ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

春の新雪、貸切の雪原。: 伯耆大山三ノ沢その1

2013年3月3日 鳥取県大山町 伯耆大山三ノ沢(標高1370m地点まで) 単独日帰り山行



天気予報をにらみながら、3日はどこへ行こうかと悩んでいました。今シーズンまだ登っていない毛無山にも行きたいし、上蒜山は未だに未踏のまま。大山も一度しか登っていないし、もう一度ギラガにも行ってみたい。恩原高原を除いて、天気予報は曇りマーク。四国方面には晴れマークがついているけれど、二週連続で瀬戸大橋を渡るのも気が進まない。気温もそれほど低くないのでかなり登らないと霧氷もないだろうし、曇りの天気だと写真に撮ってもぱっとしないし、恩原高原の晴れマークも怪しい感じだし・・・


で、悩んだ挙句の結論が大山の三ノ沢でした。運がよければ、鍵掛峠から朝陽に染まる南壁が見られるかもしれないし、日が差していなくても南壁の写真ぐらいは撮れそうだということで、登頂を目指さない撮影山行で行くことにしたのでした。



P1030549.jpg
6:36 奥大山スキー場の駐車場を出発します。当然ながら大山パークウェイは通行止めなので、ゲートを回りこんで中に入ります。



P1030550.jpg
前日に新雪が積もったらしく、まったくトレースのないまっさらな雪の道が続いています。ただ、おそらく一度は除雪車が入っているのでしょう。道路の積雪はそれほど深くありません。なんとなく判別できる程度のトレースをたどりながら進めば、つぼ足でも難なく歩けましたが、それでもときどきくるぶしの上まで踏み抜いたりしました。


P1030551.jpg
7:12 健康の森の入口です。鍵掛峠から先の道が昨年のように雪の急斜面の状態だったら、健康の森から入って文殊越から尾根を越えて三ノ沢に下りるつもりです。


P1030552.jpg
7:26 鍵掛峠に着きました。昨年と比べると雪はかなり少ないです。アスファルト路面が見えているなんて予想外でした。


P1030553_20130306001822.jpg
昨年の3月13日に来たときは、7時30分ぐらいに南壁全体に日が当たるぐらいだったので、時間的にはちょうど良いぐらいなのですが、天気予報どおりどんよりとした雲に覆われていて、日差しは皆無です。


P1030555_20130306001850.jpg
アップにしても陰影がないので、立体感がなく話しになりません。


P1030556_20130306001850.jpg
7:50 一瞬でも日差しがさしてくれるのを期待しながら待ちましたが、あきらめて出発です。鍵掛峠から先もちゃんと道の状態になっていたので、このままパークウェイを進むことにしました。昨年は完全に雪に埋まっていてただの急斜面になっていたのですが、今年はパークウェイの開通が早まりそうな感じです。


P1030557.jpg
道路上の急斜面の雪も落ちきっており、雪崩の心配もありません。


P1030558_20130306001851.jpg
急斜面の谷筋には小さなデブリがありましたが、通過に支障はありません。


P1030559.jpg
8:14 文殊越ルート入口です。


P1030560.jpg
トレースの痕跡すら見当たらない、まっさらの雪に覆われいてました。


P1030561.jpg
8:19 三ノ沢に着きました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



P1030562.jpg
堰堤がすべて雪で埋まっていたら、まっすぐ沢の中を登っていけるのでらくなのですが、それほど甘くはなさそうです。


P1030563.jpg
毛無山方面は雲がかかっていません。あっちにしておけばよかったかなあとちょっぴり悔しい気持ち。


三ノ沢の橋の真ん中でスノーシューを装着して、夏道と同じように右岸を登っていきました。


P1030564.jpg
途中、前方の南壁に薄日が差し始めました。このまま晴れてくれればラッキーなのにと思いながら進みます。


P1030565.jpg
右岸の林の中をまっすぐ進もうかとも思いましたが、状況がわからないので、とりあえず無雪期のルートで登ることにし、右岸から沢の中へと入りました。


P1030566.jpg
途中の堰堤で左岸へと上がり、そのまま進んでいきます。上のほうは雪が深くなっていて、沢の中をまっすぐ登っていけそうな雰囲気です。


P1030567.jpg
左岸から沢の中へ降りてみると、滑らかな雪原のような状態でした。


P1030568.jpg
バージンスノーに自分のトレースを刻みながら進みます。天気はいまいちですが、気分は最高です。


P1030569.jpg
右岸の尾根上にあるブナ林の向こうに、青空が見え始めました。


P1030570.jpg
最終堰堤の4つ手前の堰堤から、再び右岸に上がりました。


P1030572.jpg
最終堰堤が目の前に迫ってきました。さすがに高さのある最終堰堤は雪に埋まってしまうということはないようです。


P1030573.jpg
最終堰堤の右岸側はかなりの急斜面になっていますが、これを登らなければ上に出られません。


P1030574.jpg
なんとか登りきりました。


P1030575.jpg
9:52 真っ白な雪原の向こうに、南壁がそびえています。しかし、どんよりとした雲に覆われてまったく立体感のない世界です。足元の雪原も滑らか過ぎて距離感がさっぱりつかめません。こんな状態では写真を撮ってもつまらない結果にしかならないし、どうしたものかと考え込んでしまいました。

つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2013年3月 伯耆大山三ノ沢 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/427-20202d0c

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV