原となっていて、そこに野うさぎの足跡が点々と続いているだけです。地面も空も真っ白け。その間に黒い岩壁が鋭利な刃物のようにエッジを刻んでいます。


P1030577.jpg
振り返れば雪に埋もれた三ノ沢の彼方に、青みがかった山並みが続いており、前と後ろで極端に違う風景が広がっています。


P1030578.jpg
どうしたものかとしばし立ち尽くしていましたが、とりあえず左手前方に見える大きな岩壁の下まで行って、南壁の写真を撮ることにしました。


で、ああでもないこうでもないといろいろと撮影しているうちに、ときおり雲間から日差しが筋状に南壁に当たったりしたので、すかさずそのシーンを撮影しました。帰ってからRAW現像してみたのですが、そのままカラーで現像してもほとんどモノクロ写真状態っだし、陰影の少ないぱっとしない写真だったので、思い切ってモノクロにして、コントラストを高めに調整したりしてみたのが以下の写真です。


横位置の写真はクリックで拡大します。
IMG_0916.jpg

IMG_0933.jpg

IMG_0942.jpg

IMG_0946.jpg

IMG_0968.jpg

ぱっとしなかった写真も、こうやって調整してみると案外面白いものになったかなと思います。


11:00 一通り撮影を終えてからどうしたものかと考えました。天気は相変わらずの曇天です。このままあきらめて下るもよし。もう少し登ってみてアングルの違う写真を撮ってみるもよし。槍尾根まで登ってみたい気もしますが、天気も良くないし降雪直後なので雪崩の心配もあります。とりあえず、左岸側にある小さな尾根伝いにもう少し南壁直下まで登ってみることにしました。


P1030580.jpg
三ノ沢を横断して左岸の小尾根下まできましたが、ここから上を眺めると左上の大きな急斜面が気になります。もしもあそこが雪崩れたら、直撃を食らう可能性があります。なので、尾根下を登るのではなく、尾根上を登ることにしました。


P1030581.jpg
木は生えていますが、それほど密生していないので、割と登りやすい尾根でした。


P1030583.jpg
振り返ると案外高度感があります。


P1030585.jpg
11:55 登るにつれて傾斜が急になり、とうとうスノーシューでは登れなくなってしまいました。単に急傾斜なだけならたぶん登れたのでしょうが、硬い雪の上に柔らかい雪が15cmばかり積もっている状態なので、スノーシューが雪と一緒に滑ってしまいお手上げでした。クランポンを装着すればいいのでしょうが、どうせ下山時にはまたスノーシューを使う必要があるわけで、登頂目的ではないのにそこまでするのも気が進みません。それに、せっかく登ってきましたが、おもったほどいい景色ではなく、写真を撮ろうと気にもなりません。というわけで、ここで撤退することにしました。


P1030586_20130307223647.jpg
ちょうどお昼時だったので、食事休憩をしてから下山でもいいかと思いながら河原まで下ってきましたが、じっとしていると風が冷たいということもあり、もっと下ってからランチにすることにしました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



P1030587_20130307223647.jpg
ちょっとびびりそうな急傾斜の最終堰堤脇の斜面を慎重に下ります。


P1030588_20130307223647.jpg
最終堰堤を下りてしまえば、あとは楽勝のスノートレッキングです。


P1030589.jpg
下りは、三ノ沢の中には下りずにまっすぐ右岸の林の中を下ることにしました。


P1030590_20130307223804.jpg
まだ若い感じのブナ林の中をのんびりと下っていきます。


P1030591.jpg
12:46 大山パークウェイまで戻ってきました。朝には何もなかったパークウェイの上に、スキーの跡がついていました。


P1030592_20130307223805.jpg
南壁を仰ぎ見ると、なんと日が差していました。「うわっ、やられた!」と思ってみても後の祭り。やっぱり上でランチにしておけばよかったと後悔しかけましたが、まてよ。鍵掛峠まで戻る頃にはもっと天候が回復して南壁のガスも取れるかも、と思い直しました。それなら、ランチは鍵掛峠で食べればいいわけで、休憩もなしでそのまま鍵掛峠まで戻ることにしました。


P1030594_20130307223805.jpg
右手に鍵掛峠を遠望しながら歩きます。つぼ足でやや苦労した往路にくらべて、スノーシューの復路は踏み抜くこともなく楽チンです。


P1030596.jpg
13:10 鍵掛峠に着きました。目論見どおり、見事に晴れた南壁が青空バックに輝いています。ランチは後回しにして撮影を優先です。

P1030597_20130307223858.jpg

P1030598.jpg



P1030599.jpg
14:30 ランチも終えて、下山まえに記念撮影です。今回はフォレイカーシェルを着てきました。すっかり出番がなくなってしまったフォレイカーシェルですが、撮影山行ぐらいは着てみようというわけでチョイスしたのですが、やっぱ行動中に着るには暑かったです。


P1030600_20130307223859.jpg
朝には足跡ひとつなかった健康の森入口には、たくさんのトレース跡がついていました。三ノ沢では誰一人見かけませんでしたが、こちらの方面は入山者がそれなりにいたようです。それにしても、雪がべったりとして重くなり、むちゃくちゃ歩きにくくなっていました。日差しが戻ってきて一気に気温があがったせいでしょう。

P1030601.jpg
駐車場の手前にある木谷の橋ではすっかり雪がなくなっていたので、ここでスノーシューをはずしました。


P1030602.jpg
15:18 駐車場の雪もきれいになくなっており、冬はおわったんだなあと実感しました。


大山三ノ沢jpg

 ■山行データ
<往路所要時間> 5時間19分(休憩時間・撮影時間を含む)
駐車場6:36→鍵掛峠7:26→三ノ沢入口8:19→標高1370m地点11:55

<復路所要時間> 3時間22分(休憩時間・撮影時間を含む)
標高1370m地点11:56→三ノ沢入口12:46→鍵掛峠13:10→駐車場15:18

<登山道情報>
大山パークウェイは雪が少なく、問題なく三ノ沢まで歩いていくことができます。ただ、ときどき踏み抜くので、スノーシューやワカンがあったほうがいいかもしれません。鍵掛峠のトイレは、現状は使用不可です。三ノ沢はつぼ足では厳しそうです。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2013年3月 伯耆大山三ノ沢 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/428-558db56b

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV