ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

タフなバリエーションルート キリン峠~槍尾根~振子沢周回:伯耆大山その1

2012年10月14日 鳥取県大山町 伯耆大山天狗が峰(標高1710m)



伯耆大山はたかだか1700m程度の標高しかありませんが、もろく険しい主稜線とその派生尾根をたどるルートは侮れません。今回、以前から気になっていたキリン峠から槍尾根をたどり、天狗尾根を下って振子沢から地獄谷へと抜け、鳥越峠を経由して戻る周回ルートを歩いてきました。


伯耆大山の主稜線とその派生尾根には、難所が3箇所あります。弥山と剣ヶ峰の間にある難所、通称「ラクダの背」、天狗ヶ峰とユートピアの間にある天狗の難所、そして槍尾根の鉄柱下の難所の3つです。この周回ルートをたどると、鉄柱下の難所と天狗の難所の二つを通ることになり、その意味でもけっこうタフなルートです。


なお、どの難所も滑落の危険性が高い場所ですから、くれぐれも安易に立ち入らないようにしてください。この記事を参考に同じルートを歩いて発生した事故・怪我等については、当方はいかなる責任も負いかねます。あくまでも自己責任であるということをお忘れなく。



P1020533_20121016221730.jpg
6:30 三の沢の駐車場を出発です。気温は9度。肌寒いのでソフトシェルを着て行くことにします。



P1020535_20121016221730.jpg
三の沢にかかった新しい橋から南壁がよく見えました。今日は天気に恵まれそうです。



P1020536_20121016221730.jpg
三の沢を通り過ぎ、鍵掛峠方面に少し戻ったところに文殊越えルートの入り口があります。



P1020537_20121016221730.jpg
このルートを歩くのはこれが初めてです。


P1020538_20121016221731.jpg
薄暗い涸れた沢をたどっていきます。


P1020539_20121016221731.jpg
朝早いせいでまだ森の中に陽が差しません。地図によると沢に沿ってずっと登っていくようです。


P1020540.jpg
入口から10分のところに、巨樹がありました。葉っぱの形からするとどうやらミズナラのようです。目通り周囲で5mぐらいありそうな巨樹です。ミズナラの巨樹はあまり見かけないので、わりと貴重な樹かもしれません。


P1020541.jpg
6:54 文鳥水の水場です。入口に「文鳥水20分」と書いてありましたが、まさに20分で着きました。飲んでみようという気になれなかったので、そのまま素通りします。


P1020542.jpg
しばらく進んでいくと、後ろのほうで女性の声が聞こえました。誰か来たんだなあと思っていると、あっという間に追いついてきました。追い立てられるのは嫌なので、道を譲って先に行ってもらいます。ある程度年配の女性と男性のペアでした。僕が駐車場で準備していたときに入ってきた人のようですが、それにしても健脚です。あっという間に姿が見えなくなりました。


P1020544_20121016221924.jpg
やがて沢が消えてなくなり、傾斜が緩くなってきました。


P1020545_20121016221924.jpg
7:11 文殊峠に着きました。壊れた道標が悲しげにたたずんでいました。


P1020546.jpg
文殊峠から文殊越えへと下るルートの出だしは、笹が密生していてちょっと藪こぎ状態でした。


P1020547.jpg
笹薮が終わると、ルートを倒木がふさいでいました。


P1020548_20121016222101.jpg
最初の倒木を乗り越えると、さらに倒木が現れます。結局3本も倒木を乗り越えなければなりませんでした。壊れたままの道標といい、あまり登山道の整備はされていないようです。


P1020549.jpg
滑りやすそうな急傾斜を慎重に下ります。


P1020551.jpg
下りた所が文殊越えでした。ここで、右から健康の森ルートが合流します。ちょうどT字路のようになっているところです。キリン峠に行くにはここを直進し鳥越峠へ向かえばいいのですが、健康の森からのルートをそのまま直進(文殊峠から来た場合は左折)すればキリン峠の上にある草つき斜面に出ることもできるようです。当初、草つき斜面に出る踏み跡を行こうかと思っていたのですが、僕が文殊越えに着いたとき、ちょうど誰かが草つき斜面方面へ入っていくところでした。しかし、昨年の台風でかなりルートが荒れているらしく、なんだか大きな声でああだこうだとルートを探しているようでした。なので、正規のルートである鳥越峠を経由して行くことにしました。





ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。






P1020552_20121016222102.jpg
登山道脇の倒木に、クラゲの様なきのこがびっしり生えていました。ちょっとグロテスクです。


P1020555_20121016222102.jpg
先に進んでいくと、紅葉し始めた木々が目に付き始めました。


P1020556.jpg
まだ色づき始めといった感じです。


P1020557.jpg
それでも薄日に透ける紅葉はきれいです。


P1020558.jpg
ブナの根元にも小さな秋がありました。


P1020559_20121016222236.jpg
これはウルシの木でしょうか。


P1020563_20121016222237.jpg
壊れて割れた道標が地面に落ちていました。鳥越峠まで20分と書いてあるようです。


P1020566_20121016222237.jpg
苔むした倒木に、かわいらしいキノコが生えていました。


P1020569.jpg
色づき始めたマムシグサ。秋の森は楽しいですね。


P1020573.jpg
標高が上がってくると、黄葉した木も目に付くようになって来ました。


P1020574.jpg
登山道の傾斜がきつくなってきました。


P1020575.jpg
倒木の下をくぐります。


P1020576.jpg
急傾斜の登山道を登りきると・・・


P1020577.jpg
8:15 鳥越峠に到着です。標準コースタイムだとここまで1時間ですが、1時間40分もかかってしまいました。ついついいろんなものに目がいってしまい、道草に時間をとられてしまいます。


P1020578.jpg
峠のツタウルシが鮮やかに紅葉しています。


P1020579.jpg
見上げると立ち枯れのブナの向こうに秋の空が広がっていました。


つづく。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2012年10月 大山天狗ヶ峰 | 22:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

かすみさん

3ヶ月前に登山を始めたばかりとのことで、
道具のことや山のことなど、
いろいろと気になって楽しい時期ですね。
秋の山は最高ですから、ぜひ紅葉の登山を
楽しんでください。

| ヤマふぉと | 2012/10/17 17:29 | URL |

こんばんは、かすみと申します☆
ttp://kasumin3333.blog.fc2.com/でブログ書いてます♪

ブログ、楽しく読ませてもらいました―♪
3カ月前に登山に行ってからアウトドアの魅力にはまりはじめました♪色々勉強になります(^^)

またコメントさせてくださいね♪
私のブログにもよかったら遊びに来てください☆

あっ…男性依存症の病気なので((+_+))
そういうものに御理解があれば、
私のブログにも遊びに来て下さい★
これからも更新楽しみにしてます♪

| かすみ | 2012/10/17 00:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/375-3d2deed0

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV