ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

特に活動量の多いアクティビストのためのソフトシェル: ジョラスソフトシェルジャケット

20660IBT.jpg


JORASSE SOFTSHELL JACKET(ジョラスソフトシェルジャケット) は、今シーズンに入る直前に購入したバーグハウスのソフトシェルジャケットです。このジャケットは、防風・防寒を目的としたものというよりも、積極的に衣服内の熱気を排出し、汗冷えを発生させないことを主目的に開発されたソフトシェルジャケットだといえます。


ソフトシェルジャケットとハードシェルジャケットって、何がどう違うのか、どう使い分けるのかわかりづらいところがありますが、ソフトシェルは「膜」、ハードシェルは「殻」だと考えればわかりやすいと思います。


「膜」というのは、柔らかく透湿性、通気性に富むわけですが、多少の雨や雪程度であれば濡れてふやけてしまうということがない性質だと思えばいいわけです。冬山といえど、登山中は汗をかきます。晴天で風が弱かったり、気温がそれほど低くないときは、なおさらです。そういうとき、ウィンドブレーカーやレインウェアのような通気性がそれほどでもない素材のジャケットを着ていると、どうしても体が蒸れます。蒸れると汗をかきます。汗をかくと体が冷えます。冷えると、低体温症などの危険が高まります。そういうわけで、蒸れない素材の服を着ておきたいわけですが、フリースのような通気性がすこぶるいい素材の服だと、ちょっと風があるだけで必要以上に冷えてしまいます。また、小雪がちらついているような天候のときだと、フリースが濡れたりすることがありますから、これもまずい状況になります。


というわけで、通気性がよく体の蒸れを積極的に排出して汗冷えを防止しつつ、多少の風であれば体を冷やさない程度の防風性能と小雪や霧などで衣服が濡れることを防止できる撥水性能があるジャケットが求められるわけです。そういうニーズに対応するジャケットとしてソフトシェルジャケットが生み出されたわけですが、これが帯に短したすきに長しというものが多いので困るわけです。


monbell_lightshell.jpg
僕が最初に買ったのは、モンベルのライトシェルアウタージャケットというものです。買う前は、いろんな点で一番よさそうだと思って買ったのですが、実際に使ってみるとまるでニーズに合っていませんでした。まず、表地の40デニールナイロンタフタは通気性がほとんどないみたいで、登りで着用するとすぐに蒸れてしまうというのが大問題です。その上、裏地にクリマプラスメッシュという保温素材の裏地がついているので、さらに暑いのです。下にフリースなどを着るとこの裏地との相性が悪く、着るときには引っかかるし、脱ぐときには裏地がひっついて出てきてしまい、いちいち元に戻さなければいけないという面倒くさいことになっていました。フードについてはなくてもいいと思っていたのですが、風があるときに頭が冷えるし、雪のときはつかえないし不便でした。


というわけで、モンベルのライトシェルアウタージャケットは、秋口のウィンドブレーカー代わりとして使うぐらいしか役に立たなかったのです。では積雪期はどうしていたかというと、結局厚手のフリースでソフトシェルを代用していました。しかし、これだとやはり雪が降ったりしたときは使えません。我慢してハードシェルを着るしかないのです。


昨年秋ごろから、自分のニーズに合ったソフトシェルはないものかと、いろいろと探していました。フード付で、通気性がよく、脇の下にベンチレーションがあり、ある程度の防風性能と撥水性能があり、中間着としてもそのまま使える、ソフトで伸縮性のある素材のジャケット。そして、見つけたのです。それがこの ジョラスソフトシェルジャケットです。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




P1030202_20130121135148.jpg
表地は、青色と紺色の2色の切りかえしになっていますが、青色の部分は保温性のある生地で、紺色の部分は通気性に富む生地になっています。どちらの生地も一定の撥水・防風性能を備えている4ウェイストレッチAFソフトシェルという素材で、タイト目のサイズですが窮屈感はありません。風を受ける前面は、保温性のある青色生地で占められ、汗をかきやすい脇や腕の内側部分は、通気性の高い紺色の生地で構成されています。


P1030203.jpg
蒸れやすい背中と頭部は通気性のいい紺色の生地となっており、体幹部分を保温しながら余分な熱を逃がす蒸気発散プロセスを助けてくれます。


P1030252.jpg
フードには芯の入ったひさしがあり、その内側はコードを引っ張れば顔にフィットするようになっていて、視界を確保すると同時に風のあるときでもフードが飛ばされずにぴったりとフィットしてくれます。そのため、保温性も高まります。ただし、フードは口元まで覆うようにはなっていないし、横もこめかみのあたりまでしか覆っていないので、本当に風がきついときは、バラクラバを着用するか、ハードシェルを着る必要があります。


P1030254.jpg
青い生地の裏地は、フリースのような起毛素材で、紺色の部分はジャージのようなプレーンな状態です。


P1030256.jpg
胸ポケットやハンドポケットの裏地はメッシュになっていて、ポケットを開けばベンチレーションとしても機能します。


P1030258_20130121134839.jpg
ソフトシェルにはめずらしく、脇の下にベンチレーション用のビットジップもついています。


今シーズンに入ってから、このジャケットをアウターやミドラーとして着用していますが、とってもいい感じです。気温が低くないときは、インナーの上に直接アウターとして着ても良いですし、寒ければインナー+フリース+ ジョラスソフトシェルジャケットという組み合わせで十分暖かです。気温は低くないけれど風が強いという場合は、インナー+ジョラスソフトシェルジャケット+ハードシェルという組み合わせでもいいでしょう。正月の仙丈ヶ岳の時には、この上からさらにハードシェルを着ていましたが、窮屈感もなく良かったです。ジョラスソフトシェルジャケットとハードシェルのビットジップを両方開けておけば、登りでも蒸れを感じることなく快適でした。また、寝るときにも着たままでいましたが、上にダウンジャケットを重ね着してもごわつきや窮屈感もなく、特に気になることはありませんでした。


ジョラスソフトシェルジャケットは、入山から下山までずっと着っぱなしでいられる、着心地のいいジャケットで、捜し求めていたものにやっとめぐり合えたという感じです。価格も2万円を切っておりそれほど高くないので、ソフトシェルジャケットの購入を検討している人にはお勧めです。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/410-1efc3294

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV